記事翻訳

WSJ:「商店、工場が今年の予想外の雇用ブームをリード」

投稿日:

<引用元:ホワイトハウス 2018.8.6

“Stores, Factories Lead This Year’s Unexpected Hiring Boom”
ウォールストリート・ジャーナル 2018年8月5日、By Eric Morath

経済学者は、競争の激しい労働市場(4パーセントを下回る失業率を維持)によって労働者の確保が困難になるため、2018年の雇用は減速すると予測していた。逆の事が起きたのは、おもに小売り業と製造業というこれまで縮小してきた2つの分野が復興しているためだ。

7月までに米国の雇用は月平均で21万5千人増加してきた。昨年初めの7カ月では月平均の雇用増加が18万4千人であったことからすると著しい増加率だ。またウォールストリート・ジャーナルが1月に経済学者に調査した際、2018年は月平均16万5千を上回るとの予測だった。

大きな原因の1つは、2017年の7月までに月平均で6,000人の雇用が切り捨てられてから、小売業者が今年月平均12,000人の雇用を追加したためだ。

収入の増加と強い期待感に促されて個人消費が増加したため、小売業者の中には拡大しているところがある。

製造業では1970年代後半から概ね雇用が削減されてきたが、2009年に景気後退が終わってからこの分野での雇用は増加しており、この1年で増加率が上昇した。2017年初めの7カ月と比較して、今年の工場の雇用ペースは2倍以上になった。

製造業は米国製品を必要とする世界市場の拡大と国内の石油増産によって恩恵を受けている。それらが金属と重機の需要を支えているためだ。昨年の終わりに成立した税法は、企業が設備投資を行うことを奨励するために作られたが、それが実際起きているという初期兆候がある。

記事前文はこちら

-記事翻訳
-,

関連記事

トランプはいかにしてオバマの「ニュー・ノーマル」から経済を救ったか

<引用元:デイリー・シグナル 2018.9.26>マイケル・バスラー博士による論説。 信じ難いことだがわずか2年足らず前、圧倒的好景気が間近に迫っている兆候もなく、景気は停滞していた。 疑う余地もない …

米大手企業、ホワイトハウスで新たな職業訓練を約束

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2018.7.19> トランプ政権による、労働力開発の推進と職業訓練の拡大のための新たなイニシアティブの一環として、7月19日に少数の米国大手企業が今後5年間で多数 …

UBS:「景況感が急騰」、79%が税制法案を歓迎、68%が「すでに受益」

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2018.1.30> 世界的な金融グループであるUBSによると、最近承認されたトランプ政権の税制改革一括法案によって企業の楽観指数が急上昇している。

トランプ大統領、ダボスでアメリカについて語る

<引用元:ホワイトハウス発表資料 2018.1.25> 1971年にクラウス・シュワブ氏が創設した、世界経済フォーラムの当初の使命は、成功を収めた米国の経営手法をヨーロッパの企業に取り入れることだった …

トランプ大統領の減税が米国のあらゆる規模の雇用主を活性化

<引用元:ホワイトハウス 2018.4.12> 「アメリカで雇用や投資を行い、アメリカン・ドリームを実現しようとするには、これまでで最も良い時代を迎えました。これについては今が最高の時です。なぜなら、 …

@JpWelovetrump
海外ニュース翻訳情報局