一般記事

FBIは3年前から マリア・ブティナ がロシアのスパイだと認識

投稿日:

トランプ大統領とプーチン大統領のヘルシンキでの会談から数時間後、米国でロシア人のマリア・ブティナ容疑者がスパイ容疑で逮捕されたことが伝えられたが、あるジャーナリストが奇妙な事実を証言した。FBIは2015年の時点で彼女がスパイであると認識していたのだという。

7月18日のFOXニュースの番組「Tonight」に出演したそのジャーナリストとはザ・ヒルの幹部であり、調査ジャーナリストとして長年の実績を持つジョン・ソロモン氏だ。

ゲートウェイ・パンディットがその内容を次のように伝えている。

「これまでに話したことのないちょっとした話をしよう。2015年の3月に彼女がいくつかのイベントに参加して、保守派の人物と近づきになろうとしているのが目に留まった。私が思ったのは、手が足りない状況で、勇気ある女性がいつかロシアで市民の武装権が認められるように、とプーチンに逆らって銃の権利活動を行っているという事だった。ロシアで市民の武装権ができる見込みはないが。

彼女の行動と大統領候補者や議員候補者にまで近づこうという取り組みには非常に当惑した。それでレポートするようになって、FBIと米情報機関に連絡するとすぐに分かったんだ。『ああ、彼女が影響工作員としてきている人物だということは分かっている。この(アレクサンドル)トルシンという男とつながりがあって彼女がやろうとしていることは分かっている』(という事だった)。

それで私は全く興味深いと思った。彼ら(FBI等)は彼女が会っている人たちに伝えるかというと、伝えなかったようだ。FBIの対諜報としての役割は、米国の国益にならない接触が起こることを防ぐことだと私は思っていた。彼らはトップ記事になるのに都合がよくなるまで、3年とか4年ずっと無為に時を過ごしてこれを見過ごしていたように思える」

また同記事内には書き起こされていないが、ソロモン氏はモラー氏の代からFBIが「文化を変えた」ことに言及し、マナフォート氏の起訴が同様のパターンで行われていることを次のように指摘した。

「9・11の少し後ボブ(ロバート)・モラーをインタビューした時のことを覚えている。FBI長官になって数年後のことだ。彼はFBIの文化を変えるつもりだと言っていた。対諜報や対テロは起訴するのではなく防止するようにするのだと。彼らは2014年にマナフォートの事を知っていたが、トランプの選対本部長になるまで起訴、捜査するのを待っていた。奇妙なことに機会が訪れるまで手を付けずに待っているケースが山ほどあり、記者として理解できない事だ」

報道によればブティナ容疑者は、ロシアでの銃所持の自由化を目指していたという。ロシア政府がそのような活動を推奨しているとは考えられないので突飛に感じるが、彼女が工作員だとすればそれもNRAに接近するための偽装ということになるのだろう。

CNNの報道によると、ブティナ容疑者は事前の捜査には協力的であったが突然逮捕されたという。

連邦捜査局(FBI)は今年4月、ワシントンにあるブティナ容疑者のアパートを家宅捜索していた。同容疑者は当局に協力し、上院情報委員会でも証言したり、マラー氏の聴取に応じると申し出たりしてきたにもかかわらず、事前予告なしに突然逮捕されたという。

(CNN2018.7.17「米司法省、ロシア人の女を逮捕 工作員として活動した疑い」より引用)

By ドナルド・トランプNEWS

-一般記事
-, ,

関連記事

コミー証言と矛盾する新事実:ヒラリーの新証拠メールはほとんど未検証だった

<引用元:RealClearInvestigations 2018.8.22> ヒラリー証拠メール、検証したのは約70万通のうちわずか3千通あまり 2016年の大統領選挙前に当時のFBI長官ジェームズ …

米政府機関で外国生まれの研究者が秘密裏に中国のために働き、採用活動もしていたことが上院報告書で明らかに

<引用元:デイリー・コーラー 2019.11.19> 米国政府機関で働く外国生まれの研究者が密かに中国に雇われ、米政府機関が大規模な採用工作にほとんど防御策を取っていない中で、米国の資金による研究内容 …

新事実:コミーはFBIの捜査が終わる前にヒラリーの不起訴を決めていた

<引用元:タウンホール 2017.8.31> 上院司法委員会が8月31日木曜日に公開した新たな記録によると、FBIのジェームズ・コミー元長官は、重要証人の聴取を行うずっと前に、民主党大統領候補のヒラリ …

自らも認めた「嘘つき」コーエンの証言で、ロシア共謀の証拠は一切提示されず

<引用元:サラ・カーター 2019.2.27> 共和党議員は27日、トランプ大統領の元弁護士で重罪犯として判決を受けた、マイケル・コーエンを厳しく追及して苦境に立たせた。コーエンは、20ページに及ぶ激 …

ストラック証言=クリントン、司法省は私設サーバー上のクリントン財団のメールへのアクセスを阻止する取り決めをしていた

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2019.3.14> FBIを解雇されたピーター・ストラック元捜査官は昨年、「司法省の検察官とクリントンの弁護士との間で結ばれた」双方の同意による協定のために、FB …

アーカイブ

@JpWelovetrump