記事翻訳

WSJ:「商店、工場が今年の予想外の雇用ブームをリード」

投稿日:

<引用元:ホワイトハウス 2018.8.6

“Stores, Factories Lead This Year’s Unexpected Hiring Boom”
ウォールストリート・ジャーナル 2018年8月5日、By Eric Morath

経済学者は、競争の激しい労働市場(4パーセントを下回る失業率を維持)によって労働者の確保が困難になるため、2018年の雇用は減速すると予測していた。逆の事が起きたのは、おもに小売り業と製造業というこれまで縮小してきた2つの分野が復興しているためだ。

7月までに米国の雇用は月平均で21万5千人増加してきた。昨年初めの7カ月では月平均の雇用増加が18万4千人であったことからすると著しい増加率だ。またウォールストリート・ジャーナルが1月に経済学者に調査した際、2018年は月平均16万5千を上回るとの予測だった。

大きな原因の1つは、2017年の7月までに月平均で6,000人の雇用が切り捨てられてから、小売業者が今年月平均12,000人の雇用を追加したためだ。

収入の増加と強い期待感に促されて個人消費が増加したため、小売業者の中には拡大しているところがある。

製造業では1970年代後半から概ね雇用が削減されてきたが、2009年に景気後退が終わってからこの分野での雇用は増加しており、この1年で増加率が上昇した。2017年初めの7カ月と比較して、今年の工場の雇用ペースは2倍以上になった。

製造業は米国製品を必要とする世界市場の拡大と国内の石油増産によって恩恵を受けている。それらが金属と重機の需要を支えているためだ。昨年の終わりに成立した税法は、企業が設備投資を行うことを奨励するために作られたが、それが実際起きているという初期兆候がある。

記事前文はこちら

-記事翻訳
-,

関連記事

トランプの下での記録的経済楽観、レーガン、クリントン、オバマを超える

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2020.2.5>ワシントン・シークレット論説 最新の調査でトランプ大統領の下で経済楽観主義が44年で最高に達し、経済の沈滞は最低となっており、国民が個人として数十 …

トランプの下でアフリカ系米国人は順調

<引用元:デイリー・シグナル 2019.9.11>スター・パーカー氏による寄稿 労働統計局(BLS)による8月の雇用報告では、米国人全員にとってはるかに素晴らしいニュースが示された。とりわけアフリカ系 …

トランプ景気の到来(論説)

<引用元:ワシントン・タイムズ 2017.9.10> By Stephen Moore ロシア、コミー、シャーロッツビル、そして二つの巨大ハリケーンといった問題の中にあって、米国の経済がクリントン政権 …

トランプ減税法施行から6カ月、製造業の自信が急上昇

<引用元:ビジネス・インサイダー 2018.6.20> 米国の製造業界では、事業に対する自信が記録的な水準にまで達している。最大の製造業者団体が最近行った調査による結果だ。 全米製造業者協会(NAM) …

「嘆かわしい人たち」の向上:トランプが底辺の人たちへの約束を守ったこと示すレポート

<引用元:インベスターズ・ビジネス・デイリー 2018.12.18>社説 「嘆かわしい人たち」の向上:2016年の大統領選挙中、トランプ大統領はブルーカラーや低賃金サービス分野の労働者に、大きな向上を …

アーカイブ

@JpWelovetrump