一般記事

トランプがプロライフイベント「マーチ・フォー・ライフ」で演説、大統領としては初

投稿日:

ホワイトハウスのサラ・サンダース報道官は17日、トランプ大統領が19日に開催される「マーチ・フォー・ライフ」で現職の大統領としては初めて衛星中継で演説を行うことを発表した。

marchforlife.orgより

ホワイトハウス発表資料から引用:

「私たちは今週金曜日についての発表に胸を躍らせています。大統領は、現職の大統領としては初めてホワイトハウスから衛星中継でマーチ・フォー・ライフのための演説を行います。これはローズ・ガーデンから行われます。大統領は胎児の生命を守ることに熱心に取り組んでおり、この歴史的なイベントに参加することに胸を躍らせています」

マーチ・フォー・ライフは、米国で人工妊娠中絶が合法化された1973年から毎年1月に開催されており、今回で45回目を迎える。その使命は、「アメリカ人全員に生命のすばらしさと人間一人一人の尊厳を証言する場を提供すること」だとしている。

マーチ・フォー・ライフのジーン・マンチーニ会長は次のように述べている。

「トランプ大統領は就任以来、プロライフの理念に対する選挙公約に忠実であり、胎児を保護するために積極的に働いてきました。これまでの一年でトランプ政権はプロライフ政策を著しく進展させました。その指導力の下で今後一年も、さらなるプロライフの功績が残されると確信します」

ジーン・マンチーニ会長(Twitterより)

-一般記事
-,

関連記事

トランプ大統領アリゾナMAGA大会のハイライト(動画)

<引用元:フェイスブックページ 2017.8.24> 「このヘイトグループに舞台を提供しているのは、メディアとフェイクニュースだけです。 マスコミは私を攻撃しますが、それはみなさんを攻撃するということ …

宗教の自由についての国連会議でのトランプ大統領の言葉

<引用元:ホワイトハウス 2019.9.23> ニューヨーク市、国連本部 トランプ大統領:とても素晴らしいです。どうもありがとうございます。とても素晴らしいです。マイクに感謝したいと思います。本日、米 …

この中絶サバイバーがトランプ大統領に感謝しなければならなかった理由

<引用元:デイリー・シグナル 2019.2.22> メリッサー・オーデンは14歳の時、生みの母親が食塩水による中絶を余儀なくされたことを知った。そこで彼女は、母胎内で推定31週であったにもかかわらず、 …

トランプが一般教書演説でゲストの脱北者の話を紹介

<引用元:デイリーコーラー 2018.1.30> トランプ大統領は1月30日の一般教書演説で、北朝鮮からの亡命者の話を紹介したが、それがハイライトだったと言っても良いだろう。

トランプはもちろん経済の話をしているが、違うと言っているのは誰?

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2018.11.5>バイロン・ヨーク氏による論説 中間選挙キャンペーンの土壇場であることが話題となった。経済は好調なのに、トランプ大統領は自身の大規模集会ではその話 …

アーカイブ

@JpWelovetrump