記事翻訳

FBI分析官、モラーを守るために政敵のメールに不正アクセスし実刑判決

投稿日:

<引用元:タウンホール 2019.12.27

ジョン・ダーラム連邦検察官がFBI、CIA、DIAを始めとする連邦政府情報機関でのFISA乱用と他の不正に対する犯罪捜査を続ける中、ロバート・モラー特別検察官の協力者の1人が実刑判決を受けた。

FBI元分析官のマーク・トルソンは、モラーを擁護するために右翼活動家のジャック・バークマンの電子メールに違法にアクセスした。トルソンは先週連邦裁判所でそのことを認めた。7日間の服役と500ドルの罰金の支払いを命じられた。

「私のしたことはモラー(元)長官が自分の身を守れるように、長官を守ろうとしてのことだった」とトルソンは連邦地方裁判所のレオニー・ブリンケマ判事に語った。

トルソンは違法にメールを選別した後、それらをマスコミにリークしようと試みた。

「トルソンはバークマンのアカウントをこっそり探ってから、詳細不明のあるジャーナリストにメッセージのスクリーンショットを送り、パスワードを提供した、と裁判所資料にある」とポリティコは報じている

トルソンの妻も関与していたが訴追されなかった。以下はワシントン・エグザミナーからの引用だ。

トルソンの妻はロビイストのためにある仕事をした後、バークマンのメールのパスワードを入手し、夫に提供した。トルソンはバークマンのメールにアクセスすると、バークマンのメールアカウントのログイン情報とメッセージのスクリーンショットをジャーナリストに送った。

「これは本当にとても深刻な犯罪だ。あなたは運がいい。あなたの妻は運がいい。政府は彼女も起訴することもできた」とブリンケマ判事は語った。

「他人のアカウントをくまなく探し回ることは許されない。あなたはもっと良くわかっているべきだった」

トルソンが判決を受けたわずか数週間前には、司法省のマイケル・ホロウィッツ監察官が詳細な報告書を発表して、トランプ陣営に関係があり、陣営を支持していた米国市民に対するFISA不正がFBIで蔓延していたことが判明していた。

-記事翻訳
-,

関連記事

米下院情報委員会メモ公開の公算大、民主党は反撃準備へ

米下院情報委員会は1月18日、トランプ大統領のロシア疑惑捜査に関連して、司法省と捜査機関によるFISA(外国情報監視法)の乱用があったことを示すメモを下院内で公開したが、近く一般への公開が決定される公 …

FBI:マイケル・フリン前国家安全保障担当補佐官に対する起訴はない

<引用元:ブライトバート 2017.2.17> 金曜日、当局の職員はCNNに、「新たな情報がない限り」マイケル・フリン前国家安全保障担当補佐官がロシアのセルゲイ・キスリャク大使と交わした電話について起 …

モラーのロシア人起訴はフリン前補佐官に対する新展開の前触れか?

前国家安全保障担当補佐官のマイケル・フリン氏が、FBIに対する偽証を認めたのは昨年12月のことだった。しかし、複数の報道によると当時FBIはフリン氏が偽証したとは見なしていなかったのだ。

ディープ・ステートがトランプの破滅のために起こした「全面戦争」に関するFBI報告書を暴露した新刊:エドワード・クレイン

<引用元:ブライトバート・ニュース 2017/10/29>(By エドワード・クレイン) ディープ・ステートの存在に疑問を投げかけようとする主要メディアの取り組みは、永続する連邦政府官僚内部の不正に関 …

FBIはマッケイブ副長官に対するFOIAに回答していない=元FBI捜査官ジェフ・ダニク

<引用元:Cicaニュース 2017.9.27> FBIのジェフ・ダニク元管理官は、あるときは対テロ部門の管理官として、またあるときは海外特別顧問として28年以上を当局で過ごした。そして今、ヒラリー・ …

アーカイブ

@JpWelovetrump