記事翻訳

トランプの最初の6カ月で100万の雇用創出

投稿日:

<引用元:ブライトバート・ニュース 2017.8.4>

ドナルド・トランプ大統領の就任以来、アメリカ経済は100万人以上の雇用を生み出した。

今年の雇用は落ち込むだろうとの予測を裏切って、アメリカではトランプ就任後6カ月の内4つの月でそれぞれ20万人以上の雇用が増加した。それにより、2月以降の雇用創出は合計107万人に達した。平均するとトランプ政権の最初の6カ月で、月17万9千人の雇用が生み出されたことになる。

経済評論家の中では、オバマ政権の最後の2年に雇用が急拡大していたので、今年の雇用の伸びは緩やかだろうという見方が多かった。失業者数が低下したことと、高齢化によって月々の人件費の伸びは平均125,000から150,000の間まで鈍化すると予想されていた。

失業率は4.3パーセントにまで低下しており、多くの経済評論家は完全雇用に近いレベルだと考えている。しかしながら、賃金の伸びは、ほとんどの経済評論家が完全雇用経済となった場合に想定するレベルまでは達していない。つまり、まだ向上の余地があるだろうということだ。

労働力率は低いままであるので、失業率の低下と賃金の上昇によってアメリカが活力を取り戻し、まだ経済成長の余地があると言えるだろう。

トランプ政権は、減税と規制改革を推し進めており、そのような取り組みもまた雇用創出を後押しするだろう。

共和党はこの画期的な成果を祝って次のツイートを投稿した。

 

-記事翻訳
-,

関連記事

NYタイムズも「言葉を失った」米国5月の雇用統計

トランプ大統領がいつも「落ち目の」と形容し敵視するニューヨーク・タイムズも、米国の雇用環境が改善される現実の前には文字通り「言葉を失った」ようだ。 NYタイムズが6月1日に「We Ran Out of …

米国製造業界が過去20年で最高レベルの楽観傾向を示す調査結果をトランプが称賛

<引用元:ブライトバートニュース 2017.3.31> ドナルド・トランプ大統領は金曜日にアメリカの製造業企業をホワイトハウスに招き、全米製造業者協会の新しい調査結果を発表した。

公約実現:1つの新規制ごとに2つの旧規制廃止で6億4千5百万ドル削減

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2017.9.19> 新しい年度末の成果報告書によると、トランプ政権は、オバマ時代の費用の掛かる規制を撤廃するという大統領の主要な選挙公約の一つを実現した。

トランプが規制撤廃の第一人者をDC巡回区のカバノー後任に選出

<引用元:デイリー・シグナル 2018.11.13> ドナルド・トランプ大統領は、情報・規制問題室の管理者であるネオミ・ラオ氏を、D.C.巡回区控訴裁判所に任命する。 13日にホワイトハウスで行われた …

米大手企業、ホワイトハウスで新たな職業訓練を約束

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2018.7.19> トランプ政権による、労働力開発の推進と職業訓練の拡大のための新たなイニシアティブの一環として、7月19日に少数の米国大手企業が今後5年間で多数 …

アーカイブ

@JpWelovetrump