一般記事

トランプ経済は高い支持率を達成

投稿日:

ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)とNBCが10月に行った最新の調査では、トランプ大統領の経済に対する取り組みについて42パーセントが支持すると答え、不支持の37パーセントを上回った。

12月10日付のWSJの記事によると、8月以降で経済政策に対する支持率と不支持率が逆転している。ギャラップの調査でも経済への取り組みへの支持率は45パーセントだ。

米国の失業率は過去17年で最低を記録しており、ホワイトハウスは11月に22万8千人の雇用が創出されたことを称賛した。サンダース報道官は、トランプ大統領の大胆な経済展望の成果であるとし、「アメリカ経済を不必要な規制と税金から解放している」ことを強調している。

一方大統領の総合的な支持率についての主要メディアによる調査結果は芳しくない。ピュー研究所は先日、最新の調査結果として32パーセントという最低の支持率を記録したことを発表している。しかし、WSJの10月の調査では38パーセントの支持率であった。

32パーセントであったとしても、マクロン、メイ両首脳よりはましかもしれない。また、ラスムセンの調査ではトランプ大統領の支持率は、9月以降で40パーセント台前半を保っている。

-一般記事
-

関連記事

トランプの支持率がオバマの同時期の支持率を上回る

<引用元:デイリー・コーラー 2019.12.18> ドナルド・トランプ大統領の支持率は、米国史上3番目に弾劾追訴を受けた大統領となるという危機的状況にもかかわらず、バラク・オバマ元大統領の政権同時期 …

ギャラップでのトランプ支持率が「最高」維持、オバマ、ブッシュを上回る

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2020.5.16>ワシントン・シークレット論説 相次ぐ批判的な報道と民主党のやじにもかかわらず、トランプ大統領の支持率は最新のギャラップ調査で「最高」に留まってお …

トランプのチャンス:バイロン・ヨーク今日のメモ

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2020.10.12>バイロン・ヨーク氏による論説 トランプのチャンス。毎日新しい世論調査が発表され、民主党の挑戦者ジョー・バイデンが、トランプ大統領に大きくリード …

ギャラップ:人種間関係の満足度がトランプ就任以後14%上昇

<引用元:デイリー・コーラー 2020.1.30> ギャラップは27日、人種間関係に対する満足度がトランプ大統領就任以後14パーセント上昇したと報告した。 米国で黒人とその他のマイノリティーの立場に満 …

世論調査:2024年選挙で共和党有権者の間ではトランプ優勢、不出馬ならデサンティス首位

<引用元:JustTheNews 2021.5.12> 共和党有権者は、2024年大統領選挙を仮定した場合に依然としてトランプ前大統領を圧倒的に支持しているが、万一トランプが出馬しないと決定した場合、 …

アーカイブ

@JpWelovetrump