一般記事 記事翻訳

NYタイムズも「言葉を失った」米国5月の雇用統計

投稿日:

トランプ大統領がいつも「落ち目の」と形容し敵視するニューヨーク・タイムズも、米国の雇用環境が改善される現実の前には文字通り「言葉を失った」ようだ。

NYタイムズが6月1日に「We Ran Out of Words to Describe How Good the Jobs Numbers Are」という見出しで掲載した記事から、ホワイトハウスが引用しているものを紹介する。

「1日に発表された5月の雇用の数字を分析する時に本当に疑問となるのは、それを的確に表現するために『良い』の同義語がネットの類語辞典に十分存在するかどうかという点だ。」

「雇用の数字がどれほど良いものか表現する言葉がもうない」

ニール・アーウィン著
ニューヨーク・タイムズ「The Upshot」
2018年6月1日

1日に発表された5月の雇用の数字を分析する時に本当に疑問となるのは、それを的確に表現するために『良い』の同義語がネットの類語辞典に十分存在するかどうかという点だ。

例えば、「splendid(輝かしい)」や「excellent(卓越した)」といった言葉が当てはまる。そのような言葉が適切となるのは、米国経済で増加に至るまで9年間かかったにもかかわらず、1カ月に22万3千の雇用が追加された場合や、失業率が18年で最低の3.8パーセントに落ちた場合のことだ。

「salubriousな(健康的)」「salutary(有益な)」「healthy(健全な)」は、平均時給が0.3パーセント上昇したことを表現する言葉として使える。しかもそれは、昨年全体で2.7パーセントの上昇であった・・・。

また広義の失業率には、失望から職探しを諦めてしまった人も含まれるが、それが7.6パーセントに低下した。アフリカ系アメリカ人の失業率は5.9パーセントに低下し、最低記録となった。「great(偉大な・すばらしい)」と見なすべきものだろう。

類語辞典には、雇用の数字に言及する際には通常使用しない同義語も他にあるが、この月に対しては適切だ。例えば様々なレポートが互いに合致しているという意味で、「congruous(適合する・調和する)」というものがある。つまり、雇用主がより多くの雇用を生み出して、より多くの人が仕事に就き失業者が少なくなるようにしており、給与が上昇することへつながっている。

5月の数字から引き出せることは、アメリカの景気が安定したペースで好調を続けており、仕事に就く人が増え賃金も徐々に上昇しているということだ。

-一般記事, 記事翻訳
-

関連記事

アメリカの雇用が大幅に拡大、3月に26万3千の民間雇用を創出

<引用元:ブライトバート・ニュース 2017.4.5> アメリカの企業は3月に予想を遥かに上回る雇用を創出した。 ADPの月次レポートとムーディーズのアナリストの話によると、3月中に民間企業で26万3 …

WSJ:「商店、工場が今年の予想外の雇用ブームをリード」

<引用元:ホワイトハウス 2018.8.6> “Stores, Factories Lead This Year’s Unexpected Hiring Boom” ウォールス …

米失業保険申請件数が過去45年間で最低を記録

<引用元:The Blaze 2018.3.29> 労働省が29日に発表したレポートによると、米国人による失業保険申請件数は1973年1月以来で最低となった。 3月24日までの1週間での失業保険申請は …

2020年最高のニュース:米国急回復の兆候

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2020.6.5>社説 国が完全に破綻するのではないかという気がしていたまさにその時、素晴らしいニュースが入ってきた。全国的なパンデミックがピークから大きく収まったとい …

活況な労働市場が米国人を傍観者から脱出させていることを示す雇用報告

<引用元:ホワイトハウス 2020.1.10>大統領経済諮問委員会 労働統計局(BLS)による月1回の雇用状況報告書によると、労働力は依然として逼迫し、賃金は上昇しており、人々は職探しに乗り出しつつあ …

アーカイブ

@JpWelovetrump