一般記事

マティス=ウッドワードの トランプ暴露本 は「想像力の産物」

投稿日:2018年9月5日

ワシントン・ポストの著名なボブ・ウッドワード記者による今月出版予定の暴露本、「Fear: Trump in the White House」についてジェームズ・マティス国防長官は異例のコメントを出している。複数の報道によると、同暴露本ではマティス長官がトランプ大統領のことを周囲に小学生並みの理解力だと話したとしているが、マティス氏はこれを完全に否定した。

ホワイトハウスもマティス氏と同様の見解を表明しており、ジョン・ケリー首席補佐官も自身の発言とされる内容を否定している。

マティス長官のコメントを以下に翻訳引用する。

「ウッドワードの本で大統領についての軽蔑的な言葉が私によるものとされているが、決して私が発言したものでもなければ私の前で発言されたものでもない。私は普段フィクションを読むのは好きだが、これは他にないワシントン独特の文学であり、彼の匿名情報源に信頼性はない。

現実世界での責任の重い政策決定は本質的に厄介なものであるが、最善の選択肢を見つけるためにあらゆる前提を疑ってかかることも必要不可欠だ。私はそのような議論とオープンにアイディアを競い合うことを歓迎する。実に1年以上かけ、このような遠慮のない議論と協議が有意義な結果を生んでいる。例えばISISカリフ国家が壊滅に近い状態になり、NATO加盟国が前例のない負担を負い、北朝鮮から米国兵士の遺骨が返還され、我が国の軍備は向上した。また我々の防衛政策は議会で党派を超えて圧倒的な支持を得ている。

この政権の下で、私が選挙で選ばれた最高司令官であるトランプ大統領に軽蔑を示し、また国防総省の内外から大統領官邸に対する無礼を容認するという話は、誰かの旺盛な想像力の産物だ」

 

-一般記事
-,

関連記事

アトランティック編集長、トランプ暴露記事の主張が間違いの可能性を認める

<引用元:フェデラリスト 2020.9.7> 6日、アトランティックのジェフリー・ゴールドバーグ編集長は、2018年にフランスの第一次世界大戦で戦死した兵士の墓地へのトランプ大統領の訪問が変更されたの …

トランプが難民を「けだもの」と呼んだという虚偽ツイートを2020大統領候補者、ジャーナリストが拡散

<引用元:FOXニュース 2019.4.9> すでに削除されているあるツイートが週末にかけて急速に広まった。トランプ大統領が米国へ入国しようとする難民申請者を「けだもの」と呼んだという主張のためだ。 …

モラー捜査で起きなかった5つのこと

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2019.3.22>バイロン・ヨーク氏によるオピニオン ロバート・モラーはトランプ=ロシア捜査の報告書をウィリアム・バー司法長官に提出した。近いうちに、おそらくは数 …

サンフアンの市長をプエルトリコの別の市長が非難=「彼女は全く会議に参加していない」(独占記事)

<引用元:デイリー・コーラー 2017.9.30> プエルトリコのサンフアン市のカルメン・ユリン・クルス市長は、トランプ大統領を繰り返し攻撃し、ハリケーン・マリアの影響を受けたプエルトリコを見放したと …

トランプ卑語発言、同席の閣僚も否定

<引用元:ワシントン・フリービーコン 2018.1.16> 米国国土安全保障省のキルステン・ニールセン長官は16日、連邦議会で証言し、ドナルド・トランプ大統領は「荒っぽい言葉」を使用していたが、アフリ …

アーカイブ

@JpWelovetrump