記事翻訳

米監視団体、カーター・ページの FISA 裁判所文書を取得

投稿日:2018年7月24日

FISAメモの正当性を裏付け

<引用元:ジューディシャル・ウォッチ、プレスリリース 2018.7.21

トム・フィットン会長

(ワシントンDC)ジューディシャル・ウォッチのトム・フィットン会長は、トランプ選挙陣営のアドバイザーであったカーター・ページを対象とするFISA(外国情報監視法)令状に関する412ページの文書が本日公開されたことに関して、以下の声明を発表した。

これらの文書は黒塗りされた部分が多いが、FBIと司法省が重大な情報を伏せることで裁判所を騙していたことを裏付けているようだ。その情報とは、トランプ陣営を対象としたFISA令状を裁判所が許可するように説得するために使用された「インテリジェンス」の背後に、ヒラリー・クリントンの選挙陣営とDNCがいるというものだ。

文書は昨日ジューディシャル・ウォッチに届くことになっていたが、本日の午後5:30頃電子メールで送付された。

令状が議論の的になっていたのは、その要求がフュージョンGPSというクリントン陣営と民主党全国委員会が雇った業者によって作成された「文書」に由来することを正当化する、重大な情報がFISA裁判所に伝えられていなかったためだ。カーター・ページに対する最初の令状は、2016年の選挙のわずか数週間前に許可された。本日公開された文書は、FISAの対象設定を批判したメモを公開した下院情報委員会の共和党メンバーによる批判を裏付けている。メモではクリントンとDNCによる「最小限の裏付けしかない」文書が、ページをスパイするための監視令状を求めるFBIと司法省の申請に、不可欠な役割を果たしたことを詳細に説明している。

(以下略)

参考:FISA乱用メモ全文の日本語訳

-記事翻訳
-

関連記事

レポート:オバマ政権の司法省は2016年6月にトランプ陣営顧問に対する極秘監視命令を取得していた

<引用元:ブライトバート・ニュース 2017.4.11> FBIと司法省が昨年夏に、当時の大統領候補であったドナルド・トランプの顧問の通信内容を監視するための極秘の捜査令状を取得していた事を、火曜日に …

コミーがウォレスのインタビューに答えたのは評価すべき―だがその回答は吟味すべき:アンドリュー・マッカーシー

<引用元:FOXニュース 2019.12.16>アンドリュー・マッカーシー氏による寄稿 ジェームズ・コミーFBI元長官がクリス・ウォレスからの「FOXニュース・サンデー」出演依頼を受け入れ、厳しくも公 …

分析:9日の監察官報告書と弾劾公聴会で民主党と共和党の主張が激突か

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2019.12.8> トランプ大統領弾劾に関する議会の討議が予定されている9日、外国情報監視法の乱用に関する司法省の報告書も発表される予定だ。 連邦政府の法執行機関 …

米下院情報委員会がFISAメモ公開、次の捜査対象は国務省

米下院情報委員会は、議論の的になっていたニューネス委員長による、いわゆるFISAメモを公開した。民主党はトランプ大統領をロシア疑惑の捜査から守るためのものだとして、公開に反対していた。同委員会は今回を …

FISA悪用の証拠が下院で公開、政府高官の更迭・モラー捜査終了の可能性も

ジャーナリストのサラ・カーター氏が入手した情報によると、18日、米国のFISA(外国情報監視法)が広範に渡って悪用されたことを示す機密文書についての報告書が、下院議員全員に公開された。消息筋は、新事実 …

アーカイブ

@JpWelovetrump