記事翻訳

ワシントン・ポストのファクトチェックがトランプの「虚偽主張プロジェクト」終了も、バイデンには計画なし

投稿日:

<引用元:デイリー・コーラー 2021.1.20

ワシントン・ポストは20日、ドナルド・トランプ大統領に対する虚偽主張プロジェクトを終了したが、現在ジョー・バイデン大統領に対する新たなデータベースを開始する「計画」はない、と本紙に語った。

トランプの4年間の大統領時代、同紙のファクトチェッカーは、トランプが30,573件の虚偽または誤解を招く主張を行ったと述べた―この数字はバイデンが正式に第46代大統領になってすぐに分かったものだ。同氏のファクトチェックチームの編集者でファクトチェック局長であるグレン・ケスラーは、彼らが「4年前にスタートした」時には、「こういう数字になるとは思いもしなかった」とツイートした。

同紙は「現時点でバイデン・データベースを立ち上げる計画はない」としており、トランプが去るということは、現在の大統領に対する虚偽主張プロジェクトを行わないということでもある。トランプのデータベースが始まったのは大統領就任から1カ月後のことだった、と同紙のシャニ・ジョージ広報部長は本紙に語った。

(略)

動きはバイデン本人は、虚偽の誤解を招く主張を推し進めた経歴を無視したものだ。現在の大統領は、C-SPANの録画でロースクール卒業時の成績について虚偽を述べたことが分かり、1987年の最初の大統領出馬を断念することを余儀なくされた。

この発覚は、バイデンが、当時イギリスの労働党党首だったニール・キノックの演説を盗用したと非難された後のことだった、とTIMEは報じていた

バイデンは最近になっても誤解を招く、または誤った主張をしている。例えば南アフリカで、1970年代に獄中のネルソン・マンデラを訪問しようとして逮捕されたという話を繰り返ししているが、一貫して疑問視されている。一例を挙げると、ニューヨーク・タイムズは、バイデンの主張を裏付ける証拠が全く出て来ないと指摘した

ケスラーは、2020年2月にワシントン・ポストでこの主張をファクトチェックし、「馬鹿げている」と呼び、彼に「4ピノキオ」を与えた。

同様に同紙はある記事で、バイデンがアフガニスタンに行ったことに関する話の「ほとんど全て」が「間違っている」ようだと指摘した。

「3分の間に、バイデンは儀式での自分の役割だけでなく、期間、場所、英雄的行為、勲章の種類、軍隊の部門、そして階級を間違えた」と2019年8月に出た同紙の記事は指摘している。

-記事翻訳
-,

関連記事

ケンブリッジ・アナリティカ問題のダブルスタンダード

不思議なことに反トランプ派の不正が暴かれると、それに対抗するかのように報道が持ち上がる。ケンブリッジ・アナリティカの問題も例外でないように思えてならない。

FOXニュース調査会社の弾劾世論調査の結果は不正確:分析

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2019.10.12> 先週FOXニュースは、大部分の米国人がトランプ大統領の弾劾を支持しているとする調査結果を発表したが、共和党と無党派の有権者を過小に示していたこと …

アンティファによる「平和的活動家」に対する暴力について正確な記事を書いたワシントンポスト

<引用元:デイリー・コーラー 2017.8.28> 最近、アンティファによる暴力をエスタブリッシュメント・メディアは過小に扱っている傾向があるが、ワシントンポストは、それに反して驚くほど正確な報道を行 …

トランプのバグダディ作戦成功に旧来メディアがびくつく本当の理由

<引用元:フェデラリスト 2019.10.28>モリー・ヘミングウェイ編集主任による論説 旧来の報道機関は、米軍がISIS指導者のアブバクル・アル・バグダディに対する作戦に成功したというトランプ大統領 …

グリーンウォルド:ニューヨーク・ポストのハンター・バイデン報道をメディアは国民から「隠蔽した」

ピューリッツァー賞ジャーナリストのグレン・グリーンウォルドは10日、本紙が暴露したジョー・バイデン元副大統領の息子による不正疑惑は、他の大部分のメディアとビッグテック(巨大IT企業)によって「選挙を前に隠蔽された」と述べた。

アーカイブ

@JpWelovetrump