記事翻訳

有権者:バイデンが「米国を悪化させた」

投稿日:

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2022.12.20>ポール・ベダード氏によるワシントン・シークレット論説

米国の未来について有権者の楽観論がピークに達してからわずか3年で、今多くの人が、米国の最高の時代は過去の物だと考えており、希望が失われたのはジョー・バイデン大統領のせいだとしている。

最新のラスムセン・レポート世論調査で、米国の最高の時代が未来に待っていると答えたのはわずか38パーセントで、42パーセントはそれがすでに過ぎ去ったと考えている。

2019年の同様の調査と比較すると、ドナルド・トランプが大統領で2020年の世論調査でトップだった時、54パーセントは米国の最高の時代はまだこれからだと考えていた。

その間に変化した事は、コロナウイルスの登場、株式市場の急変、そして2020年と2022年の選挙だった。

ラスムセンはバイデンに焦点を当てて質問した。「一般的に言えば、ジョー・バイデン大統領は米国を国として良くしましたか?または悪くしましたか?それともバイデンが大統領になっても大差はありませんでしたか?」

大半の47パーセントは「悪くなった」と答え、34パーセントが「良くなった」と答えたとラスムセンはしている。政党は回答で一定の役割を果たした。共和党ははるかに批判的で70パーセントが「悪くなった」と答えたが、民主党の57パーセントは「良くなった」と答えた

ラスムセンは分析の中で述べた。「米国の未来についての楽観論は過去2年で急激に低下した。そして有権者の半分近くは、ジョー・バイデン大統領が悪化させたと考えている」

2019年4月を振り返ると、ラスムセンの同様の調査のタイトルは、「数年ぶりに、米国の最高の時代がやがて来るという意見が多数に」だった。

-記事翻訳
-

関連記事

CNNの調査結果:合同会議での演説後、7割がトランプに確信

<引用元:デイリー・コーラー 2017/3/1> CNNの行った調査によれば、火曜日の夜の両院合同会議での演説を聞いた後、アメリカ人の10人のうち7人がトランプ大統領とこの国の向かう方向性について、よ …

民主党の中間選挙の優位性が縮小、トランプ支持率は向上との調査結果

<引用元:FOXニュース 2018.10.21> ワシントン・ポストも民主党の「波」への期待が縮小していると見出しを付けている 中間選挙を数週間後に控えた全国世論調査によると、「青い波」のチャンスは民 …

民主党の75%が2024年大統領選にバイデン以外の人物を望むことが世論調査で判明

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2022.7.27> 最新の世論調査によると、民主党または民主党寄りだと自認する有権者の4分の3は、バイデン大統領以外の人物が2024年に党の旗手に選ばれることを望んで …

最新調査:約3分の1はトランプが正当な大統領選の勝者と回答

<引用元:JustTheNews.com 2021.1.5> Just The NewsとScott Rasmussenの最新共同調査によると、米国の有権者の約3分の1はトランプが2020年大統領選挙 …

有権者はバイデンのイスラエル政策に不満、トランプの政策により満足していた

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2021.5.17>ポール・ベダード氏によるワシントン・シークレット論説 およそ2対1の差で、有権者はドナルド・トランプ前大統領のイスラエルに対する政策のほうがジョ …

アーカイブ

@JpWelovetrump