記事翻訳

「とても思いやりがあった」:アマド・オーブリーの母がトランプとの面談について語る

投稿日:

<引用元:デイリー・コーラー 2020.6.16

アマド・オーブリーの母は報道によると、16日のホワイトハウスでの面談中ドナルド・トランプ大統領が「とても歓迎してくれ」「とても思いやりがあった」と述べたという。

ワンダ・クーパージョーンズは、トランプが課題解決を目指す大統領令に署名する前にトランプと面談するために招待された人々の1人だった。

他の参加者には、「同じビルに住む警察官に自宅で撃たれたテキサスの男性のボサム・ジーン、自宅に警察官が呼ばれた後殺されたアタティアナ・ジェファーソン、そしてピッツバーグの警察官に殺された十代のアントウォン・ローズの遺族」も含まれていたと、アトランタ・ジャーナル・コンスティテューション(AJC)は報じた

オーブリーは2月にジョージア州ブラウンズウィック近くでジョギング中に2人の白人の男たちに撃ち殺された

オーブリーは警察に殺されたわけではないが、当初殺人の容疑者に対して不起訴を勧告した地方検事は事件の担当を外れた。

CBSニュースのホワイトハウス担当ジャーナリストのフィン・ゴメスは、同僚のパウリーナ・スモリンスキーの報告を頼りに、クーパージョーンズが大統領との面談を『とても心を揺さぶられる』ものだったと述べたとツイートした。

「大統領はとても歓迎してくれたと思います。とても思いやりがありました。彼はそれぞれの家族が変化を期待できるだろうしそうなるはずだと断言しました」と彼女は話したという。

AJCによるとトランプはこう語った。「こうした家族の多くは警察との命にかかわるやり取りで愛する人を失った。傷ついた家族全員に対して、アメリカ人全員がみなさんに寄り添って哀悼していることを知って欲しい。みなさんの愛する人たちの死を無駄にはしない。我々は1つの国であり、ともに悼み、ともに癒す」

大統領令では、警察が首絞めを使用することを全国で禁止することと、規定の警察訓練の予算の増額を求めている。

-記事翻訳
-,

関連記事

元NFL選手のハーシェル・ウォーカー:「私は人種差別主義を見てきた・・・それはドナルド・トランプのことではない」

<引用元:ブライトバート・ニュース 2020.8.24> 元NFL選手のハーシェル・ウォーカーは24日、共和党全国大会の演説でドナルド・トランプ大統領を擁護した。 ハーシェル・ウォーカーはトランプとの …

今回もトランプ支持者に影響はない=シャーロッツビル後

<引用元:ニューヨークタイムズ 2017.8.19> ボストン生まれで35歳のパーソン・ヒックスは、これまでずっと共和党支持者でありトランプ大統領の支持者だ。ヒックスは、昨年10月にトランプのみだらな …

「グレイズ・アナトミー」人気俳優がトランプホワイトハウス訪問後に民主党を去った決心について語る

<引用元:FOXニュース 2019.9.4> FOXネーションの「Nuff Said」最新エピソードや「グレイズ・アナトミー 恋の解剖学」の人気俳優、イザイア・ワシントンは、民主党を去るという自身の決 …

黒人キリスト教指導者はトランプを擁護:シャーロッツビルでの暴動後

<引用元:ポリティカル・インサイダー 2017.8.16> 黒人のキリスト教指導者と知識人は、アーバンリニューアル教育センター(Center of Urban Renewal and Educatio …

トランプ、暴力的抗議を受けアンティファをテロ組織に指定と発表

<引用元:FOXニュース 2020.5.31> トランプ大統領は31日、米国政府は極左団体のアンティファをテロ組織に指定すると発表した。 トランプが、ジョージ・フロイドの死を受けて全国で起きている暴動 …

アーカイブ

@JpWelovetrump