記事翻訳

報道:FBIの狙いはトランプがロシア共謀の潔白を証明すると考えていた文書

投稿日:

<引用元:デイリー・コーラー 2022.8.18

報道によれば、FBIはマーアラゴで家宅捜索した際、ドナルド・トランプ前大統領がロシア共謀疑惑や他の選挙関連の疑惑について身の潔白を証明すると考えていた文書を得ようとしていた、と匿名の情報局員がニューズウィークに語った。

FBIは政府所有の文書を全て押収し、家宅捜索を正当化するために機密文書についての懸念を利用したが、捜査官はトランプに対するロシア共謀疑惑に関連する文書を含むトランプの個人的な保管場所を、トランプがそれらを「武器化」することを恐れて捜索していたとニューズウィークは報じた

「トランプは特に、ロシアでっち上げとディープ・ステートの不正に関連する事柄に関心を持っていた」と情報局員は同誌に語り、トランプは2024年大統領選挙運動で文書を利用するつもりだったのかもしれないと付け加えた。「私も同意見だが、トランプはこれらが米国民の知る必要のある事実だと考えていたと思う」

ニューズウィークはさらにこう続けている。

「引く手あまたの文書は、前大統領に利益をもたらす様々な情報を扱っている、と情報局員は示唆している―それにはトランプが、2016年のロシア共謀についてのあらゆる主張と、他の選挙関連の疑惑について身の潔白を証明すると考えていたと思われるものが含まれる」

マーアラゴの家宅捜索の最初の報道では、トランプがフロリダ州の邸宅に保持していたと報道された多数の機密文書に注目が集まった。ニューズウィークによると、ホワイトハウスからの引っ越し中に間違って運ばれた42箱分の機密文書も含まれていた。ワシントン・ポストの報道も、捜索はトランプが保有していた機密文書中の衝撃的な情報に関連していたと主張していた。

「彼らは正当に米国政府に属するものを全て押収したが、真の標的はトランプが政権初期から集めてきたこうした文書だった」と消息筋はニューズウィークに述べた。

司法省は本紙のコメント要求に回答しなかった。

-記事翻訳
-,

関連記事

バイデン政権が新たな入国禁止を発表、あの怒りはどこに?

<引用元:タウンホール 2021.5.3> バイデン政権は、インドで武漢コロナウイルスの感染者数と死者数が手に負えない状況に陥る中、週末にかけてインドからの入国を禁止すると発表した。

ストラック証言=クリントン、司法省は私設サーバー上のクリントン財団のメールへのアクセスを阻止する取り決めをしていた

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2019.3.14> FBIを解雇されたピーター・ストラック元捜査官は昨年、「司法省の検察官とクリントンの弁護士との間で結ばれた」双方の同意による協定のために、FB …

マケナニー報道官、スウォルウェル議員とハンター・バイデンの記事を無視と報道陣を叱責

<引用元:FOXニュース 2020.12.15> ケイリー・マケナニー報道官は15日、エリック・スウォルウェル(民主党・カリフォルニア)下院議員とハンター・バイデンを取り巻くスキャンダルを看過したとし …

機密文書捜査のスミス特別検察官はスタッフを脅迫「魔女狩りだ」、とトランプ

<引用元:JustTheNews 2023.5.5> ドナルド・トランプ前大統領は5日、ホワイトハウスを退去した際、トランプが違法に機密文書などを持って行ったかどうかの捜査を担当する司法省の特別検察官 …

ボブ・ウッドワードがトランプ・ロシア報道で同業者を叱責、米国民は「騙された」と発言

<引用元:JustTheNews 2023.1.31> コロンビア・ジャーナリズム・レビュー(CJR)は1月30日に発表した記事で、報道機関がトランプ・ロシア共謀疑惑を報道した際、いかに職務怠慢だった …

アーカイブ

@JpWelovetrump