記事翻訳

たとえ起訴されても再出馬できる、とトランプ

投稿日:

<引用元:デイリー・コーラー 2022.9.15

ドナルド・トランプ前大統領は9月15日朝、ラジオ司会者でワシントン・ポストのコラムニストでもあるヒュー・ヒューウィットに、起訴されても出馬できなくなることはないと述べた。

「出馬が禁止されることはない」とトランプは、「ヒュー・ヒューウィット・ショー」の中でヒューウィットに語った。

「それは私が人々に理解して欲しいと思っていたことです。そのせいであなたが土俵から出されることはないと」とヒューウィットは述べた。

トランプは起訴が厄介な問題につながる恐れがあると主張した。

「それはないだろうが、もしそうなったら、ひょっとするとこれまでなかったような問題がこの国で起きるだろうと思う」

リベラルは前大統領が所有するフロリダの邸宅、マーアラゴへの8月8日の家宅捜索に喝采を送り、中にはそれがトランプに対する起訴に繋がることを期待する向きもあった。共和党は家宅捜索を司法省による「権力の乱用」と呼び、事件を捜査すると約束した。

トランプはヒューウィットとのインタビュー中に起訴の可能性に疑問を投げかけた。トランプは、ワシントン・ポストによれば、2021年1月6日の議事堂暴動に加えて、2021年1月に退任した際にホワイトハウスから持ち出した資料をめぐり取り調べを受けている。

トランプは述べた。「彼らは単に異常で錯乱している以外にあり得ない。というのも私は―法的文書を見ただろうが―全く不正を行っておらず、彼らがそれを行う理由がないからだ。言っておくが、彼らが家宅捜索できるなどということは絶対あり得ないことで、合衆国憲法修正第4条に関することであり、彼らが行ったことはひどいことで、誰もが耐えられないことだと思う」

「彼らは司法省を武器として利用した」とトランプは述べた。

司法省は本紙からのコメント要求に即座に回答しなかった。

-記事翻訳
-,

関連記事

メディア偏向なければトランプは311の選挙人投票を勝ち取っていた:世論調査

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2020.11.24>ワシントンシークレット、ポール・ベダード氏論説 2つの新たな投票調査によると、リベラルメディアがジョー・バイデン関連のスキャンダルを有権者から …

アラン・ダーショウィッツ:不正投票の訴えを調査する「相当な理由が確かにある」

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2020.12.6> 弁護士で法学者のアラン・ダーショウィッツは、2020年大統領選挙中の不正投票の主張を捜査するための「相当な理由が確かにある」と述べた。

モリー・ヘミングウェイ:2020年大統領選挙はこれまでの選挙と異なっていた

<引用元:FOXニュース 2021.10.13> FOXニュース寄稿者で新刊「Rigged」の著者であるモリー・ヘミングウェイは、13日の「Fox&フレンド」に出演し、ビッグテックが2020年 …

2024予備選挙の主導権はトランプにあり、ペンスがデサンティスを追う状況

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2022.6.22>ポール・ベダード氏によるワシントン・シークレット論説 ドナルド・トランプ前大統領が共和党予備選挙で敗れる可能性はない。最新世論調査でそれが明らか …

黒人トランプ支持者殺害後、「水を打ったように静まり返る」民主党をこきおろすローラ・イングラム

<引用元:FOXニュース 2020.7.29-30> 「アル・シャープトンはどこ?ブラック・ライブズ・マターはどこ?」と尋ねる「イングラム・アングル」司会者 ローラ・イングラムは29日版の「イングラム …

アーカイブ

@JpWelovetrump