一般記事

トランプ経済は高い支持率を達成

投稿日:

ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)とNBCが10月に行った最新の調査では、トランプ大統領の経済に対する取り組みについて42パーセントが支持すると答え、不支持の37パーセントを上回った。

12月10日付のWSJの記事によると、8月以降で経済政策に対する支持率と不支持率が逆転している。ギャラップの調査でも経済への取り組みへの支持率は45パーセントだ。

米国の失業率は過去17年で最低を記録しており、ホワイトハウスは11月に22万8千人の雇用が創出されたことを称賛した。サンダース報道官は、トランプ大統領の大胆な経済展望の成果であるとし、「アメリカ経済を不必要な規制と税金から解放している」ことを強調している。

一方大統領の総合的な支持率についての主要メディアによる調査結果は芳しくない。ピュー研究所は先日、最新の調査結果として32パーセントという最低の支持率を記録したことを発表している。しかし、WSJの10月の調査では38パーセントの支持率であった。

32パーセントであったとしても、マクロン、メイ両首脳よりはましかもしれない。また、ラスムセンの調査ではトランプ大統領の支持率は、9月以降で40パーセント台前半を保っている。

-一般記事
-

関連記事

世論調査では米国人の半数近くがシャーロッツビルについてトランプに同意

<引用元:デイリー・コーラー 2017.8.18> 否定的な報道と共和党内からの批判にもかかわらず、18日に発表された世論調査ではアメリカ国民の半数近くがバージニア州シャーロッツビルで起きた暴力の原因 …

FOXニュース調査会社の弾劾世論調査の結果は不正確:分析

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2019.10.12> 先週FOXニュースは、大部分の米国人がトランプ大統領の弾劾を支持しているとする調査結果を発表したが、共和党と無党派の有権者を過小に示していたこと …

トランプの下での記録的経済楽観、レーガン、クリントン、オバマを超える

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2020.2.5>ワシントン・シークレット論説 最新の調査でトランプ大統領の下で経済楽観主義が44年で最高に達し、経済の沈滞は最低となっており、国民が個人として数十 …

出口調査:過半数の有権者がモラー捜査は政治的な動機によるものだと回答

<引用元:デイリー・コーラー 2018.11.6> CNNが集計した出口調査データによれば、6日の投票に訪れた有権者の過半数が、モラーの捜査が政治的な動機によるものであると思うと答えたという。 モラー …

米国勢調査での市民権の質問をヒスパニック有権者も過半数が支持

<引用元:ワイントン・タイムズ 2019.7.9> ラテン系コミュニティーの参加を損なう恐れがあるという民主党議員の主張をよそに、2020年国勢調査で市民権について質問することを米国有権者の3分の2が …

アーカイブ

@JpWelovetrump