一般記事

DNCとヒラリーが資金提供した文書を利用してトランプ陣営への盗聴許可取得か?

投稿日:2018年1月11日

ジャーナリストのサラ・カーター氏は、FBIが、トランプ大統領のロシア疑惑の根拠の1つとされている信憑性の確認できない文書を利用して、トランプチームのメンバーを監視、盗聴するために裁判所から許可を受けていたことを明らかにしている。

文書は、フュージョンGPSという会社に雇われたイギリスの元スパイであるクリストファー・スティール氏が作成したもの。昨年10月にはワシントン・ポストの報道により、民主党全国委員会(DNC)とヒラリー・クリントン選挙陣営がフュージョンGPSという会社に資金提供して文書が作成されたことが明らかになっている。

ジャーナリストのカーター氏は、法執行機関など複数の消息筋からの情報として、FBIが米国の外国諜報監視法(FISA)を悪用してトランプ陣営メンバーへの監視許可を得たことを示唆している。

また今後1週間で、FISAの組織的な悪用についてのさらなる情報が表面化するとの情報もある。

ある政府当局者は次のように述べているという。

「(文書が)許可を得るために一役買ったのは確かなことだ。議会はこの件を担当したFBI捜査官を調べ、むしろその文書の何が証明されたのか確認する必要がある。重要な疑問点は文書の情報源に対してFBIが何らかの役割を果たしていたかどうかだ」

また昨年12月にニューヨーク・タイムズは、トランプ陣営へのロシア共謀疑惑の捜査が開始されたのは元選挙スタッフのジョージ・パパドポロス氏に対する疑惑によるものだと示唆する記事を書いた。この件について法執行機関の幹部は次のように述べている。

「文書についてスキャンダルが出ててしまったので、当局の人間はパパドポロスのために捜査を始めたと言って論点をずらそうとしている」

ニューヨーク・タイムズは2017年4月12日付の記事で、トランプ陣営元アドバイザーのカーター・ページ氏に対するFISAによる盗聴の許可が取得された経緯を報道している。その中で、トランプ大統領によって後日解任された当時のFBI長官、ジェームズ・コミー氏は盗聴許可の取得手続きは「厳格な、厳格な手続き」だと説明していた。

サラ・カーター氏も言及しているが、下院常任情報委員会は1月5日に、スティール文書に関するFBIと司法省のすべての資料の閲覧が可能になった。公開要求を行ったのは昨年8月のことだったが、当局側から長らく拒否されていた。

 

-一般記事
-, , ,

関連記事

独占記事:ロシア人弁護士がトランプ陣営と会う前に彼女を米国に入国させたのは司法省だった

<引用元:ザ・ヒル 2017.7.12> 裁判所と司法省の文書、そしてインタビューによると、ドナルド・トランプの側近グループに入り込んだロシア人弁護士は、当初司法省によって「特殊な状況」の下で米国への …

米監視団体がヒラリーとクリントン財団関連の新たに発覚したメールを公開

<引用元:ジューディシャル・ウォッチ プレス発表 2018.4.25> トム・フィットン氏 (Twitterより) ジューディシャル・ウォッチは本日、ヒラリー・クリントン元国務長官の新たに発覚したメー …

トランプ・ロシア文書「Dossier」疑惑の相関図(図解)

既報のトランプ・ロシア文書の疑惑の相関図(ウラン取引のおまけ付き)

リークしたメール:クリントン陣営はビルのモスクワでの50万ドルの演説をロシアに友好的な姿勢として結び付けたブルームバーグの記事を「葬った」

<引用元:ブライトバート・ニュース 2017.7.12> テルアビブ - 以前ウィキリークスが公開したヒラリー・クリントンの2016年大統領選挙のリーク電子メールが、新たな重要性を持つようになるかもし …

元米連邦検事、司法省監察官が「大掛かりな」FISA乱用報告書を出すと予想

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2019.8.20> 外国情報監視法(FISA)乱用疑惑に関する司法省監察長官の報告書は、複数の起訴勧告を含む「容赦のない」ものとなるだろう、と元米国連邦検事のガイ …

アーカイブ

@JpWelovetrump