記事翻訳

WSJ:「商店、工場が今年の予想外の雇用ブームをリード」

投稿日:

<引用元:ホワイトハウス 2018.8.6

“Stores, Factories Lead This Year’s Unexpected Hiring Boom”
ウォールストリート・ジャーナル 2018年8月5日、By Eric Morath

経済学者は、競争の激しい労働市場(4パーセントを下回る失業率を維持)によって労働者の確保が困難になるため、2018年の雇用は減速すると予測していた。逆の事が起きたのは、おもに小売り業と製造業というこれまで縮小してきた2つの分野が復興しているためだ。

7月までに米国の雇用は月平均で21万5千人増加してきた。昨年初めの7カ月では月平均の雇用増加が18万4千人であったことからすると著しい増加率だ。またウォールストリート・ジャーナルが1月に経済学者に調査した際、2018年は月平均16万5千を上回るとの予測だった。

大きな原因の1つは、2017年の7月までに月平均で6,000人の雇用が切り捨てられてから、小売業者が今年月平均12,000人の雇用を追加したためだ。

収入の増加と強い期待感に促されて個人消費が増加したため、小売業者の中には拡大しているところがある。

製造業では1970年代後半から概ね雇用が削減されてきたが、2009年に景気後退が終わってからこの分野での雇用は増加しており、この1年で増加率が上昇した。2017年初めの7カ月と比較して、今年の工場の雇用ペースは2倍以上になった。

製造業は米国製品を必要とする世界市場の拡大と国内の石油増産によって恩恵を受けている。それらが金属と重機の需要を支えているためだ。昨年の終わりに成立した税法は、企業が設備投資を行うことを奨励するために作られたが、それが実際起きているという初期兆候がある。

記事前文はこちら

-記事翻訳
-,

関連記事

支出依存が米国の経済再生を脅かす:行政予算管理局ラス・ボート副局長

<引用元:FOXニュース 2019.3.11>ラス・ボート行政予算管理局副局長による寄稿 過去2年に渡って、トランプ大統領は、納税者ファーストで成長志向の政策によってアメリカ経済を解放してきた。歴史的 …

アメリカ・ファースト:12カ月で87万8千人の百万長者が誕生、「トランプ効果・・・絶え間なく」

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2018.11.14> クレディ・スイス銀行のグローバル・ウェルス・レポートによると、好景気に沸くアメリカ経済は、2017年共和党減税によって活性化し、これまでのわ …

中小企業「楽観」が最高記録、トランプの下で160%上昇

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2019.11.6> 全米の中小企業経営者の経済楽観指標は、2期にわたるオバマ政権最後の数カ月以来162パーセント増加して最高レベルに達した。 ウェルズファーゴ・ギ …

米 ブルーカラー労働者 は将来に楽観的、トランプ支持率も高く(世論調査)

<引用元:ウォールストリート・ジャーナル 2018.8.31>WSJ論説委員会 Happy in Their Work(仕事に満足) ブルーカラー労働者は固定概念ほど浮かない顔はしていないことが調査結 …

ミシガン訪問でトランプは米国人に仕事への復帰を呼びかけ、「壮大な」回復期待

<引用元:デトロイト・フリープレス 2020.5.21> トランプ大統領は、米国で新型コロナウイルスのパンデミックが始まってから初めてミシガン州を訪れ、イプシランティの部品工場を人工呼吸器工場に変えた …

アーカイブ

@JpWelovetrump