記事翻訳

ダーショウィッツ=トランプ排除のための修正25条適用協議は「憲法違反のクーデター」となる恐れ

投稿日:

<引用元:ザ・ヒル 2019.2.21

弁護士のアラン・ダーショウィッツは20日、情報機関高官がトランプ大統領を失脚させるために憲法修正25条の行使について協議したことが確認されれば、「憲法違反のクーデターに等しい」ものとなると述べた。

「実際に立証されたら――これについての公聴会があるだろうが――憲法違反のクーデーターに等しい」と、ハーバードの法学教授でザ・ヒル寄稿者であるダーショウィッツは、Hill.TVのバック・セクストンとクリスタル・ボールに「Rising」の中で語った。

「修正25条はウッドロー・ウィルソンが卒中で倒れたことで考案されたもので、レーガン大統領は銃撃されて何日か職務不能になった」とダーショウィッツは続けた。

彼はこう話した。「それには職務不能が含まれるが、やる気のなさではなく、大統領の職務と役割の遂行が不能であることであって、ロッド・ローゼンスタインが後に確認したように、この大統領を修正25条によって排除する論拠はない。盗聴器を仕掛けることを真剣に検討した法執行機関高官は誰であっても・・・法執行機関高官としての信頼性は極めて疑わしいものだと思う」

先週、元FBI副長官のアンドリュー・マッケイブは、高官らが修正25条によるトランプ解任の可能性について話し合い、ロッド・ローゼンスタイン司法副長官が、盗聴器を身に着けて大統領との会話を密かに録音することを提案した、と暴露した。

19日にマッケイブは、トランプがロシア政府のために働いていた可能性があると考えていると述べた。

ダーショウィッツはこう話した。「捜査に関する限り、法の適用を受けない人は誰もいない。だから、大統領が間違ったことをしたと考え、捜査を実施し、それでその根拠を見つけ出して弾劾のプロセスに着手しても文句はない」

彼はさらにこう続けた。「全てのアメリカ人が困惑させられるのは、修正25条であって、それはこのような行為のために意図されたものではないからだ。『ハウス・オブ・カード』というテレビ番組が思い出されるが、そこでは面白い連続ドラマにするために修正25条を行使するからだ。だが現実の世界では修正25条は全く適用できない」

-記事翻訳
-,

関連記事

司法省監察官がマッケイブFBI前副長官を連邦検察に送致

<引用元:ワシントン・タイムズ 2018.4.19> 米司法省の監察官は、FBI前副長官のアンドリュー・マッケイブ氏について連邦検察に送致済みであり、刑事事件として立件するか判断されることになる。 送 …

ウォーターゲートの元顧問:トランプとニクソンの比較は「およそばかばかしいことだ」

<引用元:ブライトバート・ニュース 2017.5.17> ウォーターゲート特別委員会の元少数党副顧問のマイケル・マディガンは、ウォーターゲート事件とFBIのコミー長官解任を比較することを「およそばかば …

FBIと民主党はパニック、FISA乱用メモ公開に対する激しい抵抗

FISA乱用メモに関して、民主党のアダム・シフ下院議員は、ホワイトハウスに提出されたメモは秘密裏に修正されていると述べ、委員会で承認されたものではないと強調した。だがその修正とは、文法上の誤りと、FB …

トランプ・クリントン捜査でFBIに偏向あり=米国人過半数の意見(世論調査)

<引用元:ザ・ヒル 2018.8.1> 米国人の過半数は、トランプ大統領と、2016年に民主党の候補者としてトランプ氏と大統領の座を争ったヒラリー・クリントン氏の双方に対する話題を集めた捜査の対応で、 …

ストラック証言=クリントン、司法省は私設サーバー上のクリントン財団のメールへのアクセスを阻止する取り決めをしていた

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2019.3.14> FBIを解雇されたピーター・ストラック元捜査官は昨年、「司法省の検察官とクリントンの弁護士との間で結ばれた」双方の同意による協定のために、FB …

アーカイブ

@JpWelovetrump