記事翻訳

ギャラップ:トランプ支持率が46%に上昇

投稿日:

<引用元:ナショナルレビュー 2019.5.3>By John McCormack

ギャラップの新しい世論調査で、ドナルド・トランプの大統領としての支持率が46パーセントという新記録を達成したことが分かった。調査が行われたのは4月17日から4月30日までであり、ほとんどが4月18日にモラー報告書が公開されてから後のものだ。ギャラップは、「最新の支持率で、ドナルド・トランプ大統領のこれまでの35%から45%という狭い支持率の範囲から、最大値が1ポイント引き上がった」としている。

トランプは大統領に就任してから、ギャラップで以前の最高記録である45パーセントに達したことが3回ある。2017年1月の就任後、2018年6月の金正恩との会談後、そしてビル・バー司法長官が2019年3月にモラー報告書の要約を発表した後の3回だ。

一方、50パーセントを下回る調査結果は、特に強い経済を考慮すると、現職大統領としてはいい数字とは言えない。また大統領は現在、RealClearPolitics の世論調査平均ではジョー・バイデンに7ポイント、バーニー・サンダースに3ポイントのリードを許している。また一方で、大統領在職中の同時期(2011年4月)でのバラク・オバマの支持率はギャラップの調査で44パーセントだったが、それでもオバマは2012年の再選勝利のための方法を何とか見出すことができた。

-記事翻訳
-,

関連記事

カバノー氏の疑惑が共和党に有利に働いているとの世論調査

<引用元:FOXニュース 2018.10.4> 最高裁判事候補のブレット・カバノー氏を取り巻く歴史的な党派的怨恨のおかげで、共和党が11月に上院議席で勢力を維持することになる可能性があると、新しい世論 …

世論調査では米国人の半数近くがシャーロッツビルについてトランプに同意

<引用元:デイリー・コーラー 2017.8.18> 否定的な報道と共和党内からの批判にもかかわらず、18日に発表された世論調査ではアメリカ国民の半数近くがバージニア州シャーロッツビルで起きた暴力の原因 …

大多数がオバマよりトランプ政権下で「暮らし向き向上」(世論調査)

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2018.7.9> 2週間のうちに2度目となるが、最新の全国調査で大多数の米国人――特にヒスパニック系――が、オバマ元大統領よりもトランプ大統領の政権下で暮らし向き …

米国人の満足度が2016年選挙前以来で最高に

<引用元:ザ・ヒル 2018.5.17> 17日に発表されたギャラップの調査結果によると、米国人は現在、国内で起きている状況について、2016年の大統領選挙の直前以来で最も満足している。

世論調査:民主党、有権者の5分の1がジョー・バイデンに投票したことを後悔

<引用元:デイリー・コーラー 2021.9.6> 世論調査で、有権者の5分の1、また民主党でも約5分の1が2020年にジョー・バイデン大統領に投票したことを後悔していると答えたことが分かった。

アーカイブ

@JpWelovetrump