記事翻訳

「キャラバン」に紛れ米国に入ったMS-13ギャングメンバー逮捕

投稿日:

<引用元:Townhall 2018.11.29

24日、暴力的なギャング組織であるMS-13のメンバーを自認する人物が逮捕され、移民キャラバンと共に米国に移動してきたことを当局に供述した。

米国税関国境警備局のニュースリリースには次のように書かれている。
「事件が発生したのはおよそ6:09PMのことで、警備局員はカレキシコ通関手続地のすぐ東で米国に不法に入国した疑いのある男と遭遇した。短時間の事情聴取の後、男は局員に自らがホンジュラス市民であり、悪名高いマラ・サルバトルチャ13(MS-13)国際犯罪組織の現役ギャングメンバーであることを供述した。また男は、米国で難民申請しようと中米から来た大規模な団体と共に、米国国境まで移動してきたと局員に話した」

逮捕された29歳のJose Villalobos-Jobel は、最終的にはホンジュラスに送還されることになる。

国土安全保障省はFOXニュースに対して次のような声明を表明していた。
「トランプ大統領とニールセン長官が警告したように、これまでの数週間のうちにキャラバンの中に600人以上の犯罪者とギャングメンバーを確認している。予想通り、現在キャラバンの参加者―そこには犯罪者も含まれる―が国境に現れて、難民としての保護を要求している。こうした脅威は、違法な差し止め命令と議会が作り出した抜け穴を考慮すると、高まる一方である」

-記事翻訳
-

関連記事

不法移民犯罪 の犠牲者遺族=子供たちと「永遠に離別」、マスコミは無視と訴え

<引用元:デイリー・シグナル 2018.6.22> ドナルド・トランプ大統領が、依然として不法移民の家族の離別について批判を浴びる中、22日に大統領に面会した家族がいた。その家族は、不法移民に殺された …

民主党はただ怒るだけではいけない、国境の悲劇に対する自分たちの解決策は何か?

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2019.6.26>ソーラブ・アマーリ(Sohrab Ahmari)氏による論説 胸の痛む写真だ。父親にしがみついたまま浅瀬に横たわる幼児。危険水域を不法に通過しようと …

確かに国境の危機は存在する

<引用元:ポリティコ・マガジン 2019.3.6>National Review編集、リッチ・ローリー(Rich Lowry)氏による寄稿 国境の危機についての身の毛もよだつこの報道によって、大統領が …

世論調査:米移民税関捜査局は民主党新人議員「スクワッド」メンバーより人気が高い

<引用元:デイリー・コーラー 2019.7.17> 新しい世論調査によると、移民税関捜査局(ICE)は、民主党新人女性議員のいわゆる「スクワッド」のどのメンバーよりも好意的に見られている。

ゴルカ補佐官:北朝鮮の「状況は根本的に変わった」、なぜなら「アメリカが帰ってきた」から

<引用元:ブライトバート・ニュース 2017.4.19> 元ブライトバート・ニュース国家安全保障編集委員で、現在はホワイトハウス国家安全保障補佐官であるゴルカ博士は、水曜日のブライトバート・ニュース・ …

アーカイブ

@JpWelovetrump