記事翻訳

トランプ捜査でFBI・司法省は「法律厳守」を放棄、特別検察官が報告

投稿日:

<引用元:デイリー・シグナル 2023.5.15

ジョン・ダーラム特別検察官は、15日に公開された報告書の中で、2016年の大統領選勝利のためにドナルド・トランプがロシアと共謀したとする疑惑における司法省とFBIの捜査を非難した。

「我々は、(FBI作戦)クロスファイアー・ハリケーンと関連するインテリジェンス活動の再調査に基づき、(司法)省とFBIがこの報告書に記述した特定の出来事と活動と関連して、法律の厳守を維持できなかったと結論付けた」とダーラムの報告書はしており、FOXニュースが最初に報じた

クロスファイアー・ハリケーンは、トランプとロシアに対するFBI捜査の名前であり2016年の選挙運動中に開始され、その後トランプが大統領になった後は、元FBI長官のロバート・モラー特別検察官が引き継いだ。モラー捜査チームは、トランプやトランプ陣営とロシアの間に陰謀や共謀の証拠はなかったと結論付けた。

トランプ政権2番目の司法長官だったウィリアム・バーが、トランプに対する捜査がどのように展開されたかを調査するためにダーラム―コネチカット州の熟練連邦検察官―を任命した。2020年終わりにバー長官は、ダーラムを特別検察官に任命した。

しかしながら特別検察官の報告書では、「司法省とFBIが、防諜活動の実行において適切な運営と説明責任を確保するために現在定めている、指針や方針に大規模な変更を推奨しない」。

ダーラム報告書は次の指摘をしている。

「分析に関する厳密さの欠如、明白な確証バイアス、そして政敵の関係者からの情報に依存しようという過度に積極的な意志のために、米国の政治陣営と外国の政権との間の共謀や陰謀の疑惑を追及する際に、捜査官が適切に別の仮説を考慮することができず、適切な客観性や自制なしに行動することになったことをFBIと(司法)省が継続して認識する必要性」

司法省のマイケル・ホロウィッツ監察官は以前、2019年に出した報告書でロシア捜査に多数の問題を発見した。

新たな報告書は、後知恵であることを認めながらも、問題は捜査官にとって明白だったはずだとしている。

「後知恵ではさらに、ほとんどが明白だと認識していたが、その時点でもこのほとんどが明白だったようだ」とダーラム報告書はしている。「よって我々は、不十分な点を特定し、政府の最も慎重に扱うべき職務の遂行を向上させるために、過去の行為を検証することが重要である」。

報告書は、捜査の手掛かりが、民主党がスポンサーとなったトランプに対する政敵調査に基づいていたと指摘している。

(以下略)

-記事翻訳
-, ,

関連記事

情報機関の元ボスたちに警告を発するバー司法長官

<引用元:ザ・ヒル 2019.5.22>元FBI特別捜査官ケビン・R・ブロック氏による寄稿 事態は今急速に動いているように見える。米国の歴史上で注目に値する数週間だった。米国大統領選挙陣営をターゲット …

ダーショウィッツ=トランプ排除のための修正25条適用協議は「憲法違反のクーデター」となる恐れ

<引用元:ザ・ヒル 2019.2.21> 弁護士のアラン・ダーショウィッツは20日、情報機関高官がトランプ大統領を失脚させるために憲法修正25条の行使について協議したことが確認されれば、「憲法違反のク …

「バー司法長官へ」=内部関係者からの助言

<引用元:ザ・ヒル 2019.2.25>シャリル・アトキッソン氏による寄稿 司法省や情報機関の著名な高官の中には、捜査から政治にいたるあらゆることについて自分たちの見解を広く主張してきた人たちもいる。 …

トランプ陣営に対するFBIの2人目のスパイか?:ロジャー・ストーンが主張

今年5月、FBIの「スパイ」が2016年の大統領選挙中にドナルド・トランプ選挙陣営に接触していたという事実が明るみに出て、米国では大きな話題となった(参考記事:「トランプ陣営に潜入?FBI情報提供者の …

コミーFBIが受けた汚名(オピニオン)

<引用元:ウォールストリート・ジャーナル 2018.6.14>WSJ編集委員による社説:The Disgrace of Comey’s FBI 不正を明らかにした監察官報告書によって、国民の信頼を早急 …

アーカイブ

@JpWelovetrump