記事翻訳

ミュラー特別検察官はトランプがコミーに糾弾されたことと同じことをやっていた:書籍より

投稿日:2017年6月16日

<引用元:デイリー・コーラー 2017.6.10>

ジェームズ・コミーFBI前長官は上院の議会証言で、当時の国家安全保障担当補佐官、マイケル・フリンを捜査から放免させるよう「指示」を与えていたと訴えた。それは、コミーと民主党がこの件で特別検察官が任命されることを望んだおもな理由の1つであり、実際に任命が行われた。しかし、その特別検察官のロバート・ミュラー(またはモラー)FBI元長官は、テキサス州ウェーコでのブランチ・ダビディアン教徒の死亡に関する2011年の書籍の中で、まったく同じことをやっていたとして非難されていたのだ。

REUTERS/Jonathan Ernst/File Photo

コミーは、大統領が彼に個人的に「あなたがフリンを放っておいてくれることを希望する。彼は良い男だ。これを放っておいてくれると良いが」と語ったと主張した。FBI前長官は、それを大統領からの指示として受け止めたと証言した。

ジョージア州のボブ・バー元議員によると、ミュラー特別検察官は、1993年にテキサス州ウェーコで起きた立て籠もり事件に対する1995年の議会調査の際に、彼にほとんど同じことを語っていたということだ。この事件ではブランチ・ダビディアンというカルトのメンバー76名が死亡する結果となっていた。

バー氏は、2011年に書いた本、「The Meaning of Is: The Squandered Impeachment and Wasted Legacy of William Jefferson Clinton」の中で、当時司法省で勤務していたミュラーとの電話での会話を詳述しており、その中でミュラーはバー氏に「この人たちにあまり厳しく」しないよう求めていた。

「The Meaning Of Is.」からのスキャン

「The Meaning Of Is.」からのスキャン

バー氏はミュラーが「ボブ、この人たちにあまり厳しくしないでくれ。我々も知っている人がほとんどだし、彼らは良い人たちだ」と語ったと詳述している。

ミュラーはこの本が書かれたときには公職から離れていたため当時注目されることはなかった。

ミュラーは2001年から2013年までFBI長官を務めた。

-記事翻訳
-, , ,

関連記事

ジェームズ・コミーがニューヨーク・タイムズ訪問を目撃される-会話の録音が無いとのトランプの表明後

<引用元:デイリー・メール 2017.6.23>(抄訳) ジェームズ・コミーFBI前長官は木曜日に、ニューヨーク・タイムズに密かに訪れた。6月8日に上院情報委員会でトランプ大統領についての話を同新聞社 …

異例の「政府に対する詐取の共謀」罪の適用でモラーにはめられていくターゲットたち

<引用元:ワシントン・タイムズ 2018.3.12> ロバート・モラー特別顧問と検察チームは、ロシアのサイバー・ネットワークを陥れるために異例の「政府に対する詐取の共謀」の罪を適用した。共謀が犯罪行為 …

オレグ・デリパスカ論説:絶えず変化する「ロシアの話」は民衆を惑わす操作

ロシア新興財閥創業者、デリパスカ氏によると、ファインスタイン上院議員の元スタッフであったフュージョンGPS社員は、同社のことを「シリコンバレーの億万長者とジョージソロス」の支援を受けた、「政府を陰で支 …

ライス元国務長官=トランプが人種差別主義者だという認識はマスコミのせい

コンドリーザ・ライス元国務長官は米MSNBCの3月1日の番組に出演し、トランプ大統領が人種差別主義者であり、米国の分断を助長しているという司会者の示唆に対して反論し、自身の見解を明確に述べた。

モラーのロシア人起訴はフリン前補佐官に対する新展開の前触れか?

前国家安全保障担当補佐官のマイケル・フリン氏が、FBIに対する偽証を認めたのは昨年12月のことだった。しかし、複数の報道によると当時FBIはフリン氏が偽証したとは見なしていなかったのだ。