記事翻訳

ジェニファー・ローレンス=トランプのせいで「母なる自然の怒り」がハリケーンを起こした

投稿日:

<引用元:mrcNewsBusters 2017.9.7>

アメリカの女優ジェニファー・ローレンスは、イギリスの公共テレビ放送であるチャンネル4とのインタビューの中で、最近起きたハリケーンはドナルド・トランプ大統領に投票した人たちの責任であり、人間が気候変動の原因だということを信じないせいだとほのめかした。ローレンスの新作映画Mother!についてのインタビューの中盤で、話題は政治的な内容へと向かった。男女の賃金格差について話した後、インタビュアーはローレンスに、気候変動とアメリカの政治問題について質問した。

「監督にこの映画について、非常に暗いのはなぜかと尋ねたとき、監督は『今は生きるのが大変だ時代だ』と答えました。確かに世の終わりのような感覚があります。多くの人にとって、アメリカでは今特にそうだと言えるのでしょうね」とチャンネル4のインタビュアーはローレンスにコメントを促した。

恐ろしいことですね」とローレンスは答えた。「こういう新しい考え方が出て来てるのは、私には分からないことですが。気候変動が人間の活動によるものだと知ることも恐ろしいことですが、私たちはそれを無視し続けています。そして、選挙によってしか本当に自分の意見を示すことはできないわけです」とローレンスは話した。

「あなたの国ではごく最近選挙がありましたが」とインタビュアーは応じた。

それに対してローレンスは、「選挙がありましたたが本当に驚きの結果でした」と答え、ハリケーンはトランプを選んだアメリカに対する「母なる自然の激しい怒り」だとほのめかした。

「今ハリケーンが来ているのをご存知でしょうが、特にこの映画のプロモーションをする中では、母なる自然の激しい怒りを感じざるを得ません」とローレンスは話した。

「アメリカでは気候変動のことだけではないでしょう?大きな分断が起きているようです」とインタビュアーは述べた。

「本当に二極化して大変な状態です。テレビで色々なことを見聞きすると、ショックを受けて嫌な気分になります。まったく複雑です」とローレンスは語った。

「トランプ大統領が複雑だということでしょうか?」とインタビュアーは掘り下げた。

「大統領が複雑だとは思いません。どういう人物かはっきり分かっています」とローレンスは厳粛に語るとその後作り笑いを浮かべた。

インタビューの最後に、未来についてどのように感じているかという質問があった。ローレンスはトランプがアメリカを主導することにあまり希望を抱いておらず、自分の最新作の映画がアメリカで起きていることに対する「怒りの声」だと述べた。

「希望を感じるべきでしょう。誰であってもそうです。絶望してばかりいられません。しかし、あるプロデューサーはこの映画のことを『やり場のない怒りの声』と呼んでいます。月に対して無力に吠えるようなものです。何か攻撃するかのように」

ローレンスは、トランプが大統領になる以前にも辛口の批評をしてきた。2015年にはトランプが大統領になれば「世界の終わり」になると主張していた。また、2016年に放送されたトークショーの中ではトランプに対して「ファッ〇・ユー」と発言した。トランプが当選すると、ローレンスはフェミニストの若い女性にそれに対して激怒することを勧める内容の公開書簡を書いた

 

 

-記事翻訳
-,

関連記事

ライス元国務長官がカニエ批判者を一蹴:「黒人とはどうあるべきだと言われる筋合いない」

<引用元:デイリー・コーラー2018.5.2> 元国務長官のコンドリーザ・ライス氏は、FOXビジネス・ネットワークの番組で5月2日の朝、有名なラッパーのカニエ・ウェスト氏を声高に擁護した。

カニエ・ウェスト がトランプ支持スピーチ:「ニュースの9割はリベラルだ」

<引用元:ブライトバート・ニュース 2018.9.30> 「アメリカを再び偉大に」の帽子をかぶったカニエ・ウェストは、サタデー・ナイト・ライブ(SNL)の第44シーズンのプレミアを情熱的な政治的演説で …

「グレイズ・アナトミー」人気俳優がトランプホワイトハウス訪問後に民主党を去った決心について語る

<引用元:FOXニュース 2019.9.4> FOXネーションの「Nuff Said」最新エピソードや「グレイズ・アナトミー 恋の解剖学」の人気俳優、イザイア・ワシントンは、民主党を去るという自身の決 …

トランプ支持のミスコン入賞者が、「善良な性質」違反で王座剥奪

<引用元:デイリー・コーラー 2019.7.19> ドナルド・トランプ大統領を支持する中国系米国人のミスコン参加者は、ミスワールド・アメリカが、ソーシャルメディアの内容が性格の必要条件に違反したことを …

ハリウッド新作映画にトランプ批判のサブリミナル!?

アメコミのヒーロー、ウルヴァリンが登場するハリウッドの新作映画「ローガン/LOGAN」。インフォウォーズの司会者、ジョー・ビッグスはこの映画にトランプ大統領を批判するメッセージが込められているのではな …

アーカイブ

@JpWelovetrump