記事翻訳

報道:FBIの狙いはトランプがロシア共謀の潔白を証明すると考えていた文書

投稿日:

<引用元:デイリー・コーラー 2022.8.18

報道によれば、FBIはマーアラゴで家宅捜索した際、ドナルド・トランプ前大統領がロシア共謀疑惑や他の選挙関連の疑惑について身の潔白を証明すると考えていた文書を得ようとしていた、と匿名の情報局員がニューズウィークに語った。

FBIは政府所有の文書を全て押収し、家宅捜索を正当化するために機密文書についての懸念を利用したが、捜査官はトランプに対するロシア共謀疑惑に関連する文書を含むトランプの個人的な保管場所を、トランプがそれらを「武器化」することを恐れて捜索していたとニューズウィークは報じた

「トランプは特に、ロシアでっち上げとディープ・ステートの不正に関連する事柄に関心を持っていた」と情報局員は同誌に語り、トランプは2024年大統領選挙運動で文書を利用するつもりだったのかもしれないと付け加えた。「私も同意見だが、トランプはこれらが米国民の知る必要のある事実だと考えていたと思う」

ニューズウィークはさらにこう続けている。

「引く手あまたの文書は、前大統領に利益をもたらす様々な情報を扱っている、と情報局員は示唆している―それにはトランプが、2016年のロシア共謀についてのあらゆる主張と、他の選挙関連の疑惑について身の潔白を証明すると考えていたと思われるものが含まれる」

マーアラゴの家宅捜索の最初の報道では、トランプがフロリダ州の邸宅に保持していたと報道された多数の機密文書に注目が集まった。ニューズウィークによると、ホワイトハウスからの引っ越し中に間違って運ばれた42箱分の機密文書も含まれていた。ワシントン・ポストの報道も、捜索はトランプが保有していた機密文書中の衝撃的な情報に関連していたと主張していた。

「彼らは正当に米国政府に属するものを全て押収したが、真の標的はトランプが政権初期から集めてきたこうした文書だった」と消息筋はニューズウィークに述べた。

司法省は本紙のコメント要求に回答しなかった。

-記事翻訳
-,

関連記事

ポリティコ記者:トランプ支持基盤は退任後「さらに強く」なっており、弾劾は力を与えるだけ

<引用元:FOXニュース 2021.1.30> 「ワシントンとそれ以外の場所では非常に大きなずれ」 ドナルド・トランプ前大統領は退任して以来、実際のところ政治的影響力を――失ったのではなく――獲得して …

グリーンウォルド:ニューヨーク・ポストのハンター・バイデン報道をメディアは国民から「隠蔽した」

ピューリッツァー賞ジャーナリストのグレン・グリーンウォルドは10日、本紙が暴露したジョー・バイデン元副大統領の息子による不正疑惑は、他の大部分のメディアとビッグテック(巨大IT企業)によって「選挙を前に隠蔽された」と述べた。

FBIが議会にクリントン捜査の新たな資料を提出

<引用元:ザ・ヒル 2017.11.4> 消息筋によるとFBIは上院の捜査チームに、ヒラリー・クリントン氏の個人メールサーバーに対して当局が行った捜査に関する、数百ページにわたるメモを引き渡し始めた。

トランプは捜査対象ではない:トランプの弁護士

<引用元:デイリー・コーラー 2017.6.18> トランプの弁護士、ジェイ・セクローは日曜日に、大統領のツイートに反してドナルド・トランプはロシアとの共謀や司法妨害の捜査対象となっていないと述べた。

ワシントン・ポストの失われた夏

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2019.9.5> ステファニー・グリシャム報道官とホーガン・ギドリー副報道官による寄稿 メモリアル・デー(戦没者追悼記念日)からレイバー・デー(労働者の日)まで、 …

アーカイブ

@JpWelovetrump