記事翻訳

トランプがバージニア州民主党による人工妊娠中絶についてのコメントを非難

投稿日:2019年2月1日

<引用元:デイリー・コーラー 2019.1.30

ドナルド・トランプ大統領は、デイリー・コーラーとのホワイトハウス内独占インタビューの中で、民主党バージニア州知事のラルフ・ノーサムと民主党バージニア州代議員のキャシー・トランが、後期人工妊娠中絶を支持していることを厳しく批判した。
トランプは、トランが法案について以前話していたビデオは見たが、ノーサムのコメントについてはまだ聞いていなかったと語り、「彼の行動に驚いている。彼とは何度も会ったことがあるが」と話した。

トランプはトランの声明について次のように続けた。「酷いことだと思った。ヒラリー・クリントンは赤ちゃんを子宮からはぎ取ってもかまわないのだ、と私が話した時のことを覚えているか?そういうことだ。彼らのやっていることはそういうことだ。酷い話だ」

トランプのコメントの前に、バージニア州では、女性が事実上出産直前まで妊娠中絶できるようにする法案が提案された。

ノーサムは、30日のインタビューで、新しい後期人工妊娠中絶法案について説明し、次のように話した。「もし母親が分娩中であれば・・・赤ちゃんは出産されるだろう。赤ちゃんは快適な状態に保たれる。それが母親と家族が望むことなら、赤ちゃんは蘇生され、その後で医師と母親の間で話し合いが行われるだろう」(訳注:ノーサム知事の発言は、出産時の中絶の可能性を示唆している。)

トランプはさらに、ノーサムとトランのコメントを吟味してこう話した。「このことで、おそらくこれまでになかったほどのプロライフ運動が起こるだろう。プロライフ運動は全く五分五分だ。全く五分五分の問題であり、実際ここ何年も1ポイントか2ポイント勝ち取ってきた」

トランプはそのコメントについて楽観視しているようであり、こう話した。「人々はそういう表現で考えたことがなかったので、このことが問題を大きく持ち上げることになると思う」

-記事翻訳
-

関連記事

トランプがプロライフイベント「マーチ・フォー・ライフ」で演説、大統領としては初

ホワイトハウスのサラ・サンダース報道官は17日、トランプ大統領が19日に開催される「マーチ・フォー・ライフ」で現職の大統領としては初めて衛星中継で演説を行うことを発表した。

トランプ政権、胎児組織研究に代わる「プロ・ライフ、プロ・サイエンス」代替策へ前進

<引用元:デイリー・シグナル 2018.12.10> トランプ政権は、今後2年間に2000万ドル(約22億7千万円)を投じて、人工妊娠中絶された胎児の組織を研究目的で利用することに対する効果的な代替策 …

トランプ、中絶生存者保護のための「ボーン・アライブ」大統領令署名へ

<引用元:デイリー・シグナル 2020.9.23> ドナルド・トランプ大統領は23日、生きて生まれた赤ちゃんが適切な医療を受けられるように保証するための大統領令に署名すると発表した。 大統領は大統領令 …

ペロシ議長=トランプによる後期中絶禁止の要求は「実に全く残念なこと」

<引用元:デイリー・コーラー 2019.2.6> (ワシントン)ナンシー・ペロシ下院議長は6日、ドナルド・トランプ大統領が後期人工妊娠中絶禁止の法制化を求めたことに答えて、「残念なことだ」と述べた。

トランプがオバマ時代のプランド・ペアレントフッド寄りのルールを排除

<引用元:デイリー・コーラー 2017.4.13> ドナルド・トランプは木曜日に、妊娠中絶を行った病院から州が政府資金を差し引くことを禁止するというオバマ時代の法律を覆す法案に署名した。

アーカイブ

@JpWelovetrump