記事翻訳

司法省監察官がマッケイブFBI前副長官を連邦検察に送致

投稿日:

<引用元:ワシントン・タイムズ 2018.4.19

米司法省の監察官は、FBI前副長官のアンドリュー・マッケイブ氏について連邦検察に送致済みであり、刑事事件として立件するか判断されることになる。

送致について19日に初めて報道したのはワシントン・ポストだったが、マッケイブ氏の弁護士はこれを認めたものの、「不当」であると述べた。

共和党議員は、送致は適切な動きだとし、2016年の大統領選挙中のマッケイブ氏の言動は数多くの疑問を提起するものだと述べた。

監察官は、マッケイブ氏が2016年8月にウォールストリート・ジャーナルにリークしたことについて、繰り返し虚偽の証言を行ったと結論付けていた。リークは、FBIがクリントン財団を捜査中であることを認め、自らが捜査を止めさせようとしてはいないと主張するためのものだった。

マッケイブ氏は後にリークについて尋ねられると、当時の上司であるジェームズ・コミーFBI前長官に嘘をつき、その後リークを捜査していたFBI捜査官と監察官に対しても偽証したのだと、監察官は発表した。

刑事犯罪としての送致は、ワシントンDCの米国連邦検察局に対して行われた。

(中略)

共和党議員はこの知らせを歓迎した。

ノースカロライナ選出で共和党のマーク・メドウズ議員はこう話した。「アンドリュー・マッケイブがFBIの上司に嘘をついたのは1回ではない。2回でもないし、3回でもない。4回嘘をついた。宣誓証言で複数回だ」「ようやく、司法省でのこのような行為に対する説明責任を果たすことができる」

司法省のある元職員は、マッケイブ氏に対して刑事告訴が行われれば、コミー氏は証人となる可能性があり、「困った立場」に置かれることになる可能性があると述べた。

「マッケイブが嘘をついたか、コミーが嘘をついたかのどちらかしかない」とその人物は語った。

コミー氏は今週初めに、そもそも監察官にリークの捜査を依頼したのは自らであったことを明かしていた。

今回の送致のニュースが発表されたのは、議会の共和党保守派のグループがジェフ・セッションズ司法長官に宛てて、刑事手続きに着手するよう手紙で要請してからわずか1日後のことだった。それは、マッケイブ氏、コミー氏をはじめとする多くの司法省とFBI関係者が2016年大統領選挙の中で行った行為に対するものだ。

サラ・カーター氏の報道によれば、共和党議員のグループが司法省に送った手紙では、ヒラリー・クリントン元国務長官やロレッタ・リンチ前司法長官の名前も、刑事訴追すべきリストに挙げられている。

-記事翻訳
-, ,

関連記事

情報機関幹部はトランプがロシア疑惑の捜査に圧力を掛けたことを否定

<引用元:デイリー・コーラー 2017.6.7> 国家情報局と国家安全保障局の長官が、水曜日に、継続中のロシアの捜査についてトランプ大統領から圧力を受けたことはないと証言し、最近報道された内容は否定さ …

FBIはハンター・バイデン捜査を「積極的に」続行中、とレイ長官

<引用元:デイリー・シグナル 2022.8.4> FBIのクリストファー・レイ長官は8月4日の上院委員会公聴会で、参加者が仮説に基づく形でハンター・バイデンの海外取引上での不正疑惑について説明した際、 …

ジェームズ・コミー次の報いは目前――今回はリーク

<引用元:ザ・ヒル 2019.7.31>ジョン・ソロモン氏による寄稿 監察官から機密情報保護法違反で送致を受けたコミー元FBI長官。どうやらリークに対する起訴は免れたようだが、明らかになった事実からは …

元米連邦検事、司法省監察官が「大掛かりな」FISA乱用報告書を出すと予想

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2019.8.20> 外国情報監視法(FISA)乱用疑惑に関する司法省監察長官の報告書は、複数の起訴勧告を含む「容赦のない」ものとなるだろう、と元米国連邦検事のガイ …

FBI長官、TikTokの安全保障上の問題についてトランプが正しかったことを認める

<引用元:FOXニュース 2022.12.2> ドナルド・トランプ前大統領が、とりわけ若者のユーザーに人気のソーシャルメディア・アプリ、TikTok(ティックトック)について国家安全保障上の問題を提起 …

アーカイブ

@JpWelovetrump