記事翻訳

元米連邦検事、司法省監察官が「大掛かりな」FISA乱用報告書を出すと予想

投稿日:

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2019.8.20

外国情報監視法(FISA)乱用疑惑に関する司法省監察長官の報告書は、複数の起訴勧告を含む「容赦のない」ものとなるだろう、と元米国連邦検事のガイ・ルイスは予測した。

19日のFOXニュースでのインタビューの中で、ルイスはかつて司法省でマイケル・ホロウィッツ監察長官と共に仕事をしていたと述べ、ホロウィッツを「筋金入り」と呼んだ。「彼は強く、頭が良い。報告書は大掛かりなものになるだろう」とルイスは続け、ホロウィッツの調査結果は、2016年大統領選挙でのロシアの干渉に関するロバート・モラー特別検察官の報告書が「6年生の読書感想文のように見える」ようにするだろうと述べた。

ルイスは理由の説明を求められると、「それは明るみに出るだろう。容赦のないものとなる。(ホロウィッツは)様々な人たち――証人のインタビューに2年近くを費やした。彼が100万近くの文書と説明しているものから判断して。また彼は起訴に関する勧告を行い、このFISA全体を考慮の対象として提出すると思うし、彼らに責任を取らせると思う」と述べた。

クリントン陣営と民主党全国委員会がスポンサーになっていた、英国元スパイのクリストファー・スティールによる反トランプ文書は、一時トランプ陣営アドバイザーだったカーター・ページの監視のためのFISA令状を取得するために、FBIによって利用された。ページはそれまでにいかなる不正でも訴えられたことのない米国市民だった。

共和党は、文書が民主党の支援を受けたもので、作者が反トランプに偏向していたことが、FISA申請から除外されていたと主張し、説明責任を果たすよう求めていた。民主党は、FBIの行動は適切だったと反論し、司法省とFBIは厳密さ、透明性、また相当な理由の証拠に基づく根拠を満たしていたと述べた。

トランプ支持者の中には、ホロウィッツの報告書とウィリアム・バー司法長官のロシア捜査の発端の再検証に高い期待を示している者もいれば、警告を発している者もいる。「共和党は通常自分たちが直面しない場合、ハードルを非常に高くするので、メディアの話は、共和党は自分たちの約束を認めることもしないというものになる。事実によってどういう立場になろうと、公正な捜査を約束せよ」とサウスカロライナ州の元共和党下院議員であるトレイ・ガウディは先月、FOXニュースで述べた。

ジョージ・H・W・ブッシュ大統領の下でバーと共に司法省に勤めたルイスは、上院司法委員会のリンゼー・グラム委員長が週末にかけて受けたインタビューに反応を示していた。グラムは監察長官の報告書が、司法省とそのロシア捜査の扱いにとって「不快で非常に不利」なものになると思うと述べた。

グラムはホロウィッツの報告書が「できるかぎり」機密解除されることを望むと述べたが、ジョン・スヌヌ元ニューハンプシャー州知事は、FBIのクリストファー・レイ長官は「FBIの官僚に取り込まれている」ため、内容を機密に保とうと必死に努める恐れがあると警告した。

ルイスはスヌヌの評価に同意せず、レイを「善良で正直な仲介者」と呼んだが、彼はFISA裁判所がFBIによってトランプ大統領の2016年選挙活動を標的にするために利用された恐れがあると疑っているので、FBI長官に「これ以上ないというほどに透明性を保つ」よう助言した。

捜査がどこに向かうか質問されるとルイスは、元FBIのピーター・ストラックとアンドリュー・マッケイブはFISA裁判所に提出されたものについて「心配」すべきだ、と述べた。ストラックとマッケイブはどちらもそれぞれ、昨年政治的な動機で解雇を受けたと主張して司法省とFBIを訴えている。

また彼は、トランプ陣営元アドバイザーのジョージ・パパドポロスと元国家安全保障担当補佐官のマイケル・フリンは、ホロウィッツの報告書が彼らに対する判決を覆すのに役立つ可能性があるので、「少し喜ぶ」べきだろうも述べた。彼らのFBI捜査官に対する虚偽供述の判決は、モラーの捜査に端を発するものだった。

-記事翻訳
-, ,

関連記事

ストラック証言=クリントン、司法省は私設サーバー上のクリントン財団のメールへのアクセスを阻止する取り決めをしていた

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2019.3.14> FBIを解雇されたピーター・ストラック元捜査官は昨年、「司法省の検察官とクリントンの弁護士との間で結ばれた」双方の同意による協定のために、FB …

捜査全体がコミー同様腐敗していたことが監察官報告書で証明:グッドウィン

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2019.12.9>マイケル・グッドウィン氏による寄稿 いまや正式に認められた。「ロシア、ロシア、ロシア」は本当に最初からフェイク・ニュースだったということが。FBIが …

トランプツイートが示唆する機密解除の威力

先週ドナルド・トランプ大統領は、カーター・ページ氏に対するFISA申請およびロシア疑惑調査の重要人物のメール内容を完全に公開するよう命令したが、その数日後ツイッターで機密解除命令を一時保留にすると発表 …

バー新長官の初仕事?オバマが何を知り、いつ知ったかを解明せよ(オピニオン)

<引用元:デイリー・コーラー 2019.1.10>ジューディシャル・ウォッチ、クリス・ファレル氏による寄稿 2016年9月2日金曜日、1:50PM、連邦捜査局弁護士のリサ・ページは、「秘密結社」の共謀 …

ロジャーズ大将が暴いたもう一つのFISA不正

2016年、当時の米国家安全保障局(NSA)のマイケル・ロジャーズ長官(海軍大将)は、外国人監視法(FISA)によって傍受したデータの照会に不正があることを発見した。 コンプライアンスチームによる調査 …

アーカイブ

@JpWelovetrump