一般記事

FOXニュース、カバノー報道でも依然視聴数トップ―CNNは「便所に落ちる」?

投稿日:

日本の特にテレビで報道されるアメリカのニュースは、CNN、ABC、NBCといったアメリカの「リベラル系」メディアと提携しているせいか、保守系のFOXニュースによる報道を目にすることは少ない。今では視聴率においてFOXがダントツだということも知られていないかもしれない。10月2日にフォックス・ニュース・チャンネル(FNC)は、2018年第3四半期で67回連続してトップの視聴率を記録したと発表している。

第3四半期の合計視聴者数としてFNCは、140万を記録しており、これに対してMSNBCが100万、CNNが77万2000となっている。またこの3社の中で、CNNだけが前年比で減少(マイナス9パーセント)しているという。

先日正式に最高裁判事に就任したカバノー氏の上院承認をめぐる一連の報道でも、FOXが「ケーブルテレビ王(King of Cable)」の地位を保っていたことをデイリー・コーラーが以下のように伝えている。

「FOXニュースがCNNとMSNBCを視聴率で破り、2社の合計を超える視聴者を獲得」

FOXニュースは先週、ブレット・カバノー最高裁判事の劇的な承認公聴会とその後の投票が行われる間、「ケーブルテレビ王」の座を維持した。

FOXは全ての視聴者層でライバルのCNNとMSNBCを破った。ニールセン・メディア・リサーチによると、10月1日から10月7日までで、FOXニュースの視聴者数はゴールデンタイムと終日の両方の合計でCNNとMSNBCの倍以上だった。

(略)

カバノー承認投票をめぐる劇的な出来事による高視聴率によってさえ、CNNはトップ5に食い込むことができなかった。CNNの合計視聴者数はホーム・アンド・ガーデンTV(訳注:不動産や家の修繕をメインとしたチャンネル)にも負け、ホールマーク・チャンネルに辛勝した。

また、ABCのナイトラインで司会を務め、現在はCBSコメンテーターであるテッド・コッペル氏は、10月1日に行われたナショナル・プレス・クラブによるパネルディスカッションの場で、CNNの上級特派員で司会者のブライアン・ステルター氏に、「ドナルド・トランプなしでは、CNNの視聴率は便所に落ちる」と語った(動画)。

トランプ大統領(への批判)を利用して視聴率やクリックを稼いでいるのは、CNNに限ったことではないのかもしれない。

-一般記事
-

関連記事

マスコミはトランプが嫌い?新しい調査で就任当初からのことだったと判明

<引用元:Investor’s Business Daily 2017.10.3> マスコミの偏見:主要マスコミはトランプが好きではなく、それは大統領として実行したこととはあまり関係がない …

最悪のハネムーン:リベラル・メディア対トランプ大統領

<引用元:MRC NewsBusters 2017.4.19> トランプ大統領が就任から最初の100日目を終えようとしているが、テレビ放送された報道のうち89パーセントが否定的な報道の仕打ちを与えるも …

ケンブリッジ・アナリティカ問題のダブルスタンダード

不思議なことに反トランプ派の不正が暴かれると、それに対抗するかのように報道が持ち上がる。ケンブリッジ・アナリティカの問題も例外でないように思えてならない。

トランプ=モラーのロシア疑惑捜査が米国の立場を悪くした

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2017.12.28> トランプ大統領は、ロシアによる2016年大統領選挙へに干渉に対するロバート・モラー特別顧問の捜査が、米国の印象を「非常に悪くしている」と述べ …

ウッドワード氏が「うぬぼれた」メディアに警告:トランプは任期を全うするだろうし2期もあり得る

<引用元:ブライトバート・ニュース 2017.5.24> 水曜日のAxiosとのインタビューの中で、ウォーターゲート事件で名声を馳せたワシントン・ポストの記者であるボブ・ウッドワードは、マスコミがドナ …

@JpWelovetrump
海外ニュース翻訳情報局