記事翻訳

ロレッタ・リンチ元司法長官の元顧問、現在リンチに対する議会調査の一員に

投稿日:

<引用元:ワシントン・タイムズ 2017.8.9>

上院司法委員会は、ロレッタ・リンチ元司法長官がヒラリー・クリントンに対するFBIの捜査に影響を与えた疑いについて調査中だ。昨年、ビル・クリントンとリンチ氏が空港の滑走路で会談を行ったことがスキャンダルとして報道されたが、そのマスコミ対応の調整に協力していた人物がいた。そして、その人物こそが、現在上院司法委員会の民主党法律顧問の一人として働いているのだ。

クリントン氏ととリンチ氏は二人とも、2016年の6月にフェニックスの空港で偶然出会って面談したのだと主張している。そのわずか数時間後には、クリントン夫人が国務長官時代に個人のメールアカウントを使用して機密情報を暴露したかどうかという議論に、オバマ政権の司法省が介入した。その二人の会談のために、ジューディシャル・ウォッチとその他の団体は多数のFOIA(情報公開法)要求を行い、その結果413ページの文書が公開され、今週初めには電子メールのやり取りが公開された。

8月9日のワシントン・フリー・ビーコンの報道によると、司法省の元顧問ページ・ハーウィグは、クリントン氏とリンチ氏が会談した際に飛行機に同乗しており、その後、司法省によるマスコミ対応のドラフトを作成した。そしてハーウィグは現在、リンクドインなどの情報によれば、上院司法委員会で民主党の法律顧問を務めているというのだ。

ジェームズ・コミーFBI元長官の証言によると、リンチ氏はクリントンのメール捜査についてコミー氏がどのように話すべきか促そうとしたため、コミー氏はリンチ氏の中立性について当惑したと示唆していた。コミー氏は、司法省の伝統に敢えて逆らって、昨年の大統領選挙のさなかにクリントン夫人についての捜査結果を明かしたが、一つにはそれが理由だったと述べた。

また、司法省の同様の文書によって、リンチ氏が公式な司法省のやり取りの中で、「エリザベス・カーライル」という偽名を使っていたことも明らかになった。専門家の話では、高官が偽名を使用するのは情報開示法を避けるための手段だということだ。

同日、トランプ大統領はツイッターで、司法省のメールを主要マスコミが受け取っていたことに対する報道が少ないことに怒りを表した。「メールによって、アマゾンのワシントンポストと落ち目のニューヨーク・タイムズは、クリントンとリンチが飛行機で密談したことを報道するのを渋っていたことが明らかになった」

-記事翻訳
-, , ,

関連記事

司法省はコミーが解任前に追加予算を要求していたという報道を否定

<引用元:デイリー・コーラー 2017.5.10> 司法省は、ジェームズ・コミーがトランプ大統領に解任される数日前に、ロシアによる選挙干渉に対する捜査のための追加予算を要求していたとするニューヨーク・ …

スティールに関するFBIの説明が破綻:虚偽情報とメディア接触はFISA以前に警告されていた

<引用元:ザ・ヒル 2019.5.9>ジョン・ソロモン氏による寄稿 FBIがその情報提供者のクリストファー・スティールについて連邦裁判所に宣誓した話は、観光客向けの店で買った5ドルの土産物のTシャツよ …

トランプ政権内に残るオバマ抵抗勢力はヒラリーのメールを何年も隠している(動画)

<引用元:デイリー・コーラー 2017.5.20> ジューディシャル・ウォッチのトム・フィットン代表はあきれ返っている:彼が訴えを起こした情報公開裁判に携わっているトランプ政権の職員は、未だに概してオ …

FBIには『癌』が巣食っている:マッケイブ副長官と係争中の元FBI捜査官が語る

<引用元:CIRCAニュース 2017.8.30> 元FBI管理官ロビン・グリッツは、テロリストとテロ組織を追跡し、敵国に人質として囚われた米国人の捜索に明け暮れる過酷な日々を忘れない。グリッツの16 …

元米連邦検事、司法省監察官が「大掛かりな」FISA乱用報告書を出すと予想

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2019.8.20> 外国情報監視法(FISA)乱用疑惑に関する司法省監察長官の報告書は、複数の起訴勧告を含む「容赦のない」ものとなるだろう、と元米国連邦検事のガイ …

アーカイブ

@JpWelovetrump