一般記事

黒人のトランプ支持率が36パーセントへ上昇

投稿日:2018年8月16日

ラスムセン・レポートによると、2018年8月15日時点のドナルド・トランプ大統領に対する黒人の支持率が1年前の19パーセントから36パーセントに上昇した。同日の全体での支持率は49パーセントと記録されている。

12日には元大統領補佐官のオマロサ・マニゴールト氏が、暴露本の出版のために出演したテレビ番組でトランプ大統領が黒人に対する差別用語を使用したと発言し、広く報道されていた。大統領自身はその主張を否定しており、サラ・サンダース報道官も14日の会見中に、大統領がそのような発言をしたことを聞いたことがないと回答している。

マニゴールト氏は、クリントン政権でも4回解任された過去があり、その当時も「仕事をせず周りに迷惑をかけ」ており、「非常に破壊的な影響」を与えているという理由で「早急に辞任することを求められた」ことがあったという。

 

-一般記事
-,

関連記事

米国の政治分断がバイデン政権下で最大に

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2021.4.15>ポール・ベダード氏によるワシントン・シークレット論説 かつてないほどに米国の民主党・共和党の対立が増している。 最新のギャラップ世論調査で、ジョ …

共和党のトランプ支持が増大、大多数が反トランプの批判者を排除

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2021.10.7>ポール・ベダード氏によるワシントン・シークレット論説 最新世論調査によると、ドナルド・トランプ前大統領と2024年の出馬の可能性に対する共和党の …

トランプの壁に対する支持が保守派の間で99%にまで増加

<引用元:ワシントン・エグザミナー:ワシントン・シークレット 2019.3.29> 南部国境の壁に対する保守派の間での支持が、トランプ大統領の就任以来最高となる99パーセントに達したことが、最新の調査 …

ゾグビー世論調査:バイデン選挙のために嘘、生活は悪化

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2022.1.25>ポール・ベダード氏によるワシントン・シークレット論説 最新世論調査によると有権者は、2020年の選挙中にした約束は大げさだったのではなく共和党に …

ヒスパニック有権者が共和党にシフトし今や2党間で真っ二つに:世論調査

<引用元:FOXニュース 2021.12.8> ヒスパニックは「浮動票になりつつある」と民主党世論調査員が警告 ヒスパニックの有権者は大部分が民主党の地盤となっていたが、最新世論調査によるとバイデン大 …

アーカイブ

@JpWelovetrump