記事翻訳

機密文書捜査のスミス特別検察官はスタッフを脅迫「魔女狩りだ」、とトランプ

投稿日:

<引用元:JustTheNews 2023.5.5

ドナルド・トランプ前大統領は5日、ホワイトハウスを退去した際、トランプが違法に機密文書などを持って行ったかどうかの捜査を担当する司法省の特別検察官が、自分のスタッフを脅迫していると述べた。

「特別『検察官』は、不正なジョー・バイデンの何倍もの文書、特にチャイナタウンとデラウェアに保管した物に関しては何もしないのに、文書のでっち上げについて私のスタッフに嫌がらせと脅迫をしている」とトランプは、自身のソーシャルメディアサイトTruth Socialで書いた

「またもロシア、ロシア、ロシア形式の魔女狩りだ。大統領記録法に従い、私はすべて正しいことをしてきた。おそらくすべてが決着するまで文書を返却すべきではなかった点を除いて。私にはそれを保有する権利があった。機密解除の権利も含めて」と投稿は続く。

FBI捜査官は昨年夏、文書を押収するためにトランプのマーアラゴ住居を家宅捜索し、トランプが国立公文書記録管理局に引き渡す取り決めを履行しなかったので、連邦政府が踏み切ったのだと述べた。

バイデンが副大統領を務めたオバマ政権の機密文書も、バイデンのデラウェア州の自宅とワシントンD.C.のチャイナタウン付近の事務所で見つかった。

ジャック・スミス特別検察官が、司法省の要請を受け、マーアラゴの監視カメラ映像の取り扱いとトランプオーガニゼーションの対応を調査している。

-記事翻訳
-,

関連記事

トランプの元顧問ピーター・ナバロが司法取引を拒否、弁護士は提案を「おざなり」と批判

<引用元:FOXニュース 2022.7.15> ナバロ弁護士は、ナバロが司法省に「不当」な扱いを受けていると主張 トランプ前大統領の元顧問ピーター・ナバロは、米国下院議会による1月6日委員会の召喚に従 …

トランプ・クリントン捜査でFBIに偏向あり=米国人過半数の意見(世論調査)

<引用元:ザ・ヒル 2018.8.1> 米国人の過半数は、トランプ大統領と、2016年に民主党の候補者としてトランプ氏と大統領の座を争ったヒラリー・クリントン氏の双方に対する話題を集めた捜査の対応で、 …

スティールに関するFBIの説明が破綻:虚偽情報とメディア接触はFISA以前に警告されていた

<引用元:ザ・ヒル 2019.5.9>ジョン・ソロモン氏による寄稿 FBIがその情報提供者のクリストファー・スティールについて連邦裁判所に宣誓した話は、観光客向けの店で買った5ドルの土産物のTシャツよ …

司法省の基準を無視したモラー捜査の狙いとは?

ロシア疑惑捜査を率いるロバート・モラー氏の捜査網が、トランプ大統領へと迫る中、ナショナル・レビューのアンドリュー・C・マッカーシー氏が、3月17日付の「Mueller’s Investigation …

フリン前大統領補佐官が罪を認めたことの意味とは

マイケル・フリン前大統領補佐官が偽証の罪を認めた。米ABCニュースをはじめとする主要マスコミは、「ロシア疑惑」の捜査が進展するかのような論調で報道しているが、果たしてそうだろうか。

アーカイブ

@JpWelovetrump