記事翻訳

製造業社長が「トランプに対する確信」を理由に20億ドルを投資していると語る

投稿日:

〈引用元:ワシントン・フリー・ビーコン 2017.5.6>

オーストラリアの億万長者で製造業の最高経営責任者であるアンソニー・プラットは金曜日のFOXビジネスで、彼がトランプ大統領に対して確信を持っているためにアメリカに20億ドルの投資を行っているのだと語った。

「私達はトランプ大統領に非常に大きな確信を抱いています。彼は素晴らしい業績を上げており、今後も素晴らしい仕事をやり続けるだろうと思います」とプラットは語った。「トランプは失業者を減らしています。現在分かっているように、雇用統計は失業率がここ数十年で最低であることを示しています。そして彼は製造業を支えているのです」

「ですから私達はアメリカでの投資を倍増させており、おもに中西部で7,000の高所得な製造業の雇用を生み出しています」とプラットは付け加えた。

最新の雇用統計が金曜に発表され、アメリカでは4月に21万1千の雇用が創出されたことが示され、失業率が4.4パーセントという過去10年間で最低の水準にまで落ちることになった。また同発表では、4月に1万2千名以上のアメリカ人が労働力として加わったことを示した。

FOXビジネスのレポーターのエリザベス・マクドナルドは、これらの新しい製造業の雇用がどの州のものになるかプラットに尋ねた。

「例えばウィスコンシン州の場合はそのすべてがそうです。先月、3月にスコット・ウォーカー知事は、我々の新しいウィスコンシンの工場をオープンさせました」とプラットは語った。「それで(マイク)ペンス知事はインディアナ州で我々の製紙工場をオープンさせました。オハイオ州でも計画があります。ペンシルベニア州でも。我々は中西部の多くの州で計画があります」

トランプがウィスコンシンやペンシルベニアのような州で選挙に勝ったのは、ある面失われた製造業の雇用を復活させると誓ったことによるものでした。

-記事翻訳
-,

関連記事

11月の雇用拡大が再び予測を打ち破る結果に

<引用元:ホワイトハウス・大統領経済諮問委員会 2019.12.6> 本日発表された労働統計局(BLS)の毎月雇用情勢報告書によると、11月に26万6千人の雇用が増加した。9月と10月の雇用総計も上方 …

米 ブルーカラー労働者 は将来に楽観的、トランプ支持率も高く(世論調査)

<引用元:ウォールストリート・ジャーナル 2018.8.31>WSJ論説委員会 Happy in Their Work(仕事に満足) ブルーカラー労働者は固定概念ほど浮かない顔はしていないことが調査結 …

米国製造業界が過去20年で最高レベルの楽観傾向を示す調査結果をトランプが称賛

<引用元:ブライトバートニュース 2017.3.31> ドナルド・トランプ大統領は金曜日にアメリカの製造業企業をホワイトハウスに招き、全米製造業者協会の新しい調査結果を発表した。

WSJ:「商店、工場が今年の予想外の雇用ブームをリード」

<引用元:ホワイトハウス 2018.8.6> “Stores, Factories Lead This Year’s Unexpected Hiring Boom” ウォールス …

2020年も引き続き予測を破る雇用市場

<引用元:ホワイトハウス 2020.2.7>大統領経済諮問委員会 労働統計局(BLS)の毎月雇用状況の最新データから、歴史的に見て強い米国労働市場が2020年も継続して拡大していることが確認できる。 …

アーカイブ

@JpWelovetrump