記事翻訳

「とても思いやりがあった」:アマド・オーブリーの母がトランプとの面談について語る

投稿日:

<引用元:デイリー・コーラー 2020.6.16

アマド・オーブリーの母は報道によると、16日のホワイトハウスでの面談中ドナルド・トランプ大統領が「とても歓迎してくれ」「とても思いやりがあった」と述べたという。

ワンダ・クーパージョーンズは、トランプが課題解決を目指す大統領令に署名する前にトランプと面談するために招待された人々の1人だった。

他の参加者には、「同じビルに住む警察官に自宅で撃たれたテキサスの男性のボサム・ジーン、自宅に警察官が呼ばれた後殺されたアタティアナ・ジェファーソン、そしてピッツバーグの警察官に殺された十代のアントウォン・ローズの遺族」も含まれていたと、アトランタ・ジャーナル・コンスティテューション(AJC)は報じた

オーブリーは2月にジョージア州ブラウンズウィック近くでジョギング中に2人の白人の男たちに撃ち殺された

オーブリーは警察に殺されたわけではないが、当初殺人の容疑者に対して不起訴を勧告した地方検事は事件の担当を外れた。

CBSニュースのホワイトハウス担当ジャーナリストのフィン・ゴメスは、同僚のパウリーナ・スモリンスキーの報告を頼りに、クーパージョーンズが大統領との面談を『とても心を揺さぶられる』ものだったと述べたとツイートした。

「大統領はとても歓迎してくれたと思います。とても思いやりがありました。彼はそれぞれの家族が変化を期待できるだろうしそうなるはずだと断言しました」と彼女は話したという。

AJCによるとトランプはこう語った。「こうした家族の多くは警察との命にかかわるやり取りで愛する人を失った。傷ついた家族全員に対して、アメリカ人全員がみなさんに寄り添って哀悼していることを知って欲しい。みなさんの愛する人たちの死を無駄にはしない。我々は1つの国であり、ともに悼み、ともに癒す」

大統領令では、警察が首絞めを使用することを全国で禁止することと、規定の警察訓練の予算の増額を求めている。

-記事翻訳
-,

関連記事

ドナルド・トランプは最も黒人寄りの大統領だ(オピニオン)

<引用元:アトランタ・ジャーナル・コンスティテューション 2018.8.10>ハーマン・ケイン氏による論説 ハーマン・ケイン氏 私の言葉をよく聞いて欲しい。ドナルド・J・トランプは我々の生涯で最も黒人 …

イライジャ・カミングスがボルチモアを「薬物がはびこる」と呼び、住民を「ゾンビ」に例えた動画が再浮上

<引用元:FOXニュース 2019.7.31> トランプの「はびこる(Infested)」という言葉が、人種差別を連想させると非難を浴びたようだが、当のカミングス議員も自身の地区に対して同じ言葉を使っ …

元NFL選手のハーシェル・ウォーカー:「私は人種差別主義を見てきた・・・それはドナルド・トランプのことではない」

<引用元:ブライトバート・ニュース 2020.8.24> 元NFL選手のハーシェル・ウォーカーは24日、共和党全国大会の演説でドナルド・トランプ大統領を擁護した。 ハーシェル・ウォーカーはトランプとの …

黒人有権者のトランプ支持率が約20%に:世論調査

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2020.4.10> トランプ大統領はFOXニュースの最新世論調査で、黒人有権者から19パーセントの支持率を獲得した。折しもトランプ再選に向けた選挙陣営は、この集団 …

共和党30年間の「マイノリティ支援活動」は失敗し、トランプは本物の結果をもたらした

<引用元:デイリー・コーラー 2019.9.16>カトリーナ・ピアソン氏による寄稿 「マイノリティ支援活動」――それは過去30年間共和党が選挙で敗北するたびに、過大な報酬を受け取る政治コンサルタントた …

アーカイブ

@JpWelovetrump