記事翻訳

ダーショウィッツ=トランプ排除のための修正25条適用協議は「憲法違反のクーデター」となる恐れ

投稿日:

<引用元:ザ・ヒル 2019.2.21

弁護士のアラン・ダーショウィッツは20日、情報機関高官がトランプ大統領を失脚させるために憲法修正25条の行使について協議したことが確認されれば、「憲法違反のクーデターに等しい」ものとなると述べた。

「実際に立証されたら――これについての公聴会があるだろうが――憲法違反のクーデーターに等しい」と、ハーバードの法学教授でザ・ヒル寄稿者であるダーショウィッツは、Hill.TVのバック・セクストンとクリスタル・ボールに「Rising」の中で語った。

「修正25条はウッドロー・ウィルソンが卒中で倒れたことで考案されたもので、レーガン大統領は銃撃されて何日か職務不能になった」とダーショウィッツは続けた。

彼はこう話した。「それには職務不能が含まれるが、やる気のなさではなく、大統領の職務と役割の遂行が不能であることであって、ロッド・ローゼンスタインが後に確認したように、この大統領を修正25条によって排除する論拠はない。盗聴器を仕掛けることを真剣に検討した法執行機関高官は誰であっても・・・法執行機関高官としての信頼性は極めて疑わしいものだと思う」

先週、元FBI副長官のアンドリュー・マッケイブは、高官らが修正25条によるトランプ解任の可能性について話し合い、ロッド・ローゼンスタイン司法副長官が、盗聴器を身に着けて大統領との会話を密かに録音することを提案した、と暴露した。

19日にマッケイブは、トランプがロシア政府のために働いていた可能性があると考えていると述べた。

ダーショウィッツはこう話した。「捜査に関する限り、法の適用を受けない人は誰もいない。だから、大統領が間違ったことをしたと考え、捜査を実施し、それでその根拠を見つけ出して弾劾のプロセスに着手しても文句はない」

彼はさらにこう続けた。「全てのアメリカ人が困惑させられるのは、修正25条であって、それはこのような行為のために意図されたものではないからだ。『ハウス・オブ・カード』というテレビ番組が思い出されるが、そこでは面白い連続ドラマにするために修正25条を行使するからだ。だが現実の世界では修正25条は全く適用できない」

-記事翻訳
-,

関連記事

中国によるクリントンのメールハッキングに反論したFBIは「非常に欺瞞的」=共和党議員が発言

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2018.8.30> 正体不明の中国企業が、ヒラリー・クリントン元国務長官の無許可の私設メールサーバーをハッキングしたという報道に対して、FBIが否定の声明を発表し …

追い詰められたFBI、トランプ・ロシア共謀の報告文書の根拠を未だに立証できないと認める

トランプ大統領のロシア疑惑捜査の発端の1つとなった文書について、FBIはその文書が主張する共謀について立証できないままであることを認めている。ワシントン・タイムズは、上下院の捜査に詳しい情報筋の話とし …

トランプ・ロシア文書「Dossier」疑惑の相関図(図解)

既報のトランプ・ロシア文書の疑惑の相関図(ウラン取引のおまけ付き)

FBI情報提供者の5千ページの証拠文書はウラニウム・ワン疑惑解明につながるのか

FBIの情報提供者、ウィリアム・キャンベル氏は、ロシアによる米国のウラン市場を独占しようとする計画に関する証拠を、6年間に渡って収集していた。ザ・ヒルはその5,000ページ以上の文書を検証し、新たな事 …

スパイゲート・タイムライン(暫定版)

トランプ大統領は今年5月、ロシアとの共謀疑惑に対するFBIの捜査に情報提供者、いわばスパイが投入されていたことが発覚したことを受けて、「スパイゲート(#SpyGate)」だとツイッターで発言した。 米 …

@JpWelovetrump