記事翻訳

米民主党の魔女狩りはロシアの反民主主義的活動を助長する(オピニオン)

投稿日:2017年5月9日

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2017.5.8 >

月曜日の、2016年の選挙へのロシアの干渉に関する上院公聴会で明らかになったのは1つだけだ。-民主党は未だにその調査をトランプ大統領に対抗する党派活動として使用しようと固く決心している。

上院の幹部議員であるシェルドン・ホワイトハウス(民主党、ロードアイランド)とその他の人々は、悪事をほのめかし続けながらもそれらの証拠を明らかにしなかった。

元国家情報長官のジェームズ・クラッパーと元司法長官代行のサリー・イエイツは、最も重要な質問の多くに回答することを拒否した。

クラッパーは、ロシアは60年代からアメリカの選挙に干渉しようとしてきており、「自分たちの途方もない期待を超えた結果に喜んでいるに違いない」と語ったのだった。

そして彼はモスクワが「両方の政党に対して」サイバー攻撃を仕掛けたことを認めた。彼は「共和党関連のデータ」はまったく公表されなかったが、民主党の電子メールのリークにはトランプに関する党の「敵対的な調査」のファイルが含まれていたと主張した。

イエイツもクラッパーも実際のトランプチームとロシアの癒着についてはコメントせず、機密情報に関しては話せないと述べた。そしてリンジー・グラハム下院議員(共和党、サウスキャロライナ)は、クラッパーが数カ月前のテレビインタビューで癒着の証拠は無いと語ったことに言及した。

そしてマイケル・フリンとロシア大使の間の選挙前の接触は、それによってフリンがホワイトハウスを去ることになったものの、投票結果に影響を及ぼすこととは何の関係もなかった。

モスクワが選挙結果に影響を与えたとことを示す公的な記録は無く、またトランプ陣営とロシアとの癒着の証拠も全くない。

確かに我々の選挙に干渉を試みたという事は懸念すべき脅威である。しかし、それらの取り組みの総合的な目標は民主主義自体の信頼を損なうことだ。残念なことに民主党の取り組みはそれを大きく助けている。

-記事翻訳
-, ,

関連記事

モラーのロシア人起訴はフリン前補佐官に対する新展開の前触れか?

前国家安全保障担当補佐官のマイケル・フリン氏が、FBIに対する偽証を認めたのは昨年12月のことだった。しかし、複数の報道によると当時FBIはフリン氏が偽証したとは見なしていなかったのだ。

異例の「政府に対する詐取の共謀」罪の適用でモラーにはめられていくターゲットたち

<引用元:ワシントン・タイムズ 2018.3.12> ロバート・モラー特別顧問と検察チームは、ロシアのサイバー・ネットワークを陥れるために異例の「政府に対する詐取の共謀」の罪を適用した。共謀が犯罪行為 …

トランプは正しい:ずさんな管理がカリフォルニアの火災を大きくしている

<引用元:デイリー・シグナル 2018.11.13>ジャレット・ステップマン(Jarrett Stepman)氏による論説 今年もまた、一連の破壊的な火災がカリフォルニアを襲った。 惨状に胸が痛む。「 …

ヒラリー選対本部長ジョン・ポデスタは「ロシア疑惑文書」発表後、ヒュージョンGPS幹部と面談していた

ニューヨーク・タイムズ(NYT)が2017年11月10日に報道した記事によると、ヒラリー・クリントン氏の選対本部長を務めたジョン・ポデスタ氏は、今年1月にトランプ大統領に関するロシア疑惑文書が公開され …

支出依存が米国の経済再生を脅かす:行政予算管理局ラス・ボート副局長

<引用元:FOXニュース 2019.3.11>ラス・ボート行政予算管理局副局長による寄稿 過去2年に渡って、トランプ大統領は、納税者ファーストで成長志向の政策によってアメリカ経済を解放してきた。歴史的 …

アーカイブ

@JpWelovetrump