記事翻訳

世論調査:トランプの「国境の危機」という説明に大多数が同意

投稿日:

<引用元:ブライトバート・ニュース 2019.1.8

米国が国境の危機に直面しているというドナルド・トランプ大統領の主張は、国境についての「問題に」直面しているに過ぎないとの民主党による主張よりも、国民の支持が大きいことが、モーニング・コンサルトが8日夜に発表した世論調査結果により分かった。

ポリティコと共同で実施された、1989人の登録有権者に対する調査によると、有権者の42パーセントが、「米国は危機に直面している」と答えたが、「米国は問題に直面している」と答えたのはわずか37パーセントだった。

1月4日から6日まで実施された調査によると、中米から移民と麻薬が流入する中、米国が「問題や危機に直面していない」と答えたのは12パーセントだった。

トランプのいう「危機」という主張は、共和党の72パーセント、無党派の37パーセント、そして民主党の19パーセントが支持している。

民主党の「問題」という言い回しは、共和党の19パーセント、無党派の37パーセント、そして民主党の52パーセントが支持している。

民主党の21パーセント―しかし共和党ではわずか4パーセント、無党派では10パーセント―が、低賃金労働者の国境をまたぐ流入と麻薬密輸はいずれも問題でも危機でもないとしている。

トランプ大統領が非常事態を宣言して、未使用の予算で壁を建設するための根拠を示すことのできるような国境の危機などない、とますます強く主張している民主党にとって、調査結果は悪い知らせだ。

(以下略)

-記事翻訳
-,

関連記事

米調査:59%が 反トランプ派 の暴力を危惧、31%が内戦予測

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2018.6.27> 大統領補佐官に対する組織的な嫌がらせにまで発展した米国内の分断は、約6割が反トランプ派の暴力を懸念し、約3割が内戦に発展することを危惧する状況 …

バイロン・ヨーク:トランプの国境取引は「グラスに4分の1」の状態

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2019.2.15>バイロン・ヨーク氏による論説 「グラスにまだ半分あると考えるタイプ」と言えば、例え現実は複雑でも、あらゆる状況のプラス面を見ようとする人物という …

2018年に離れた郊外の女性が、壁支持でトランプを支える存在に

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2019.2.22> 郊外の女性は、2018年の議会中間選挙で共和党から逃げ出した後、トランプ大統領に戻って来つつある。 その理由は、国境の壁を求める人が多いためだ …

不法移民 による虚偽の亡命要求に対する送還命令が1350%増加

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2018.7.3> トランプ政権によると、自国に戻ると「確かな懸念」があると訴えて米国への亡命を求める移民の大半は、一旦国内に解放されると実際には亡命申請をしておら …

有権者の50パーセントがトランプを支持:ラスムッセン世論調査

<引用元:デイリー・コーラー 2017.6.16> ラスムッセンが金曜日に発表した世論調査によると、ドナルド・トランプ大統領は有権者の間で50パーセントの支持率を得ている。