記事翻訳

トランプ捜査でFBI・司法省は「法律厳守」を放棄、特別検察官が報告

投稿日:

<引用元:デイリー・シグナル 2023.5.15

ジョン・ダーラム特別検察官は、15日に公開された報告書の中で、2016年の大統領選勝利のためにドナルド・トランプがロシアと共謀したとする疑惑における司法省とFBIの捜査を非難した。

「我々は、(FBI作戦)クロスファイアー・ハリケーンと関連するインテリジェンス活動の再調査に基づき、(司法)省とFBIがこの報告書に記述した特定の出来事と活動と関連して、法律の厳守を維持できなかったと結論付けた」とダーラムの報告書はしており、FOXニュースが最初に報じた

クロスファイアー・ハリケーンは、トランプとロシアに対するFBI捜査の名前であり2016年の選挙運動中に開始され、その後トランプが大統領になった後は、元FBI長官のロバート・モラー特別検察官が引き継いだ。モラー捜査チームは、トランプやトランプ陣営とロシアの間に陰謀や共謀の証拠はなかったと結論付けた。

トランプ政権2番目の司法長官だったウィリアム・バーが、トランプに対する捜査がどのように展開されたかを調査するためにダーラム―コネチカット州の熟練連邦検察官―を任命した。2020年終わりにバー長官は、ダーラムを特別検察官に任命した。

しかしながら特別検察官の報告書では、「司法省とFBIが、防諜活動の実行において適切な運営と説明責任を確保するために現在定めている、指針や方針に大規模な変更を推奨しない」。

ダーラム報告書は次の指摘をしている。

「分析に関する厳密さの欠如、明白な確証バイアス、そして政敵の関係者からの情報に依存しようという過度に積極的な意志のために、米国の政治陣営と外国の政権との間の共謀や陰謀の疑惑を追及する際に、捜査官が適切に別の仮説を考慮することができず、適切な客観性や自制なしに行動することになったことをFBIと(司法)省が継続して認識する必要性」

司法省のマイケル・ホロウィッツ監察官は以前、2019年に出した報告書でロシア捜査に多数の問題を発見した。

新たな報告書は、後知恵であることを認めながらも、問題は捜査官にとって明白だったはずだとしている。

「後知恵ではさらに、ほとんどが明白だと認識していたが、その時点でもこのほとんどが明白だったようだ」とダーラム報告書はしている。「よって我々は、不十分な点を特定し、政府の最も慎重に扱うべき職務の遂行を向上させるために、過去の行為を検証することが重要である」。

報告書は、捜査の手掛かりが、民主党がスポンサーとなったトランプに対する政敵調査に基づいていたと指摘している。

(以下略)

-記事翻訳
-, ,

関連記事

スティール文書情報源のロシア人アナリストを、FBIに対する再三の虚偽供述で訴追

<引用元:JustTheNews 2021.11.4> ジョン・ダーラム特別検察官は4日、ドナルド・トランプの大統領としての立場に不当に汚名を着せたロシア共謀捜査中FBIに虚偽供述を繰り返した容疑で、 …

FBIが米国人の監視データを部外者に違法に公開していたことが機密解除されたメモで明らかに(上)

<引用元:Circa 2017.5.27> by John Solomon and Sara Carter 注意:Circaのサラ・カーターはFBIによって公開された未加工の情報を含む詳細な内容につい …

バー司法長官が衝撃証言、FISA不正関連の調査を明言

監察官によるFISA不正疑惑の捜査は数カ月以内に完了、捜査拡大の可能性も <引用元:ザ・ヒル 2019.4.9>ジョン・ソロモン氏による寄稿 注目を集める議会公聴会で困難な立場に立つと、どんな証人でも …

バー長官:ロシア捜査の再検証で挙がる名前の「一部」に見覚えのある人物出る

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2020.6.9> ウィリアム・バー司法長官は9日のインタビューで、ロシア捜査の発端に対する継続中の連邦捜査で捜査対象となっている人たちの「一部」は見覚えのある人たちと …

ロシア捜査再検証の中、責任をなすりつけ合うオバマ政権スパイ組織リーダーたち

<引用元:FOXニュース 2019.5.16> ロシア捜査の発端に対する正式な捜査の立ち上げ――司法省の選り抜きの検察官の1人が主導――によって、トランプ陣営に対する監視活動に関して説明すべき点がある …

アーカイブ

@JpWelovetrump