一般記事

トランプは「生涯で最も黒人寄りの大統領」となると牧師が予測

投稿日:

<引用元:ブライトバート・ニュース 2018.8.1

ダレル・スコット牧師はドナルド・トランプ大統領が都心の住民の力になってくれることに感謝し、「自分たちの生涯で最も黒人寄りの大統領」となると予測した。

スコット牧師はこう話した。「この政権は不意に多くの人たちを引き込みました・・・これはおそらく都会の米国人と信仰に根差したコミュニティに関して、自分の生涯で最も積極的な政権です。」「正直に言って私たちの生涯で、おそらく最も黒人寄りの大統領となるでしょう」

トランプ支持者であることを明言するスコット氏は1日、自分たちの優先順位について話し合うため、ホワイトハウスで大統領と都心の牧師たちと会談した。

同氏はマスコミでの批判にもかかわらず、黒人社会が今後も政権との協力を続け、大統領にチャンスを与えるべきだと訴えた。

スコット氏はこう話した。「素晴らしい事が起こる兆しがあります。約束します」

同席した牧師たちはそれぞれ、大統領が経済を再生させ、コミュニティを再建し、鉄鋼産業を救済し、また刑務所の改革と第二のチャンスを期待する囚人への職業訓練を増やすことに取り組んでいるとして感謝した。

ウィスコンシン州ミルウォーキーのダレル・ハインズ司教は、信仰に基づくイニシアティブをトランプ氏が支持していることに励まされていると述べた。

ハインズ司教はこう話した。「いくつかの事は聞いていますが、私たちの話を聞いてくださると知って励みになります」「わざわざ私たちをホワイトハウスに招待していただき、また私たちのコミュニティと信仰における懸念事項に耳を傾ける時間を取っていただいたことを感謝いたします。どちらも大統領に聞いていただく必要がある内容です」

スピリットオブフェイス・クリスチャン・センターのマイク・フリーマン牧師は、日曜日にいつでも自分の教会に来て欲しいとトランプ氏を招待した。フリーマン牧師は、トランプ氏が候補者の時に、クリスチャンはホワイトハウスに友人ができるようになると約束したことを覚えていると述べた。

「とても素晴らしい事です。何よりもあなたが信頼できる人物であることが分かりとても嬉しく思います。またあなたには神からの言葉を聞く準備があります」と同氏は話し、この国は「偉大な手」の中にあると述べた。

トランプ氏は娘婿のジャレッド・クシュナー氏が刑務所の改革を政権の最優先事項の1つにしたことに触れた。

トランプ氏はこう尋ねた。「(他に)誰がそんなことを考えただろうか?」

-一般記事
-,

関連記事

共和党30年間の「マイノリティ支援活動」は失敗し、トランプは本物の結果をもたらした

<引用元:デイリー・コーラー 2019.9.16>カトリーナ・ピアソン氏による寄稿 「マイノリティ支援活動」――それは過去30年間共和党が選挙で敗北するたびに、過大な報酬を受け取る政治コンサルタントた …

トランプ、歴史的黒人大学(HBCU)、そして前進

<引用元:タウンホール 2020.5.29>ケン・ブラックウェルとハーマン・ケインによる寄稿 我々のどちらも断言できることだが、歴史的黒人大学(HBCU)はアフリカ系米国人の若者がその可能性の真の頂点 …

トランプは警察改革と人種的正義に向けて国を動かしている

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2020.6.22>アルベダ・キング博士による寄稿 1963年8月の「私には夢がある」という演説の中で、マーティン・ルーサー・キング・ジュニア博士は合衆国での人種差 …

宗教の自由についての国連会議でのトランプ大統領の言葉

<引用元:ホワイトハウス 2019.9.23> ニューヨーク市、国連本部 トランプ大統領:とても素晴らしいです。どうもありがとうございます。とても素晴らしいです。マイクに感謝したいと思います。本日、米 …

トランプは世界の宗教の自由推進に意欲的、と特使が語る

<引用元:デイリー・シグナル 2018.12.14> ドナルド・トランプ大統領は、様々な信仰に対してもっと寛容さを持つよう強く求めることを、世界中の政府から委ねられており、「宗教迫害の鉄のカーテン」を …

アーカイブ

@JpWelovetrump