記事翻訳

「前代未聞」:トランプが予備選挙初期で現代史に類を見ない状況で優勢に

投稿日:

<引用元:デイリー・コーラー 2023.7.9

ドナルド・トランプ前大統領は前代未聞の3度目の大統領選出馬において、初期の予備選挙期で優位を保っている、と世論調査専門家は本紙に述べた。

共和党予備選挙は他に類を見ない状況だ。最有力候補者は前大統領で世論調査では圧倒的優勢にあり、前副大統領は対立候補となり、トランプ自身は2件の連邦法刑事訴追を受けている。世論調査アナリストは本紙に、今回の共和党予備選と前回の著しい違いを強調し、現代の歴史で類似する状況を引用することは難しいと主張した。

「今回の共和党予備選挙は全く前代未聞です。というのは、トランプは厳密には現職でありませんが、共和党有権者は少なくとも準現職として扱っているようだからです」と、超党派世論調査アナリストであり、バージニア大学政策研究所で「サバトのクリスタルボール」編集長を務めるカイル・コンディックは本紙に述べた。「予備選挙は領域が広いという意味で2016年に似ています。つまり、非トランプ派が非トランプ支持者として定着するのは困難となるでしょう」

またコンディックは、前大統領の法的問題が予備選挙に別の「独特な」角度をもたらしているとも指摘した。アナリストは、それが原因で今回の選挙と前回の選挙の間に類似点を示すことが難しくなっている主張した。トランプの2件の起訴は、世論調査での落ち込みにつながり、共和党の間に「停滞」をもたらす恐れがあるが、コンディックは現時点で支持停滞の兆しはないとしている。

(中略)

共和党世論調査アナリストでノーススター・オピニオンリサーチ副所長のジョン・マクヘンリーも、共和党予備選挙がいかに前代未聞であるかを強調し、マンハッタン地区検事による起訴と合わせ、トランプが党を再形成したことが、前大統領の世論調査での優勢を助けたと主張した。

(以下略)

-記事翻訳
-,

関連記事

ターニングポイントUSAサミットの2024年共和党大統領指名模擬投票でトランプが圧勝

<引用元:FOXニュース 2022.7.25> TPUSAサミット参加者の78.7%が2024年にトランプに投票すると回答 (独自―フロリダ州タンパ発)ドナルド・トランプ前大統領が、24日のターニング …

トランプ陣営、非居住者・死者の投票があるとしてネバダ州に対して訴訟

<引用元:デイリー・シグナル 2020.11.5> トランプ陣営の弁護士は5日、ネバダ州を相手取って連邦裁判所で訴訟を起こし、有権者が死亡していたり、州の居住者でなくなっていたりする有権者の名前で投票 …

「目覚め」の呼びかけ:暴力的デモに対して沸き上がる反発、トランプに有利になる可能性

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2020.7.24>ポール・ベダード氏によるワシントン・シークレット論説 都市での暴力的な抗議、そして国と建国者に対する執拗な攻撃を受動的に見てきた米国の多くの人々 …

トランプ、再選されたら性別変更を推進する連邦プログラムを終了させると約束

<引用元:JustTheNews 2023.2.21> トランプ前大統領は、再選されたらバイデン大統領のジェンダー肯定ケアに関する政策を終わらせ、性別変更を推進する全てのプログラムを終了させるよう連邦 …

メディア偏向なければトランプは311の選挙人投票を勝ち取っていた:世論調査

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2020.11.24>ワシントンシークレット、ポール・ベダード氏論説 2つの新たな投票調査によると、リベラルメディアがジョー・バイデン関連のスキャンダルを有権者から …

アーカイブ

@JpWelovetrump