記事翻訳

ボブ・ウッドワードがトランプ・ロシア報道で同業者を叱責、米国民は「騙された」と発言

投稿日:

<引用元:JustTheNews 2023.1.31

コロンビア・ジャーナリズム・レビュー(CJR)は1月30日に発表した記事で、報道機関がトランプ・ロシア共謀疑惑を報道した際、いかに職務怠慢だったかを示した。記事には有名なワシントン・ポスト編集記者、ボブ・ウッドワードの辛辣な言葉も引用されており、ウッドワードは主流メディア全体を批判して、業界全体に自己評価を求めた。

「報道機関対大統領」と題したシリーズの第4部の冒頭で、調査記者のジェフ・ガースは特定の報道機関を引用し、彼らがいかなる代償を払ってもドナルド・トランプをこき下ろすために、情報機関、同業者、そして怪しい情報源―今や悪名高いクリストファー・スティール文書も含め―といかに協力してきたかを示している。

ウッドワードは、1970年代のウォーターゲート事件とリチャード・ニクソン元大統領の辞任で有名になったが、ロシア疑惑捜査は「うまく対処されなかった」とガースに述べた。彼は主流報道機関が真実から離れて国民を「騙した」と非難までした。

ウッドワードは、現代の編集室がロシア共謀疑惑で犯した失敗を振り返り、「痛みを伴う内省に踏み出す」よう強く訴えた。また、ロバート・モラー特別検察官のその件についての報告を名ばかりの物だと述べた―が、同様にメディアにとっての反トランプネタの役目を果たすのには十分だったと述べた。

ウッドワードは、モラー報告書は「尻すぼみ」だったが、ジャーナリストは「結局不毛に終わろうとしていると宣言しようとはしなかった」とガースに述べた。

(以下略)

-記事翻訳
-

関連記事

バイデン政権が新たな入国禁止を発表、あの怒りはどこに?

<引用元:タウンホール 2021.5.3> バイデン政権は、インドで武漢コロナウイルスの感染者数と死者数が手に負えない状況に陥る中、週末にかけてインドからの入国を禁止すると発表した。

報道:FBIの狙いはトランプがロシア共謀の潔白を証明すると考えていた文書

<引用元:デイリー・コーラー 2022.8.18> 報道によれば、FBIはマーアラゴで家宅捜索した際、ドナルド・トランプ前大統領がロシア共謀疑惑や他の選挙関連の疑惑について身の潔白を証明すると考えてい …

「共謀」と「司法妨害」に関するメディアの間違いトップ10

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2019.4.19>ソラブ・アマーリ氏による論説 一流メディアは釈明すべきことがある。――国民に「共謀」と「司法妨害」という長く厳しい試練を受けさせたことに対して。約2 …

タッカー・カールソン:議事堂暴動についてまだ分かっていないこと

<引用元:FOXニュース 2021.2.10-11> 必要な安全策はどこに?暴動はどうやって始まった?ブライアン・シックニック巡査はなぜ死んだ? 変化が起こる様は奇妙だ。選挙の日に現職大統領が敗れて大 …

元グーグル部門リーダー=トランプはグーグルについて「いい指摘」をした

<引用元:ブライトバート・ニュース 2018.8.30> グーグル社の機械学習グローバル・パブリック・ポリシー部門の元リーダーであるティム・ウォン氏は、トランプ大統領が今週同社の偏向について「いい指摘 …

アーカイブ

@JpWelovetrump