記事翻訳

トランプの最初の6カ月で100万の雇用創出

投稿日:

<引用元:ブライトバート・ニュース 2017.8.4>

ドナルド・トランプ大統領の就任以来、アメリカ経済は100万人以上の雇用を生み出した。

今年の雇用は落ち込むだろうとの予測を裏切って、アメリカではトランプ就任後6カ月の内4つの月でそれぞれ20万人以上の雇用が増加した。それにより、2月以降の雇用創出は合計107万人に達した。平均するとトランプ政権の最初の6カ月で、月17万9千人の雇用が生み出されたことになる。

経済評論家の中では、オバマ政権の最後の2年に雇用が急拡大していたので、今年の雇用の伸びは緩やかだろうという見方が多かった。失業者数が低下したことと、高齢化によって月々の人件費の伸びは平均125,000から150,000の間まで鈍化すると予想されていた。

失業率は4.3パーセントにまで低下しており、多くの経済評論家は完全雇用に近いレベルだと考えている。しかしながら、賃金の伸びは、ほとんどの経済評論家が完全雇用経済となった場合に想定するレベルまでは達していない。つまり、まだ向上の余地があるだろうということだ。

労働力率は低いままであるので、失業率の低下と賃金の上昇によってアメリカが活力を取り戻し、まだ経済成長の余地があると言えるだろう。

トランプ政権は、減税と規制改革を推し進めており、そのような取り組みもまた雇用創出を後押しするだろう。

共和党はこの画期的な成果を祝って次のツイートを投稿した。

 

-記事翻訳
-,

関連記事

トランプ経済では労働者層が上司より高い賃金上昇率

<引用元:デイリー・コーラー 2019.12.27> 米国の労働者層の賃金は、経済が好調で低い失業率が続く中でその上司たちより速いペースで上昇している、とウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が27 …

WSJ:「商店、工場が今年の予想外の雇用ブームをリード」

<引用元:ホワイトハウス 2018.8.6> “Stores, Factories Lead This Year’s Unexpected Hiring Boom” ウォールス …

米失業率が50年で最低の3.5%に

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2019.10.4> 米国内の失業率は先月、50年来で最低となり、トランプ大統領の中国に対する貿易戦争の中での景気後退の可能性に関する不安が和らいだ。 ところが、雇用拡 …

米大手企業、ホワイトハウスで新たな職業訓練を約束

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2018.7.19> トランプ政権による、労働力開発の推進と職業訓練の拡大のための新たなイニシアティブの一環として、7月19日に少数の米国大手企業が今後5年間で多数 …

活況な労働市場が米国人を傍観者から脱出させていることを示す雇用報告

<引用元:ホワイトハウス 2020.1.10>大統領経済諮問委員会 労働統計局(BLS)による月1回の雇用状況報告書によると、労働力は依然として逼迫し、賃金は上昇しており、人々は職探しに乗り出しつつあ …

アーカイブ

@JpWelovetrump