記事翻訳

トランプ:米国は「移民キャンプ」になることはない

投稿日:

<引用元:ワシントン・タイムズ 2018.6.18

トランプ大統領は18日、現在の争点は米国が国境を持つべきかどうかをめぐるものだと述べ、移民制度を修復するための「議論の場に臨む」よう民主党に求めた。

トランプ氏はホワイトハウスで、米国は「移民キャンプとなることはない」と語った。

トランプ氏は、自らが「世界で最悪の移民法」と呼ぶものを議会が更新するという方向で合意できれば、世界の他の国にとって流行を生み出す動きとなり得ると述べた。

大統領はこう話した。「――国境を持たない国というのは全く国とは言えません。国境は必要です。安全を守ることは必要です。安全は必要なものです」

同氏は、家族が国境を越えて不法に入国しようとする際、親子が引き離されること対して高まる抗議と戦っている。

トランプ氏は、自らの就任前に決められた法律と政策に従っていると言い、引き離されるのは民主党のせいだとした。

ところが民主党は、不法移民に対して勝ち目のない刑事罰を科すというトランプ氏のゼロ容認政策が、別離に拍車を掛けたのだと言っている。

米国に不法に入国することは何十年もの間犯罪であり、6カ月の刑期が科せられるが、不法移民を民事問題として扱い国外退去させようと試みることが支持され、一般的には無視されてきた。

子供と家族、また亡命を求める人々に対してより寛大な一部の米国の法律が悪用されるようになったため、――たとえ疑わしいものであったとしても――送還が難しくなっている。

不法移民が新たに急増することに直面して、トランプ政権は国境を侵した者を罰するのに刑事罰に頼ることを決めた。

国土安全保障省は、両親が亡命要求のために法定通関手続地に現れる場合、子供から引き離すことはないと述べている。だが国境を飛び越えて来る場合は、刑務所に入る間引き離される。――それは米国市民が犯罪で起訴されて刑務所に入る場合と同じだ。

-記事翻訳
-

関連記事

ゴルカ補佐官:北朝鮮の「状況は根本的に変わった」、なぜなら「アメリカが帰ってきた」から

<引用元:ブライトバート・ニュース 2017.4.19> 元ブライトバート・ニュース国家安全保障編集委員で、現在はホワイトハウス国家安全保障補佐官であるゴルカ博士は、水曜日のブライトバート・ニュース・ …

2014年に不法移民の子供について報道するよう「マスコミに懇願」も無視された=グレン・ベック

<引用元:ワシントン・タイムズ 2018.6.20> グレン・ベック氏 「誰も真実を話そうとしない」 ラジオパーソナリティのグレン・ベック氏は20日、2014年に拘置されている不法移民の子供たちの状況 …

不法移民 による虚偽の亡命要求に対する送還命令が1350%増加

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2018.7.3> トランプ政権によると、自国に戻ると「確かな懸念」があると訴えて米国への亡命を求める移民の大半は、一旦国内に解放されると実際には亡命申請をしておら …

子供たちのために壁は必要=性的人身取引と戦った元国土安全保障省捜査官が語る

<引用元:FOXニュース 2019.1.29>ティモシー・バラード 10年以上性的人身取引と戦ってきた、国土安全保障省(DHS)の元南部国境特別捜査官としてはっきり言えることは、国境の壁の問題を権力と …

子供の人身取引保護法の抜け穴が被害者と米国市民を危険に晒している

<引用元:ホワイトハウス 2018.4.5> ドナルド・J・トランプ大統領が1月に初の一般教書演説を行った際、多くの重要なゲストを米国民に紹介した。これらのゲストのほとんどが公職者や高官ではなかった。 …

アーカイブ

@JpWelovetrump