記事翻訳

トランプが規制撤廃の第一人者をDC巡回区のカバノー後任に選出

投稿日:

<引用元:デイリー・シグナル 2018.11.13

ドナルド・トランプ大統領は、情報・規制問題室の管理者であるネオミ・ラオ氏を、D.C.巡回区控訴裁判所に任命する。

13日にホワイトハウスで行われたディーワーリーのお祝いでのあいさつで、大統領は、翌日の発表予定ではあるがイベントをとても嬉しく思うので自然の流れで、予定されているラオ氏の任命を明らかにすることにしたのだ、と述べた。ディーワーリーはヒンズー教のお祝いであり、ラオ氏はインド系アメリカ人。

トランプはこう話した。
「ネオミをブレット・カバノー判事の代わりに、D.C.巡回区の控訴裁判所に任命したところだ。それは明日発表する予定のことで、私はその時『さあ、ネオミ、これほど良いことはないだろう?』と言った」

ラオ氏はこう答えた。
「大統領閣下、私を信頼してくださり、どうもありがとうございます。心から感謝いたします」

問題のD.C.巡回区は、ブレット・カバノー氏が連邦最高裁判所の判事として承認されて空席ができていた。

ラオ氏は、インド移民の娘であり、2017年からトランプ政権の規制撤廃の第一人者として務めてきた。また政府機関関連法の第一人者として広く認められている。2度目のホワイトハウス入りの前には、ますます保守的な法学の拠点となっている、ジョージメイソン大学のアントニン・スカリア・ロー・スクールで、行政国家研究センターを設立し主導した。

10月21日のワシントン・ポストの論説で、彼女は政権の規制撤廃の成功について得意げに述べた。

ラオ氏は次のように書いていた。
「規制撤廃の恩恵は、至る所で感じられており、消費者価格の低下から雇用の増加、また長い目で見れば、革新的な製品とサービスに手が届くことによる生活の質の向上にまで広がる。不必要で重複した官僚主義的手続きを排除したおかげで、トランプ政権は、約50年来で最低の失業率と飛躍的な経済成長を達成することができた」

センターは、連邦政府の規制の権限の範囲についての議論を推進し、情報を収集整理しようとしている。規制の官僚制度が今ではそれ自体説明責任を負うことのない政府機関となるまで、政府機関の権力が拡大してしまったと懸念する保守派の法学者にとって、ますます優先度が高まっている問題だ。

AP通信社によると、ラオ氏は、トランプ氏が連邦判事として任命したクラレンス・トーマス判事に対する7番目の裁判所書記官となる。

ディーワーリーのイベントで燭台に火を灯すトランプ大統領

<関連記事>

トランプは規制撤廃で330億ドル削減Xオバマは2450億ドル追加

-記事翻訳
-, ,

関連記事

トランプ、ニューヨークでの2つの訴訟で大きな勝利

<引用元:JustTheNews 2021.11.13> マンハッタン地区判事は12日夜、「アプレンティス」の元出演者であるサマー・ザーボスが主張を退けたのを受け、ドナルド・トランプ前大統領に対する名 …

公約実現:1つの新規制ごとに2つの旧規制廃止で6億4千5百万ドル削減

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2017.9.19> 新しい年度末の成果報告書によると、トランプ政権は、オバマ時代の費用の掛かる規制を撤廃するという大統領の主要な選挙公約の一つを実現した。

ドナルド・トランプ、大規模な規制緩和と1兆ドルのインフラ投資を約束

<引用元:ブライトバート・ニュース 2017.4.4> ドナルド・トランプ大統領は、インフラ投資と厄介な規制の削減について話し合うための、ホワイトハウス後援のタウンホールで経営者のグループと話し合った …

トランプの最初の6カ月で100万の雇用創出

<引用元:ブライトバート・ニュース 2017.8.4> ドナルド・トランプ大統領の就任以来、アメリカ経済は100万人以上の雇用を生み出した。 今年の雇用は落ち込むだろうとの予測を裏切って、アメリカでは …

トランプ、訪問先のインドで過去最大の集会へ

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2020.2.22> トランプ大統領は大統領となってから最大の集会を開こうとしている――だがそれは米国でのことではない。 今週予定されるトランプの初めてのインド公式訪問 …

アーカイブ

@JpWelovetrump