記事翻訳

ポンペオ国務長官=北朝鮮には口先の約束ではなく行動を期待

投稿日:

4月26日に国務長官に就任したマイク・ポンペオ氏は29日、ABCのインタビュー番組に出演し、北朝鮮と非核化の交渉を行う見込みは現実的なものだとの見方を示した。その一方で、1カ月前に金正恩氏と極秘会談を行ったポンペオ氏は、過去の失敗を踏まえ、言葉の上での約束ではなく「行動」を期待していることを強調した。

引用元:ポリティコ 2018.4.29

またポンペオ氏はこう話した。「最終的に協議がどのように進展するかは誰にも分からない」「やるべき事はたくさんあるが、トランプ大統領のおかげで出来上がった状況が、このような機会をもたらしたということに大きな期待を持っている」

後にホワイトハウスの国家安全保障担当補佐官のジョン・ボルトン氏は、「Fox News Sunday」のインタビューで、トランプ政権がキム(金正恩)氏の巧妙な話について懐疑的な見方を取るべきだとしていることを繰り返し述べた。

ボルトン氏はこう話した。「トランプ政権には、これから起ころうとすることに夢想的な人は誰もいない」

Foxニュース司会者、クリス・ウォレス氏に促され、ボルトン氏はこう続けた。「これまで北朝鮮からは、同じような話を聞かされてきた。だから楽観的に機会を追い求める一方で、具体的な証拠を目にするまでは巧みな言葉に対して懐疑的であるべきだ」

(中略)

(ABCの)カール氏が、北朝鮮の指導者の話が信用できるかと尋ねると、ポンペオ氏は、米政権が「言葉通りに受け取るつもりはない」と答えた。

国務長官は、「動きと行動を期待している」「そのような時になるまで、それが達成できるまで、大統領は圧力を維持するつもりであることを非常に明確にしている」と話した。

カール氏がさらに念を押すと、ポンペオ氏は「米政権は注視している」と述べた。

ポンペオ氏はこう話した。「過去のことは承知だ。リスクのことは分かっている」「全く異なるやり方をするつもりだ。これまでに行われたのとは異なる方法で交渉する。そういった段階を要求するつもりだ。不可逆という言葉を使うつもりであることを強調したい。非核化が達成されることを示すような段階を要求する」

また次のように話した。「約束をしようというのではない。言葉通りに受け取るつもりはない。動きと行動を期待している」

-記事翻訳
-, ,

関連記事

ジョン・ボルトン突然の辞任でもトランプの外交政策が変わることがない理由

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2019.9.10>ジェームズ・ジェイ・カラファノ氏による寄稿 ジョン・ボルトン国家安全保障担当補佐官の突然の辞任をめぐり、ワシントンでは混乱が続いている。だがほとんど …

トランプが一般教書演説でゲストの脱北者の話を紹介

<引用元:デイリーコーラー 2018.1.30> トランプ大統領は1月30日の一般教書演説で、北朝鮮からの亡命者の話を紹介したが、それがハイライトだったと言っても良いだろう。

トランプ:「最大限の圧力」という言葉を再び使うのは交渉失敗の時

<引用元:ホワイトハウス 2018.6.7>安倍首相との共同記者会見から抜粋 トランプ大統領:そうだ。どうもありがとう。最大限の圧力の効果は間違いないものだ。その言葉をもう使わないのは、友好的な交渉に …

北朝鮮の核開発を阻止するための軍事行動に53%が賛成:FOXニュース調査

<引用元:FOXニュース 2017.4.27> 大多数の有権者は、北朝鮮の核兵器開発を阻止するためには軍事力が必要であると考えており、アメリカがそのような行動を起こすことにどちらかと言えば賛成している …

トランプがノーベル賞をディスる:「欲しいのは世界にとっての勝利という賞」

<引用元:ブライトバート・ニュース 2018.5.9> ドナルド・トランプ大統領は、自らの北朝鮮との和平交渉の取り組みが、ノーベル平和賞に値するかどうかという質問を一蹴した。 記者が、トランプ氏は自分 …

アーカイブ

@JpWelovetrump