記事翻訳

世論調査:トランプの「国境の危機」という説明に大多数が同意

投稿日:

<引用元:ブライトバート・ニュース 2019.1.8

米国が国境の危機に直面しているというドナルド・トランプ大統領の主張は、国境についての「問題に」直面しているに過ぎないとの民主党による主張よりも、国民の支持が大きいことが、モーニング・コンサルトが8日夜に発表した世論調査結果により分かった。

ポリティコと共同で実施された、1989人の登録有権者に対する調査によると、有権者の42パーセントが、「米国は危機に直面している」と答えたが、「米国は問題に直面している」と答えたのはわずか37パーセントだった。

1月4日から6日まで実施された調査によると、中米から移民と麻薬が流入する中、米国が「問題や危機に直面していない」と答えたのは12パーセントだった。

トランプのいう「危機」という主張は、共和党の72パーセント、無党派の37パーセント、そして民主党の19パーセントが支持している。

民主党の「問題」という言い回しは、共和党の19パーセント、無党派の37パーセント、そして民主党の52パーセントが支持している。

民主党の21パーセント―しかし共和党ではわずか4パーセント、無党派では10パーセント―が、低賃金労働者の国境をまたぐ流入と麻薬密輸はいずれも問題でも危機でもないとしている。

トランプ大統領が非常事態を宣言して、未使用の予算で壁を建設するための根拠を示すことのできるような国境の危機などない、とますます強く主張している民主党にとって、調査結果は悪い知らせだ。

(以下略)

-記事翻訳
-,

関連記事

米国人の満足度が2016年選挙前以来で最高に

<引用元:ザ・ヒル 2018.5.17> 17日に発表されたギャラップの調査結果によると、米国人は現在、国内で起きている状況について、2016年の大統領選挙の直前以来で最も満足している。

米調査:59%が 反トランプ派 の暴力を危惧、31%が内戦予測

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2018.6.27> 大統領補佐官に対する組織的な嫌がらせにまで発展した米国内の分断は、約6割が反トランプ派の暴力を懸念し、約3割が内戦に発展することを危惧する状況 …

世論調査:米国人はトランプ大統領の良識ある移民改革を圧倒的に支持

<引用元:ホワイトハウス 2018.2.14> CBS:10名のうち7名以上の有権者(72パーセント)が、大統領の移民改革と国境警備構想を支持した。いずれも大統領が一般教書演説で示した内容。(2018 …

2018年、トランプ減税で中小企業の景況感は過去最高に

<引用元:CNBC 2018.2.20>(抜粋) 2月20日に発表された最新のCNBC・SurveyMonkey中小企業調査によると、新たに成立した税制改革法案に対する中小企業経営者の楽観視数が上がり …

有権者の50パーセントがトランプを支持:ラスムッセン世論調査

<引用元:デイリー・コーラー 2017.6.16> ラスムッセンが金曜日に発表した世論調査によると、ドナルド・トランプ大統領は有権者の間で50パーセントの支持率を得ている。

アーカイブ

@JpWelovetrump