一般記事

ヒラリーのメール問題に対するFBI捜査に新たな複数の疑問符

投稿日:2017年12月15日

ヒラリー・クリントン元国務長官が個人のメールサーバーを使用していた問題に対するFBIの捜査に、複数の新たな疑問点が浮上している。捜査当局幹部の政治的中立性に関わる重大な問題だ。

FOXニュースは、上院国土安全保障委員会の委員長であるロン・ジョンソン上院議員が、14日にFBI長官に向けて送った手紙から、2つの疑惑を報道している。いずれもジェームズ・コミーFBI元長官が2016年の7月に、ヒラリー氏が起訴に当たらないと発表した際の声明の草案に関するものだ。

1つは今回初めて明らかになったと思われる内容。初期の草案でコミー氏は、「敵対的な行為者」がヒラリー長官(当時)のメールアカウントにアクセスしていた「可能性がかなり高い」と書いていた。ところがその後、「可能性がある」という控えめな表現に書き換えられた。

もう1つは、既に他の報道でも明らかになっていたことだが、当初ヒラリー氏に「重大な過失がある」としていたものが、のちに「極めて不注意」と書き換えられたというものだ。この修正で重要な点は、法的に重大な差異があるということだ。

ジョンソン議員は、手紙の中で最初の草案は「犯罪性の認定」と読み取れると述べている。

また上述した以外にも、機密情報が「莫大な量」であったことへの言及も、最終的な声明からは削除されていた。

そしてもう1つ重要な問題がある。

当時FBIで防諜局の副部長代理を務めていたピーター・ストラック氏が、トランプ大統領に対する極めて強い悪意を持ったメールを、不倫相手とやり取りしていたことが最近明らかになった。声明文草案の「重大な過失がある」を「極めて不注意」に書き換えたのは、そのストラック氏だったのだ。

ストラック氏は、不倫相手であったFBI弁護士のページ氏に送ったメールで、トランプ氏のことを「忌まわしい人間」「ばか野郎」などと呼んでいた。

ワシントン・フリービーコンの記事によれば、ストラック氏はあるメールの中で、「ヒラリーについて話すのに追跡を受けないようにするため」別の電話を使用することについて言及していたことが問題視されている。しかもそのメールがやり取りされたのは、ストラック氏がヒラリー氏の側近のフーマ・アベディン氏とシェリル・ミルズ氏をメール疑惑捜査のために聴取する数日前のことだった。

司法省の監察官は、ヒラリー氏のメール捜査に対する司法省の対処について調査中であり、ストラック氏の問題のメールもその中で見つかったものだとされている。

コミー氏がヒラリー氏本人の聴取も終わっていない時点で、不起訴の結論を出していたことが明らかになったのは8月のことだった。

-一般記事
-, ,

関連記事

コミーFBIが受けた汚名(オピニオン)

<引用元:ウォールストリート・ジャーナル 2018.6.14>WSJ編集委員による社説:The Disgrace of Comey’s FBI 不正を明らかにした監察官報告書によって、国民の信頼を早急 …

米連邦地裁、ヒラリーにメール問題のさらなる疑問への回答を求める判決

<引用元:ジューディシャル・ウォッチ 2018.11.15> YouTubeより (ワシントンDC)ジューディシャル・ウォッチは、米国連邦地方裁判所のエメット・G・サリバン判事が、ヒラリー・クリントン …

トランプの盗聴疑惑に関する多くの疑問(と、いくつかの答え)

<引用元:デイリー・コーラー 2017.3.6> 先週末からの、オバマ大統領がトランプに対する盗聴を命じたとするドナルド・トランプの主張は、トランプのアドバイザーとロシア政府とのつながりに対する継続中 …

独占記事:ジェームズ・コミーは「FBIの信頼を裏切った」と元FBI副長官が語る

<引用元:ブライトバート・ニュース 2017.5.10> 元FBI副長官はブライトバート・ニュースに、ドナルド・トランプ大統領がジェームズ・コミー長官を解任したのは正当な理由によるものであると述べた。

ヒラリーの新刊に対する記事の見出しを見てみよう

<引用元:ワシントン・タイムズ 2017.9.12>(抜粋) 噂は良くも悪くもあり、好奇の目もそそがれている。ヒラリー・クリントンが2016年の大統領選挙について書いた519ページの本、「What H …

@JpWelovetrump