記事翻訳

「議会に対する偽証」についてのメディアのあからさまなダブルスタンダード

投稿日:

<引用元:Hannity.com 2018.11.29

トランプを潰そうとするメディアは、29日に大統領の元弁護士が議会への偽証について有罪を認めると、本格的なメルトダウン・モードに陥った。だが彼らは、リベラル派の政治家が同罪を犯した例が山ほどあるのを都合よく無視している。

マイケル・コーエンが議会の捜査チームに対して回答した内容を覆したとされる件に、主流の報道が執着する中、ジェームズ・クラッパー、ジョン・ブレナン、エリック・ホルダー、ロレッタ・リンチ、フーマ・アベディン、アンドリュー・マッケイブ、その他大勢に対しての同様の訴えについては完全な沈黙が保たれている。

USA Todayは1月に、「ジェームズ・クラッパーの偽証、そしてDCの人間がなぜ議会への偽証を告発されないのか」という記事を出した。

ガーディアンは2014年に、「ジョン・ブレナンCIA長官はあなたたちと上院に嘘をついた。クビにせよ」と書いた。

ニューヨーク・ポストは2017年7月に、「ヒラリー・クリントンに関するロレッタ・リンチの話に新しい矛盾点」という記事を出した。

ワシントン・エグザミナーの出した記事では次のように言っている。
「ジェームズ・コミー元FBI長官が議会に対して、FBIと司法省はヒラリー・クリントンの個人メール・サーバー使用に対する捜査について連携していなかったと話したのが、虚偽であることを示す証拠がますます増えている、とマーク・メドウズ下院議員は木曜日に述べた」

インベスターズ・ビジネス・デイリーは2013年にこう書いている。
「彼が記者を標的としたことについて知っていることを、宣誓証言の上で議会に虚偽の説明をする前、Fast and Furious作戦について嘘をついていた。早ければ新ブラックパンサー党の事件の時に、エリック・ホルダーの真実性には問題があった」

同様の疑惑は、ヒラリー・クリントンの側近であるフーマ・アベディンとシェリル・ミルズに対しても起こっており、両名とも連邦捜査官に「嘘」をついたとされている。

-記事翻訳
-

関連記事

NYタイムズはオバマがトランプをスパイしたことを認め、また擁護したのか?

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2019.5.4>マイケル・グッドウィン氏による寄稿 彼らはやった。ついにやってしまった!ニューヨーク・タイムズは、ドナルド・トランプの2016年選挙活動に対するスキャ …

政治的偏向がジャーナリズムへの信頼を破壊している

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2019.2.26> Lara Logan 「60ミニッツ」の元特派員、ララ・ローガンがセンセーションを巻き起こしたのは先週のことだ。「マイク・ドロップ」というポッドキ …

マスコミの負け:報道の90%が否定的でも、大統領の支持率向上

<引用元:ワシントン・タイムズ 2018.5.8> 今年初めから4カ月間の、トランプ大統領に対するテレビ報道を広範に調査した結果、90パーセントが否定的なものだったことが判明した。2017年全体と同様 …

MSNBCレイチェル・マドー、共謀疑惑が雲散霧消し、50万人の視聴者を失う

<引用元:2019.3.27 デイリー・コーラー> MSNBCの司会者であるレイチェル・マドーは、ロバート・モラー特別検察官が、トランプ陣営とロシアの間の共謀を裏付けるだけの証拠が見つからなかったと示 …

「共謀」と「司法妨害」に関するメディアの間違いトップ10

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2019.4.19>ソラブ・アマーリ氏による論説 一流メディアは釈明すべきことがある。――国民に「共謀」と「司法妨害」という長く厳しい試練を受けさせたことに対して。約2 …

アーカイブ

@JpWelovetrump