記事翻訳

トランプ大統領の成長志向政策の結果、米労働者の賃金は上昇の見込み

投稿日:2018年9月7日

<引用元:ホワイトハウス 2018.9.5

「長年の賃金低迷の後、ようやく賃金が上昇しつつある。・・・これは米国の新たな節目だ。アメリカン・ドリームを味わい始めるには今が最高の時だ」
ドナルド・J・トランプ大統領

賃金上昇:米国労働者の賃金上昇で預金と所持金が増加

  • 大統領経済諮問委員会(CEA)による最近の分析によれば、この1年で実質賃金はインフレ率を上回って1.4パーセント増加した。
  • CEAの推定では米国の平均的家庭で年間の所得が11万円($1,000)以上増えるとされている。
  •  福利厚生も増えており、平均的な正規社員では福利厚生の評価額が2004年から約14万円($1,300)増加している。
    •  現在の活発な雇用環境で、雇用主は労働力を勝ち取るためにボーナスを支給し、有給休暇を増やすといった福利厚生の改善を提供している。

全体像:CEAアナリストは、米国の労働者がドナルド・J・トランプ大統領の政策の結果として受けている恩恵の全体像をさらに提示している。

  • 賃金上昇の評価は労働者が受ける報酬で重要な意味を持つ側面を見逃しがちである。
  • CEAのアナリストは福利厚生の向上のような追加要素を考慮に入れており、彼らによれば、報道されている賃金調査は実質的な賃金上昇を大幅に低く評価している。
  • 報道されている賃金調査が実質的な賃金上昇を見逃しがちである理由は、 インフレを誇張しすぎているか健康保険や税額控除のような利益を除外しているためだ。
    • 報道されている調査では消費者物価指数を使用しているが、インフレを誇張していることで知られている。
    • またこれらの調査では米国労働者の現金収入にのみ焦点を当てており、健康保険、税金、病気休暇などのような付加給付の価値を除外している。
  •  公式の調査が賃金上昇を認めている理由の1つには、景気が良く労働力に加わる人が増えているという点がある。
    • 新たに労働力に加わった人々は経験が浅く報酬も少ないために、全国の平均賃金を押し下げている。
    • また経験が豊富で報酬も多いベビーブーマー世代は退職しつつあり、平均賃金を押し下げている。

税制改革は奏功している:トランプ大統領の歴史的な減税と税制改革は、米国人の収入と利益の向上に効果を発揮している。

  • 大統領の減税と好景気のおかげで、世帯収入は今後2年で22万円($2,000)、4年で44万円($4,000)増加する見込みである。
  • トランプ大統領の減税は605兆円($5.5兆)の減税を生み出しており、歴史上最大の減税および税制改革となっている。
  • トランプ大統領の減税は結果として全国の米国人労働者に、新たな利益、ボーナス、また賃金上昇をもたらしている。

-記事翻訳
-

関連記事

トランプ就任後最初の1カ月で30万の雇用創出

<引用元:デイリー・コーラー 2017.3.8> 過去約3年間で最高レベルとなる30万にも及ぶ雇用が2月に創出された。 正確には29万8千という驚異的な数字は、アメリカの労働市場を調査している給与計算 …

米失業保険申請件数が過去45年間で最低を記録

<引用元:The Blaze 2018.3.29> 労働省が29日に発表したレポートによると、米国人による失業保険申請件数は1973年1月以来で最低となった。 3月24日までの1週間での失業保険申請は …

7月の雇用が3カ月連続で予測を上回る

<引用元:ホワイトハウス 2020.8.7>大統領経済諮問委員会 7月に180万人の雇用増、3カ月合計で930万人に 米国の労働者と企業は、偉大な米国の復帰のために戦っていることを引き続き証明している …

雇用、成長、賃金上昇で民主党候補者たちの言い訳探しが続く

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2019.7.8>(社説) 数字が全てを物語っている。 7月5日に出た6月の雇用統計は、22万4000人という予想が打ち砕かれるほどの雇用増加(うち製造業では1万7 …

11月の雇用拡大が再び予測を打ち破る結果に

<引用元:ホワイトハウス・大統領経済諮問委員会 2019.12.6> 本日発表された労働統計局(BLS)の毎月雇用情勢報告書によると、11月に26万6千人の雇用が増加した。9月と10月の雇用総計も上方 …

アーカイブ

@JpWelovetrump