記事翻訳

現地取材映像:「移民キャラバンの背後にある真相」

投稿日:

<引用元:Dailywire 2018.11.13

メキシコを経由して着実に米国国境へ向かって北上する、大規模移民キャラバンについては、様々な相反する話を聞かされているが、実際のところ現場はどういう状況なのだろうか?よりよい生活を探し求めようと自然発生的に一団となった、絶望した家族の集団なのだろうか?それともいくつかの報道が示唆するように、どちらかというと高尚さに欠けた組織されたものなのだろうか?

保守派の映画製作者であるアミ・ホロウィッツ氏は、自分の目で確かめることを決意すると「移民キャラバンの背後にある真相」を他の人々が垣間見ることができるように、撮影班を同伴して現地へ向かった。

(中略)

「中には悪い人もいるだろう」と話す移民男性

ホロウィッツ氏はスタッフを伴って、南部にあるオアハカ州でキャラバンのベースキャンプに行った。その場所は彼の話では、「麻薬犯罪にまみれ、極貧に苦しむメキシコの地域」だという。

ホロウィッツ氏は、立ち並ぶ男性たちの映像越しにこう指摘する。
「キャラバンは女性と子供でいっぱいだという作り話にもかかわらず、現場の実体は全く異なっている。移民の約90から95パーセントは男性だ」

同氏はこう話す。
「報道が押し付けている主要な話は、移民たちが極度の暴力から逃れるためにホンジュラスを去っており、常に生命が脅かされているというものであり、難民申請によって米国に入国できるという策略をお膳立てしている。だから私はまず最初に、なぜアメリカに行こうとしているのか?という簡単な質問をしてみた」

ホロウィッツ氏が得た回答は、「極度の暴力」という主張とは一致しないようだ。ある移民男性は「もっと良い生活を期待している。経済的に」と話す。別の移民男性は「そこに行って働ければいいと思っている」と語る。また別の男性は「ホンジュラスでは仕事がない」と言う。もう一人の男性も「もっと良い暮らしを求めている。それは仕事がないからだ」と同意する。

ホロウィッツ氏が映像に収めた他の移民たちの多くも、「仕事のため」「働くため」と同様の回答だ。移民の中には教育のことを挙げる者もいる。ある若い男性は「そこで勉強を終わらせたい」と話す。

キャラバンの「自然発生」に関しては、ホロウィッツ氏は自然発生とは程遠いものだということを明確に証明している。同氏は、キャラバンを運営させるのに必要なあらゆる人手と資源についての映像の中で、こう説明する。
「大規模な物流面の取り組みが進行中だ。軍隊を動かすのと同種のものだ。また、輸送、食料、水、医薬品、キャラバンのメンバーに提供されるサービスに対して、何百万ドルもの費用を誰かが負担しているのは明らかだ」

彼はまた、供給品を満載したトラックと男性の移民たちですし詰めになった輸送車両のビデオ越しにこう続ける。
「トラックの一団によって供給するサプライチェーンだ。この大規模な団体を前進させ続けるのにはそれが必要だ」

キャラバンの付き添いを支援するメキシコ政府、またキャラバンの取り組みを支援する国連難民高等弁務官事務所と併せて、「絶えず付きまとって」いるのがプエブロ・シン・フロンテーラ(Pueblo Sin Fronteras)、つまり「国境のない人々」と呼ばれる自称「移民権利団体」であり、キャラバンが最終目的地へ向かうのを支援し案内している。

ホロウィッツ氏はこう話す。
「彼らがキャラバンの組織化と動員に最も深く関わる人たちのようだ。名前が示す通り、この組織は国境のない世界を作り上げることを目指しており、それが、そもそも彼らがアメリカの主権を無視してまで、このキャラバンを組織した理由の1つであるようだ」

-記事翻訳
-

関連記事

トランプの聖域都市大統領令を差し止めた判事はオバマに20万ドルを献金していた

<引用元:ブライトバート・ニュース 2017.4.26> 「聖域都市」に連邦政府の補助金を支給しないことを求める、トランプ大統領の大統領令を差し止めたカリフォルニアの判事は、バラク・オバマ元大統領に数 …

世論調査:米移民税関捜査局は民主党新人議員「スクワッド」メンバーより人気が高い

<引用元:デイリー・コーラー 2019.7.17> 新しい世論調査によると、移民税関捜査局(ICE)は、民主党新人女性議員のいわゆる「スクワッド」のどのメンバーよりも好意的に見られている。

トランプが壁建設のために非常事態を宣言したら起こること

<引用元:デイリー・コーラー 2019.1.7> ドナルド・トランプ大統領が、南部国境の壁建設のために国家非常事態を宣言したらどうなるだろうか? 大統領は現在、議会の承認なしに壁を建設できるよう、国家 …

バイロン・ヨーク:トランプの国境取引は「グラスに4分の1」の状態

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2019.2.15>バイロン・ヨーク氏による論説 「グラスにまだ半分あると考えるタイプ」と言えば、例え現実は複雑でも、あらゆる状況のプラス面を見ようとする人物という …

確かに国境の危機は存在する

<引用元:ポリティコ・マガジン 2019.3.6>National Review編集、リッチ・ローリー(Rich Lowry)氏による寄稿 国境の危機についての身の毛もよだつこの報道によって、大統領が …

アーカイブ

@JpWelovetrump