記事翻訳

トランプがノーベル賞をディスる:「欲しいのは世界にとっての勝利という賞」

投稿日:

<引用元:ブライトバート・ニュース 2018.5.9

ドナルド・トランプ大統領は、自らの北朝鮮との和平交渉の取り組みが、ノーベル平和賞に値するかどうかという質問を一蹴した。

記者が、トランプ氏は自分のことをノーベル賞委員会の評価に値すると考えているかと質問すると、「みんながそう思っていても、私がそれを口にすることはない」とトランプ氏は答えた。

大統領は9日、ホワイトハウスで行われた閣僚会議の後、進行中の和平交渉についてコメントした。

トランプ氏は記者に、自らが関心を持っているのは北朝鮮との和平のための「最高の取引」だけだと述べた。

トランプ氏は次のように話した。「私はそれを完遂したいと考えており、欲しいのは世界にとっての勝利という賞・・・私が欲しい賞はそれだけだ」

トランプ氏は、拘留されていた3名の米国人が、10日の未明にマイク・ポンペオ国務長官と帰国すると見込まれる中、3名が解放されたことに感謝の意を示した。

トランプ氏は、「金正恩がこうして彼らを解放してくれたことを感謝する」と話した。

金正恩氏との会談が、北朝鮮と韓国の間のDMZでは行われないことが確認されたが、もうすぐ場所の発表が行われるだろうと、同氏は繰り返し述べた。

会談が失敗に終わる可能性があるかと質問されると、トランプ氏は、合意に達するまでは全てが一時的なものだと認めた。

トランプ氏はこう話した。「全てが断念される可能性もあるし、多くの事が起こる可能性もある」

-記事翻訳
-,

関連記事

トランプ:「最大限の圧力」という言葉を再び使うのは交渉失敗の時

<引用元:ホワイトハウス 2018.6.7>安倍首相との共同記者会見から抜粋 トランプ大統領:そうだ。どうもありがとう。最大限の圧力の効果は間違いないものだ。その言葉をもう使わないのは、友好的な交渉に …

トランプが一般教書演説でゲストの脱北者の話を紹介

<引用元:デイリーコーラー 2018.1.30> トランプ大統領は1月30日の一般教書演説で、北朝鮮からの亡命者の話を紹介したが、それがハイライトだったと言っても良いだろう。

北朝鮮から解放された米市民の父がオバマ政権の対応を非難

<引用元:ワシントン・フリー・ビーコン 2017.6.15>(抄訳) 北朝鮮での拘留から解放されたオットー・ウォームビアの家族は、2016年1月に拘留された息子に対するオバマ政権の対応を非難し、今週解 …

ポンペオ国務長官=北朝鮮には口先の約束ではなく行動を期待

4月26日に国務長官に就任したマイク・ポンペオ氏は29日、ABCのインタビュー番組に出演し、北朝鮮と非核化の交渉を行う見込みは現実的なものだとの見方を示した。その一方で、1カ月前に金正恩氏と極秘会談を …

トランプが北朝鮮との貿易関係について中国を非難

<引用元:ワシントン・フリー・ビーコン 2017.7.5> ドナルド・トランプは水曜日、ならず者国家の核の脅威に対する「中国の協力はやはりだめだった」とツイートして、中国が北朝鮮との経済関係を継続して …

アーカイブ

@JpWelovetrump