記事翻訳

「キャラバン」に紛れ米国に入ったMS-13ギャングメンバー逮捕

投稿日:

<引用元:Townhall 2018.11.29

24日、暴力的なギャング組織であるMS-13のメンバーを自認する人物が逮捕され、移民キャラバンと共に米国に移動してきたことを当局に供述した。

米国税関国境警備局のニュースリリースには次のように書かれている。
「事件が発生したのはおよそ6:09PMのことで、警備局員はカレキシコ通関手続地のすぐ東で米国に不法に入国した疑いのある男と遭遇した。短時間の事情聴取の後、男は局員に自らがホンジュラス市民であり、悪名高いマラ・サルバトルチャ13(MS-13)国際犯罪組織の現役ギャングメンバーであることを供述した。また男は、米国で難民申請しようと中米から来た大規模な団体と共に、米国国境まで移動してきたと局員に話した」

逮捕された29歳のJose Villalobos-Jobel は、最終的にはホンジュラスに送還されることになる。

国土安全保障省はFOXニュースに対して次のような声明を表明していた。
「トランプ大統領とニールセン長官が警告したように、これまでの数週間のうちにキャラバンの中に600人以上の犯罪者とギャングメンバーを確認している。予想通り、現在キャラバンの参加者―そこには犯罪者も含まれる―が国境に現れて、難民としての保護を要求している。こうした脅威は、違法な差し止め命令と議会が作り出した抜け穴を考慮すると、高まる一方である」

-記事翻訳
-

関連記事

トランプの新移民ルールは米国人に役立つ

<引用元:ザ・ヒル 2019.8.28>ティム・チャップマン氏による寄稿 フローレス合意による移民の抜け穴をふさぐというトランプ政権の決断は、長年の懸案だった一連の常識的移民改革における最新の出来事だ …

不法移民 による虚偽の亡命要求に対する送還命令が1350%増加

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2018.7.3> トランプ政権によると、自国に戻ると「確かな懸念」があると訴えて米国への亡命を求める移民の大半は、一旦国内に解放されると実際には亡命申請をしておら …

トランプ:米国は「移民キャンプ」になることはない

<引用元:ワシントン・タイムズ 2018.6.18> トランプ大統領は18日、現在の争点は米国が国境を持つべきかどうかをめぐるものだと述べ、移民制度を修復するための「議論の場に臨む」よう民主党に求めた …

バイロン・ヨーク:トランプの国境取引は「グラスに4分の1」の状態

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2019.2.15>バイロン・ヨーク氏による論説 「グラスにまだ半分あると考えるタイプ」と言えば、例え現実は複雑でも、あらゆる状況のプラス面を見ようとする人物という …

「国境開放過激主義者」が移民税関執行局に反対している=トランプ

<引用元:デイリー・シグナル 2018.8.20> トランプ大統領は20日、政府の移民局職員の活動を称賛し、大統領によれば「犯罪を気にしない」とされる「国境開放(Open-Borders)過激主義者」 …

アーカイブ

@JpWelovetrump