記事翻訳

ロレッタ・リンチ元司法長官の元顧問、現在リンチに対する議会調査の一員に

投稿日:

<引用元:ワシントン・タイムズ 2017.8.9>

上院司法委員会は、ロレッタ・リンチ元司法長官がヒラリー・クリントンに対するFBIの捜査に影響を与えた疑いについて調査中だ。昨年、ビル・クリントンとリンチ氏が空港の滑走路で会談を行ったことがスキャンダルとして報道されたが、そのマスコミ対応の調整に協力していた人物がいた。そして、その人物こそが、現在上院司法委員会の民主党法律顧問の一人として働いているのだ。

クリントン氏ととリンチ氏は二人とも、2016年の6月にフェニックスの空港で偶然出会って面談したのだと主張している。そのわずか数時間後には、クリントン夫人が国務長官時代に個人のメールアカウントを使用して機密情報を暴露したかどうかという議論に、オバマ政権の司法省が介入した。その二人の会談のために、ジューディシャル・ウォッチとその他の団体は多数のFOIA(情報公開法)要求を行い、その結果413ページの文書が公開され、今週初めには電子メールのやり取りが公開された。

8月9日のワシントン・フリー・ビーコンの報道によると、司法省の元顧問ページ・ハーウィグは、クリントン氏とリンチ氏が会談した際に飛行機に同乗しており、その後、司法省によるマスコミ対応のドラフトを作成した。そしてハーウィグは現在、リンクドインなどの情報によれば、上院司法委員会で民主党の法律顧問を務めているというのだ。

ジェームズ・コミーFBI元長官の証言によると、リンチ氏はクリントンのメール捜査についてコミー氏がどのように話すべきか促そうとしたため、コミー氏はリンチ氏の中立性について当惑したと示唆していた。コミー氏は、司法省の伝統に敢えて逆らって、昨年の大統領選挙のさなかにクリントン夫人についての捜査結果を明かしたが、一つにはそれが理由だったと述べた。

また、司法省の同様の文書によって、リンチ氏が公式な司法省のやり取りの中で、「エリザベス・カーライル」という偽名を使っていたことも明らかになった。専門家の話では、高官が偽名を使用するのは情報開示法を避けるための手段だということだ。

同日、トランプ大統領はツイッターで、司法省のメールを主要マスコミが受け取っていたことに対する報道が少ないことに怒りを表した。「メールによって、アマゾンのワシントンポストと落ち目のニューヨーク・タイムズは、クリントンとリンチが飛行機で密談したことを報道するのを渋っていたことが明らかになった」

-記事翻訳
-, , ,

関連記事

トランプ、司法省に不満:ヒラリーについて「司法省はどこへ行った?」

<引用元:ブライトバート・ニュース 2017.11.3> ドナルド・トランプ大統領は、司法省がクリントン夫妻、DNC、FBI、そしてロシアを情報源とする「偽」文書をめぐって現在進行中のスキャンダルに対 …

元FBI弁護士がカーター・ページに関するメール改ざんに対してダーラム捜査で有罪認める

<引用元:デイリー・コーラー 2020.8.14> 元FBI弁護士は、トランプ陣営元スタッフのカーター・ページに対する監視令状取得に使用した文書で虚偽供述を行ったことに対して有罪を認める。彼の弁護士が …

ロバート・ミュラーがロシア疑惑の捜査にまたクリントンの献金者を採用

<引用元:デイリー・コーラー 2017.6.20> ロバート・ミュラー(またはモラー)特別検察官は、拡大中のトランプとロシアに関する彼の捜査チームにもう一人の民主党支持者を加えた。

トランプは捜査対象ではない:トランプの弁護士

<引用元:デイリー・コーラー 2017.6.18> トランプの弁護士、ジェイ・セクローは日曜日に、大統領のツイートに反してドナルド・トランプはロシアとの共謀や司法妨害の捜査対象となっていないと述べた。

モラーのロシア人起訴はフリン前補佐官に対する新展開の前触れか?

前国家安全保障担当補佐官のマイケル・フリン氏が、FBIに対する偽証を認めたのは昨年12月のことだった。しかし、複数の報道によると当時FBIはフリン氏が偽証したとは見なしていなかったのだ。

アーカイブ

@JpWelovetrump