一般記事

FISA悪用の証拠が下院で公開、政府高官の更迭・モラー捜査終了の可能性も

投稿日:2018年1月19日

ジャーナリストのサラ・カーター氏が入手した情報によると、18日、米国のFISA(外国情報監視法)が広範に渡って悪用されたことを示す機密文書についての報告書が、下院議員全員に公開された。消息筋は、新事実の発覚によりFBIと司法省の幹部職員が更迭される可能性にも言及している。

カーター氏が情報を得た複数の人物の話では、ロバート・モラー特別顧問によるトランプ大統領とその側近に対する捜査が終了することになっても驚かないほどの、衝撃の内容だという。

明らかにされた内容には、トランプ氏とその選挙陣営とがロシアと共謀したとする、いわゆる「スティール文書」と呼ばれる疑惑の文書に関わる情報も含まれている。

ある政府高官は、文書の機密性ゆえ匿名を条件に次のように述べている。

「文書には厄介な行為の経過が示されており、国民に分かるよう公開する必要がある。いったん国民の目に留まれば、責任を負うべき関係者を様々な方法で抑えることができる」

その高官は文書を読んだ後、「この中には政府の職に留まるべきでない者もいる」と述べ、次のように語った。

「これを見るのが耐えがたい人が多くいるだろう。特にマスコミにとってはなおさらのことだ。というのも(スティール)文書を重視しないようにしてきていたからだ。マスコミの言う共謀というストーリーに穴が開くことになるだろう」

これまでの報道で、FBIはスティール文書をFISAによる盗聴許可の申請に利用しており、スティール文書のために資金を提供したのはヒラリー陣営とDNC(民主党全国委員会)であることが判明している。

議員の中には今月末までに内容が公開されるのではないかと見ている向きもある。

また、マット・ゲイツ下院議員(共和党、フロリダ州)は、この情報に言及したと思われる声明を発表し次のように述べ、情報の一般公開を強く求めている。

「下院は、FBIと司法省に関して情報委員会が準備したメモを即座に公開しなければならない。このメモに含まれる事実は驚愕の内容であり完全な透明性を必要とするものだ。民主主義を守るためにこの情報を公開することほど優先順位の高いことはない」

-一般記事
-, , ,

関連記事

ウォーターゲートの元顧問:トランプとニクソンの比較は「およそばかばかしいことだ」

<引用元:ブライトバート・ニュース 2017.5.17> ウォーターゲート特別委員会の元少数党副顧問のマイケル・マディガンは、ウォーターゲート事件とFBIのコミー長官解任を比較することを「およそばかば …

FBI捜査員ストラックとFISA裁判所判事の友人関係が判明

ロシア疑惑捜査で注目を集めたFBI捜査官ピーター・ストラック氏と、不倫相手の同職員リサ・ページ氏の間で交わされたメールの一部が新たに公開され、マイケル・フリン氏の裁判を担当した判事とストラック氏が親し …

反トランプ文書に関する議会捜査にFBI、司法省から激しい抵抗

<引用元:FOXニュース 2017.10.11> FOXニュースが議会記録を検証した結果、FBIと司法省は3月以来、疑惑のトランプ文書に関する情報を追求する下院情報委員会の要求をことごとく却下するか無 …

ロジャーズ大将が暴いたもう一つのFISA不正

2016年、当時の米国家安全保障局(NSA)のマイケル・ロジャーズ長官(海軍大将)は、外国人監視法(FISA)によって傍受したデータの照会に不正があることを発見した。 コンプライアンスチームによる調査 …

FBI情報提供者の5千ページの証拠文書はウラニウム・ワン疑惑解明につながるのか

FBIの情報提供者、ウィリアム・キャンベル氏は、ロシアによる米国のウラン市場を独占しようとする計画に関する証拠を、6年間に渡って収集していた。ザ・ヒルはその5,000ページ以上の文書を検証し、新たな事 …

アーカイブ

@JpWelovetrump