記事翻訳

ニューヨーク・ポスト、ワシントン・エグザミナーがトランプ再選を支持

投稿日:

<引用元:デイリー・コーラー 2020.10.26

ニューヨーク・ポストとワシントン・エグザミナーはそれぞれ、26日の社説でドナルド・トランプ大統領の再選を支持した。

ニューヨーク・ポストは第1面の記事で、1月末にコロナウイルスが米国に上陸する前のトランプによる経済の成功とされるものを称賛し、「キャンセル・カルチャーと検閲」に対する反対を訴えた。

「我々は、パンデミック以前に経験した雇用創出、賃金上昇、様々な繁栄に復帰することができる」とニューヨーク・ポストは主張した。「我々は経済の自由とチャンスを得ることができるし、キャンセル・カルチャーと検閲に抵抗することができる。我々は2020年というひどい年を越えて、もう一度アメリカを再び偉大にすることができる。こうしたことは全て可能だ―11月3日に正しい選択をするなら」

ワシントン・エグザミナーは、大統領の「政策の成功」は「失敗」を上回ると述べ、トランプの中東政策を称賛した。

「我々はトランプの、当惑させられることの多い個人的な振る舞いを躊躇なく批判してきた」とエグザミナーは推薦の社説で述べた。「そして、貿易に関する問題のように、間違った政策を批判してきた。一般の人々に現実の損害を引き起こしたからだ。(この関税時代に乾燥機付き洗濯機を買おうとしてみればいい)」

同紙はこう続けた。「だが、同政権の政策的成功は失敗を上回っている。アブラハム合意によって、トランプは、イスラエルを断固として支持しながら中東和平を進めることができることを証明した。トランプは、米国大使館をエルサレムに移転し、制裁を課してテロ首謀者のカセム・ソレイマニを標的にすることで、イランを実に深刻な脅威として扱い始めた」

両紙は一致した意見として、民主党のジョー・バイデン大統領候補を将来の大統領として非難した。

ニューヨーク・ポストはこう書いた。「ジョー・バイデン政権は、チャンスをみつけて国を自分達のビジョンで作り変えようとする社会主義者の左派、政府債務にもっと依存する者に恩義を受けることになるだろう。フラッキング(水圧破砕によるガス・石油開発)に関するバイデンのブレを考えてみて欲しい―党の前では反対し、ペンシルベニアでプラスの力になったことを知って、公には賛成だというのだ。就任したらどういう立場を取るのだろうか?」

同紙はこう続けた。「この陣営が明言しているように、ジョー・バイデンは民主党の名目上の候補者だ。質問を受けることはめったになく、選挙演説に固執し、午前9時には店じまいしている。彼が大統領になっても何か変わるとは思えない」

エグザミナーはこう書いた。「だがもう一度言うが、これらはバイデン・ハリスのチケットを拒否する最も重要な理由ではない。最も重要な理由は、民主党が永続的な権力を確保するために統治ルールを変更すると約束し、コートパッキングを行い、米国上院をパッキングすることで自分たちを有権者から分離させようとしているからだ」

カリフォルニア大学サンタバーバラ校による、アメリカン・プレジデンシー・プロジェクトによると、他の数十のメディアがバイデンを推薦した。合計44のメディアが元副大統領を推薦し、ポストとエグザミナーの推薦を除き、4つのメディアがトランプを支持している。

同プロジェクトによると、USAトゥデイ、ニューヨーク・タイムズ、ワシントン・ポスト、ロサンゼルス・タイムズなどが、バイデン支持を表明したメディアに含まれる。

-記事翻訳
-,

関連記事

トランプ、1月6日の責任を前大統領に押し付けたバイデンの演説に反撃

<引用元:JustTheNews 2022.1.6> トランプ前大統領は6日、バイデン大統領がちょうど1年前の1月6日の暴動事件の責任を自身に押し付けたことに反論した。

ウェストバージニア州知事が民主党から共和党へ移籍

<引用元:Circa 2017.8.3> ウェストバージニア州のジム・ジャスティス知事は、8月3日に、民主党から離党して共和党に移ることを発表した。

トランプ、中国から雇用を戻す米企業に税額控除を約束

<引用元:FOXビジネス 2020.8.17> トランプ大統領は17日、中国への国の依存を削減する計画の一環として、米国に製造を戻す企業に政権が新たな報奨を提供すると約束した。 「我々は中国から米国に …

側近が語るトランプの止めようのない勢いと、「誰よりも熱心に働く」モットー

主要マスコミが言うように、トランプ大統領の仕事ぶりは「パートタイム」のようなものなのだろうか。トランプ政権高官の話を元にした、トランプ氏の働きぶりについての記事をワシントン・エグザミナーが伝えている。

トランプ:2020年敗北を「認めていない」、ペンスの選択がなければ「別の大統領」だった可能性

<引用元:JustTheNews 2021.6.21> ドナルド・トランプ前大統領は6月21日に、2020年大統領選挙での敗北を認めておらず、選挙の不正が証明された場合どう対応するかという判断は国民と …

アーカイブ

@JpWelovetrump