記事翻訳

連邦判事が特別補助裁判官にマーアラゴ押収物を精査するよう命令、トランプに勝利手渡す

投稿日:

<引用元:JustTheNews 2022.9.5

連邦判事は9月5日、先月FBIがドナルド・トランプのフロリダの私有地を家宅捜索した際に押収した証拠を、特別補助裁判官に精査させるよう命じ、前大統領に大きな勝利を手渡した。

アイリーン・M・キャノン米国地方裁判所判事は、独立した専門家が「押収した所有物の精査を行い、秘匿特権の主張を管理し、それについて勧告を行い、所有物返還の要求を評価する」ことができると述べた。

トランプは自身のソーシャル・メディア・プラットフォーム「Truth Social」で勝利に反応した。

トランプはこう投稿した。「いいか、完全に腐敗した『司法』省とFBIと闘うには勇気と『根性』が要る。彼らは悪質で邪悪な外部の供給元から、不正なことをやるよう強いられている。公平性、見識、公正、そして勇気を彼らが示すまで、我々の国は決して復活も回復もできない―第三世界の国にまで落ちぶれるだろう」

キャノン判事はまた、「特別補助裁判官の調査完了か今後の裁判所命令が出るまで」、司法省がマーアラゴの押収物を調査することを停止させた。

トランプは、押収された文書は弁護士・依頼者間の秘匿特権と大統領特権の適用を受けると主張し、特別補助裁判官を要求していた。FBIも、パスポート、弁護士・依頼者間の秘匿特権記録、また衣類までも含めて、過度に証拠を収集したことを認めた。

特別補助裁判官は通常、証拠が適切に押収されたかについて独立した判断を下す、政府外の弁護士が務める。

-記事翻訳
-, ,

関連記事

機密解除メモ:CIAはヒラリーが偽のロシア共謀疑惑を「煽る」ことを危惧した

<引用元:JusttheNews.com 2020.10.6> ジョン・ラトクリフ国家情報長官は6日、2つの文書を機密解除した。2016年夏に、ヒラリー・クリントンがドナルド・トランプを「中傷」し、自 …

ヒラリー・クリントンIT担当者は、謎のGmailアカウントを作成し、ほぼ全てのメールを転送していた

<引用元:デイリー・コーラー 2019.8.16> 消えた(消した)とされていたヒラリー・クリントンのメールは、謎めいたGmailアカウントに転送されていた。FBIは知っていながら無視した可能性。アカ …

モラーのロシア人起訴はフリン前補佐官に対する新展開の前触れか?

前国家安全保障担当補佐官のマイケル・フリン氏が、FBIに対する偽証を認めたのは昨年12月のことだった。しかし、複数の報道によると当時FBIはフリン氏が偽証したとは見なしていなかったのだ。

FISA悪用の証拠が下院で公開、政府高官の更迭・モラー捜査終了の可能性も

ジャーナリストのサラ・カーター氏が入手した情報によると、18日、米国のFISA(外国情報監視法)が広範に渡って悪用されたことを示す機密文書についての報告書が、下院議員全員に公開された。消息筋は、新事実 …

たとえ起訴されても再出馬できる、とトランプ

<引用元:デイリー・コーラー 2022.9.15> ドナルド・トランプ前大統領は9月15日朝、ラジオ司会者でワシントン・ポストのコラムニストでもあるヒュー・ヒューウィットに、起訴されても出馬できなくな …

アーカイブ

@JpWelovetrump