一般記事

独メルケル、仏マクロン、英メイいずれの支持率もトランプを下回る

投稿日:2017年11月20日

ワシントン・エグザミナーの11月19日付の記事によると、トランプ大統領の支持率が、ヨーロッパの主要3カ国首脳の最新の支持率と比較すれば極めて良好だということが分かる。

3カ国首脳の支持率、不支持率は、上の記事で引用しているZogbyによる調査結果(11月調査)によると次の通りだ。

  • メルケル:支持40パーセント、不支持49パーセント
  • マクロン:支持28パーセント、不支持52パーセント
  • メイ:支持28パーセント、不支持61パーセント

これに対して、ラスムセンの調査によるトランプ大統領の支持率は、先週末で42パーセントだった。画像は先日久々に46パーセントまで上がった時のものだが、8月に最低の38パーセントをマークしてからはほぼ40パーセント台前半から半ばを安定して保っている。

トランプ大統領の支持率が主要メディアの話題になるのは、決まって支持率が低下したときだ。もう一つ注目すべきなのは、それを発表しているのがトランプ氏の大統領当選を予測できなかったのと同じ人たちだということだろう。

-一般記事
-,

関連記事

マスコミの負け:報道の90%が否定的でも、大統領の支持率向上

<引用元:ワシントン・タイムズ 2018.5.8> 今年初めから4カ月間の、トランプ大統領に対するテレビ報道を広範に調査した結果、90パーセントが否定的なものだったことが判明した。2017年全体と同様 …

オバマ景気よりトランプ景気と見なす有権者が多数(世論調査)

<引用元:ラスムセン・レポート 2018.8.7> 失業率が18年で最低水準を維持し、ダウ平均株価が最高値を維持する中、党派による大きな分裂はあるものの、有権者は景気拡大がオバマ大統領よりもトランプ大 …

民主党の中間選挙の優位性が縮小、トランプ支持率は向上との調査結果

<引用元:FOXニュース 2018.10.21> ワシントン・ポストも民主党の「波」への期待が縮小していると見出しを付けている 中間選挙を数週間後に控えた全国世論調査によると、「青い波」のチャンスは民 …

CNNの調査結果:合同会議での演説後、7割がトランプに確信

<引用元:デイリー・コーラー 2017/3/1> CNNの行った調査によれば、火曜日の夜の両院合同会議での演説を聞いた後、アメリカ人の10人のうち7人がトランプ大統領とこの国の向かう方向性について、よ …

トランプとコミーどちらを信用?7割近くがトランプと回答:C-SPANアンケート

トランプ大統領に解任されたFBI前長官、ジェームズ・コミー氏が自身の本の発売を前にABCのインタビューに答えたのは15日。C-SPANはその後フェイスブック上でアンケートを行ったが、コミー氏とトランプ …

アーカイブ

@JpWelovetrump