記事翻訳

FBI分析官、モラーを守るために政敵のメールに不正アクセスし実刑判決

投稿日:

<引用元:タウンホール 2019.12.27

ジョン・ダーラム連邦検察官がFBI、CIA、DIAを始めとする連邦政府情報機関でのFISA乱用と他の不正に対する犯罪捜査を続ける中、ロバート・モラー特別検察官の協力者の1人が実刑判決を受けた。

FBI元分析官のマーク・トルソンは、モラーを擁護するために右翼活動家のジャック・バークマンの電子メールに違法にアクセスした。トルソンは先週連邦裁判所でそのことを認めた。7日間の服役と500ドルの罰金の支払いを命じられた。

「私のしたことはモラー(元)長官が自分の身を守れるように、長官を守ろうとしてのことだった」とトルソンは連邦地方裁判所のレオニー・ブリンケマ判事に語った。

トルソンは違法にメールを選別した後、それらをマスコミにリークしようと試みた。

「トルソンはバークマンのアカウントをこっそり探ってから、詳細不明のあるジャーナリストにメッセージのスクリーンショットを送り、パスワードを提供した、と裁判所資料にある」とポリティコは報じている

トルソンの妻も関与していたが訴追されなかった。以下はワシントン・エグザミナーからの引用だ。

トルソンの妻はロビイストのためにある仕事をした後、バークマンのメールのパスワードを入手し、夫に提供した。トルソンはバークマンのメールにアクセスすると、バークマンのメールアカウントのログイン情報とメッセージのスクリーンショットをジャーナリストに送った。

「これは本当にとても深刻な犯罪だ。あなたは運がいい。あなたの妻は運がいい。政府は彼女も起訴することもできた」とブリンケマ判事は語った。

「他人のアカウントをくまなく探し回ることは許されない。あなたはもっと良くわかっているべきだった」

トルソンが判決を受けたわずか数週間前には、司法省のマイケル・ホロウィッツ監察官が詳細な報告書を発表して、トランプ陣営に関係があり、陣営を支持していた米国市民に対するFISA不正がFBIで蔓延していたことが判明していた。

-記事翻訳
-,

関連記事

クロスファイアー・ハリケーンを「回す」=NYタイムズのFBIトランプ捜査報道

<引用元:ナショナル・レビュー 2018.5.17>アンドリュー・C・マッカーシー氏による論説 NYタイムズは、1つ以上の手掛かりを埋めた 衰えゆくベビーブーマー世代なら、FBIがトランプ・ロシア捜査 …

不完全な正義(論説)

<引用元:ウォールストリート・ジャーナル 2018.8.23>WSJ紙論説委員 キンバリー・A・ストラッセル(Kimberley A. Strassel)氏による論説 モラーはどんな不正も探り出すつも …

コミーFBIが受けた汚名(オピニオン)

<引用元:ウォールストリート・ジャーナル 2018.6.14>WSJ編集委員による社説:The Disgrace of Comey’s FBI 不正を明らかにした監察官報告書によって、国民の信頼を早急 …

リベラルに嫌われたスパイ活動法だったが、FBIは同法をトランプに適用

<引用元:デイリー・コーラー 2022.8.16> 有名な民主党や左傾ジャーナリストは、スパイ活動法がドナルド・トランプ前大統領に適用された今になって―リベラル活動家がかつて憲法違反であり乱用だと批判 …

コミー証言と矛盾する新事実:ヒラリーの新証拠メールはほとんど未検証だった

<引用元:RealClearInvestigations 2018.8.22> ヒラリー証拠メール、検証したのは約70万通のうちわずか3千通あまり 2016年の大統領選挙前に当時のFBI長官ジェームズ …

アーカイブ

@JpWelovetrump