記事翻訳

2018年、トランプ減税で中小企業の景況感は過去最高に

投稿日:

引用元:CNBC 2018.2.20>(抜粋)

2月20日に発表された最新のCNBC・SurveyMonkey中小企業調査によると、新たに成立した税制改革法案に対する中小企業経営者の楽観視数が上がり、2018年の中小企業の景況感は急上昇しつつある。

CNBC・SurveyMonkeyの第1四半期中小企業景況感インデックスは、57から62へと5ポイント増加し、CNBCとSurveyMonkeyが昨年評価を開始してから最高となり、四半期ごとの増加ポイントも最大となった。これは、ドナルド・トランプ大統領が2017年12月22日にTax Cuts and Jobs Act(減税・雇用法案)に署名してから最初の調査である。

第4四半期の時点で、中小企業の経営者は、租税政策がビジネスに与える影響に関する中核的な疑問に対して意見が二分されていた。意見は著しく変化してきた。租税政策の変更が、プラスの効果をもたらすと考える人が、マイナスとなるとする人の2倍となっているのだ。アンケートに答えた46パーセントが租税政策の変更には肯定的な影響があると言っており、第4四半期での38パーセントから増加している。否定的な影響があると言う人の数は急落しており、第4四半期では36パーセントだったものが最新の調査では23パーセントとなっている。

また、超党派ロビー団体の全米中小企業協会は最近、2017年度の年末経済報告書を発表したが、全米の経済はわずか6カ月前よりも向上していると感じている中小企業経営者が、半数以上であることが分かった。これに対して2016年12月では43パーセントが同様の回答をしており、2015年12月ではわずか20パーセントであった。さらに59パーセントが翌年(2018年)の景気拡大を予想しており、中小企業経営者の3分の1が自らの事業の将来について大いに自信があると答えた。これは10年以上で最高のレベルである。

-記事翻訳
-, ,

関連記事

予想を上回る30万4千の雇用増加の中、トランプ政策により好景気が継続

<引用元:ホワイトハウス 2019.2.1> <大統領経済諮問委員会> 労働統計局(BLS)は2018年最初の雇用情勢レポートを公開した。米国経済で新年も引き続き歴史的な雇用拡大が継続していることを示 …

米国、9日には一部でコロナウイルス給付金の受け取り始まる

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2020.4.9> 多数の米国人が1,200ドルの救済金を9日から受け取る予定だ。コロナウイルスの影響を受けた市民に対する給付金支払いの第1弾が始まる。 最初の受領者グ …

トランプの2020再選は良い状況、中間選挙も共和党が生き残る、と世論調査専門家

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2018.4.30> ホワイトハウスに近い2人の世論調査専門家によると、トランプ大統領は、2020年の再選に対して「良い状況」にあり、今度の2018年の中間選挙で共 …

世論調査:共和党の53%は依然トランプが「真の」大統領と答える

<引用元:デイリー・コーラー 2021.5.24> ロイターが24日に発表した世論調査によると、共和党有権者の半数以上は依然として、ドナルド・トランプ前大統領が2020年大統領選挙に勝ち、ジョー・バイ …

世論調査:バイデン下で国が「良い」状態だと答えたのは米国人の10人に3人のみ

<引用元:デイリー・コーラー 2021.11.22> 21日に発表されたCBSニュース・YouGov世論調査によると、米国人10人のうちわずか3人が、ジョー・バイデン大統領の下で国が「やや良い」状態だ …

アーカイブ

@JpWelovetrump