記事翻訳

FBI分析官、モラーを守るために政敵のメールに不正アクセスし実刑判決

投稿日:

<引用元:タウンホール 2019.12.27

ジョン・ダーラム連邦検察官がFBI、CIA、DIAを始めとする連邦政府情報機関でのFISA乱用と他の不正に対する犯罪捜査を続ける中、ロバート・モラー特別検察官の協力者の1人が実刑判決を受けた。

FBI元分析官のマーク・トルソンは、モラーを擁護するために右翼活動家のジャック・バークマンの電子メールに違法にアクセスした。トルソンは先週連邦裁判所でそのことを認めた。7日間の服役と500ドルの罰金の支払いを命じられた。

「私のしたことはモラー(元)長官が自分の身を守れるように、長官を守ろうとしてのことだった」とトルソンは連邦地方裁判所のレオニー・ブリンケマ判事に語った。

トルソンは違法にメールを選別した後、それらをマスコミにリークしようと試みた。

「トルソンはバークマンのアカウントをこっそり探ってから、詳細不明のあるジャーナリストにメッセージのスクリーンショットを送り、パスワードを提供した、と裁判所資料にある」とポリティコは報じている

トルソンの妻も関与していたが訴追されなかった。以下はワシントン・エグザミナーからの引用だ。

トルソンの妻はロビイストのためにある仕事をした後、バークマンのメールのパスワードを入手し、夫に提供した。トルソンはバークマンのメールにアクセスすると、バークマンのメールアカウントのログイン情報とメッセージのスクリーンショットをジャーナリストに送った。

「これは本当にとても深刻な犯罪だ。あなたは運がいい。あなたの妻は運がいい。政府は彼女も起訴することもできた」とブリンケマ判事は語った。

「他人のアカウントをくまなく探し回ることは許されない。あなたはもっと良くわかっているべきだった」

トルソンが判決を受けたわずか数週間前には、司法省のマイケル・ホロウィッツ監察官が詳細な報告書を発表して、トランプ陣営に関係があり、陣営を支持していた米国市民に対するFISA不正がFBIで蔓延していたことが判明していた。

-記事翻訳
-,

関連記事

司法省の基準を無視したモラー捜査の狙いとは?

ロシア疑惑捜査を率いるロバート・モラー氏の捜査網が、トランプ大統領へと迫る中、ナショナル・レビューのアンドリュー・C・マッカーシー氏が、3月17日付の「Mueller’s Investigation …

トランプ捜査に着手したFBI特別捜査官が、局から退去させられたという報道

<引用元:JustTheNews 2022.8.30> FBIワシントン局の元特別捜査官補ティム・ティボーは、報道によると8月26日に局から退去させられた。政治的に慎重さを要する捜査の対応で、政治的偏 …

情報機関幹部はトランプがロシア疑惑の捜査に圧力を掛けたことを否定

<引用元:デイリー・コーラー 2017.6.7> 国家情報局と国家安全保障局の長官が、水曜日に、継続中のロシアの捜査についてトランプ大統領から圧力を受けたことはないと証言し、最近報道された内容は否定さ …

ヒラリーメール事件でFBI捜査不正の新たな事実が発覚

ザ・ヒルの報道によると、ヒラリー・クリントン元国務長官の私設メールサーバーをめぐるFBIの捜査に、新たな問題点が発見されている。

クリントンのロシア・ウラン疑惑の証拠を握る人物が明らかに

ロイターは、ヒラリー・クリントン氏のロシアとのウラン取引をめぐる疑惑の証人がウィリアム・D・キャンベルという元ロビー活動家であることを独占情報として報道した。キャンベル氏はウラン疑惑に関する動かぬ証拠 …

アーカイブ

@JpWelovetrump