ドナルド・トランプNEWS

ドナルド・トランプ大統領関連ニュース情報サイト

記事翻訳

フロリダ銃乱射事件で娘を失ったトランプ支持者の父がホワイトハウスで訴えたこと

投稿日:

<引用元:デイリーコーラー 2018.2.21

アンドリュー・ポラック氏がマイクを持ち、トランプ大統領に学校で起きた銃乱射事件について自分の考えを伝えたとき、その場は静まり返った。

ポラック氏が先週娘のメドウさんを亡くしたのは、パークランドのストーンマン・ダグラス高校で、精神の錯乱した男がセミオートマチック(半自動式・引き金を引いて銃弾を発射した後に、自動的に薬きょうを排出し、次の銃弾が装填されるもの。1度引き金を引くたびに発射される弾丸は1発。)ライフルで乱射した時のことだった。

ポラック氏は、亡き娘であるメドウさんの写真を掲げる際に着ていた、トランプ2020シャツ(トランプ氏の2期目の大統領当選を応援するもの)のためにネット上で批判を受けていた。

記者のアレクサンドラ・セルツァ氏は、このポラック氏の写真をツイッターに投稿した。彼が、17歳で命を絶たれた犠牲者の1人である娘のメドウ・ポラックさんの写真を掲げている写真だ。

この日(21日)、先週フロリダで起きた恐ろしい学校銃撃を経験した生徒と家族がホワイトハウスに集まり、トランプ大統領と面談した。トランプ氏は、家族と生徒たちをホワイトハウスのステートダイニングルームに集め、生徒たちが代わる代わるマイクを取って話す内容に耳を傾けた。ポラック氏がマイクを取る番になり、胸をえぐられるような話を始めると全員が静まり返った。

ポラック氏の発言全文は書き起こすだけの価値のある内容だ:

私がここにいるのは、娘はもう話すことができないからです。

娘は先週殺され、我々から奪われました。3階にいて9発撃たれたのです。我々は国として子供たちの期待を裏切りました。このようなことは起きるべきではありません。空港に行けば水のペットボトルを持って飛行機に乗れないのに、けだものが学校に歩いて入って来て、子供たちを撃てるようにしたままです。それは全く正しい事ではありません。

我々は国として団結し、重要な問題に取り組む必要があります。

それは学校にいる自分の子供たちを守るということです。今重要なことはそれだけです。全員が団結しなければなりませんが、いろんな法律のことを考えるのではありません。国として団結する必要があるのであって、いろんな党のことは関係なく、どうやって学校を守るかを考え出す必要があるのです。単純なことです。

難しくはありません。空港は保護されています。コンサート会場、競技場、大使館は守られています。今日行った教育省では、エレベーターに警備員がいました。それを見て私がどんなふうに感じたと思いますか?エレベーターに警備員がいるのです。これが起きたことで本当に怒りを覚えます。それはこういうことがずっと起こり続けているからです。

以前9・11が起きて、全部修正されました。学校がどれだけ、子供たちが何人撃たれなければならないのでしょうか?それはここで、この政権と私によって終わらせます。解決するまでは眠るつもりはありません。そして大統領、我々が解決するのです。私は解決するつもりです。休むつもりはありません。

息子たちはこのことと共に生きていく必要があります。みんなに分かって欲しいです。これを見てください。私は1人の男性ですが、子供たちもこれを経験して、自分たちの妹を埋葬して・・・。私がずっと言い続けるのは、十分に理解して欲しいからです。このことを忘れないように。我々は忘れることはできません。

学校でのこういった銃撃は筋の通らないことです。解決しなければなりません。

学校の銃撃は一度で良かったのです。それで解決しておくべきでした。私は我慢なりません。自分の娘にもう二度と会うことがないからです。彼女はいません。ここにはいないのです。ノース・ローダーデールの・・・キングデイビッド墓地にいます。今ではそこが娘と会う場所です。

我々が協力し合って、学校の安全について正しい考えを見つけ出すなら・・・。銃の法律のことを言っているのではありません。それは別の戦い、別の争いです。学校のことを解決しましょう。それから好きなように何でも論争すれば良いのです。けれども我々は子供たちを安全にする必要があります。月曜日、明日、どんな日であっても、みなさんの子供は学校に行きます。みんなの子供たちが安全だと思いますか?

自分に起こるとは思っていませんでした。分かっていたなら毎日学校に行っていたでしょう。もし危険だと分かっていたなら。もうたくさんです。団結して大統領と協力して学校の問題を解決しましょう。それだけです。他のことを話す必要はありません。・・・もう二度と子供に会えることはありません。・・・二度と子供に会うことはないのです。十分に理解して欲しいと思います。永遠です。私の素晴らしい娘に二度と会うことはないのです。それは簡単なことです。解決できます。

 

-記事翻訳
-

関連記事

トランプのNRAでの演説の4つのポイント

<引用元:デイリー・シグナル 2018.5.4> ドナルド・トランプ大統領は5月4日、銃に対する権利を支持する全米最大の団体で演説を行ったが、憲法修正第2条と学校の安全とは離れた多くの問題点についても …

学校銃撃事件のために銃の携帯を検討する教師が増加

<引用元:FOXニュース 2018.3.2> ケイシー・ハンセンさんは銃が嫌いだった。 彼女はソルトレイクシティ地域の特別教育の教師だ。銃のない家庭で育ち、一度も狩猟に行ったことはなかった。彼女は学校 …

「アサルトウェポン」神話と銃持ち込み禁止区域の弊害:トランプは教師の武装化を支持

米フロリダ州の高校で14日に起きた悲惨な銃乱射事件後、ドナルド・トランプ大統領は、身元調査の徹底や年齢制限の引き上げなどに前向きな姿勢を示す一方で、いわゆる「アサルトウェポン」禁止には否定的であり、抑 …

オバマ時代の政策のせいでフロリダ銃乱射犯は野放しにされた

米フロリダ州の高校で起きた銃乱射事件については、その後様々な情報が明らかになっている。主要な報道で銃規制が大きく取り上げられている一方で、生徒に犯罪歴を持たせないように「守る」オバマ政権による政策のせ …

14日の全米の学生による銃規制デモ、強制されたという声も

3月14日、全米各地の学校で銃規制の強化を求める抗議活動が行われた。しかし、中には参加を強制されたという声もあり、多くの報道ではデモに参加していない人たちの声を拾い上げていないようだ。