一般記事

独メルケル、仏マクロン、英メイいずれの支持率もトランプを下回る

投稿日:2017年11月20日

ワシントン・エグザミナーの11月19日付の記事によると、トランプ大統領の支持率が、ヨーロッパの主要3カ国首脳の最新の支持率と比較すれば極めて良好だということが分かる。

3カ国首脳の支持率、不支持率は、上の記事で引用しているZogbyによる調査結果(11月調査)によると次の通りだ。

  • メルケル:支持40パーセント、不支持49パーセント
  • マクロン:支持28パーセント、不支持52パーセント
  • メイ:支持28パーセント、不支持61パーセント

これに対して、ラスムセンの調査によるトランプ大統領の支持率は、先週末で42パーセントだった。画像は先日久々に46パーセントまで上がった時のものだが、8月に最低の38パーセントをマークしてからはほぼ40パーセント台前半から半ばを安定して保っている。

トランプ大統領の支持率が主要メディアの話題になるのは、決まって支持率が低下したときだ。もう一つ注目すべきなのは、それを発表しているのがトランプ氏の大統領当選を予測できなかったのと同じ人たちだということだろう。

-一般記事
-,

関連記事

黒人のトランプ支持率が36パーセントへ上昇

ラスムセン・レポートによると、2018年8月15日時点のドナルド・トランプ大統領に対する黒人の支持率が1年前の19パーセントから36パーセントに上昇した。同日の全体での支持率は49パーセントと記録され …

ギャラップ:トランプ支持率が46%に上昇

<引用元:ナショナルレビュー 2019.5.3>By John McCormack ギャラップの新しい世論調査で、ドナルド・トランプの大統領としての支持率が46パーセントという新記録を達成したことが分 …

トランプ大統領がUSAトゥデイ・サフォーク調査で最高の支持率、だがUSAトゥデイにとってはニュースにならず

<引用元:デイリー・コーラー 2019.6.20> ドナルド・トランプ大統領は、ある重要な全国世論調査で最高の支持率を記録したが、それを提示した報道機関のUSAトゥデイは、その事実を記事の中で全く触れ …

米調査:59%が 反トランプ派 の暴力を危惧、31%が内戦予測

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2018.6.27> 大統領補佐官に対する組織的な嫌がらせにまで発展した米国内の分断は、約6割が反トランプ派の暴力を懸念し、約3割が内戦に発展することを危惧する状況 …

2018年に離れた郊外の女性が、壁支持でトランプを支える存在に

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2019.2.22> 郊外の女性は、2018年の議会中間選挙で共和党から逃げ出した後、トランプ大統領に戻って来つつある。 その理由は、国境の壁を求める人が多いためだ …

アーカイブ

@JpWelovetrump