記事翻訳

トランプ、1月6日委員会証人のハッチソンが偽証罪に問われないことに疑問を提起

投稿日:

<引用元:JustTheNews 2022.6.30

ドナルド・トランプ前大統領は6月30日、1月6日委員会の証人キャシディ・ハッチンソンが、マーク・メドウズ首席補佐官(当時)の側近を務めていた際にホワイトハウスで経験したことについて宣誓した上で嘘の証言をしたのに起訴されないことに疑問を呈した。

前大統領とそのホワイトハウス元高官らは、ハッチソンが1月6日議事堂暴動委員会に対して行った証言の多くに異議を唱えた。トランプは30日に、自身のプラットフォームであるTruth Socialでの投稿で自己弁護を続けた。

「ソーシャル・クライマーのハッチソンは、素晴らしいシークレットサービスに対して私が攻撃したと嘘をつき、ホワイトハウスのメモ書きを自分が書いたと嘘をつき、私が大統領執務室の壁に食べ物を投げつけたと嘘をつき、私が『平和的・愛国的に進もう』の演説中に『銃を持った人々』に囲まれることを望んだと嘘をついた(何と突拍子もないことだろうか?)。だが議事堂で銃は全く発見されなかったのだ。これらの嘘は、何よりも、宣誓した上でのものだった。司法省はこれについてどうするつもりだろうか?司法制度は二重構造なのだろうか?」とトランプは書いた

他の筋もハッチソンの証言についてのトランプの主張を裏付けている。

例えば、元ホワイトハウス弁護士のエリック・ヘルシュマンはABCニュースに、ハッチソンが1月6日に書いたと主張したメモ書きは自身のクライアントが書いたものだと述べた。

別の例で、ハッチソンはトランプが1月6日に議事堂に引き返すために大統領専用車のハンドルに飛びついたと述べたが、事件当時に自分が車内にいなかったことを認めた。シークレットサービスは、民主党主導の下院委員会はハッチソンが疑惑の事件について証言する前に自分たちに連絡を取らなかったと述べた。シークレットサービスのあるエージェントと運転手は、トランプはハンドルを握ろうとしておらず、彼らに触ってもいなかったと宣誓の上で証言する準備があるという消息筋の話をCBSニュースが報じた。

「キャシディ・ハッチソンは、1月6日が過ぎてからかなり後で、他の何名かのトランプスタッフとフロリダに行こうと躍起になっていたことも、非特別委員会に言い忘れた」と前大統領は自身の弁護を続けた。

「私がそれほど悪いのであれば、なぜ彼女はそんなに熱心にMAGAチームに参加し続けようと奮闘したのだろうか?これは全て文書で記録されている!彼女はこれまでに4つの長い宣誓供述を行った後で、こうした馬鹿げた明らかに虚偽の話を(でっち上げて!)するまで、なぜそれほどに長い時間がかかったのか?それはもしかすると、彼女の新しい弁護士なのか?虚偽の宣誓供述を???」とトランプは尋ねた。

トランプホワイトハウスの元倫理担当弁護士のステファン・パサンチーノが今月初めまでハッチソンの弁護士を務めていたが、ジェフ・セッションズと緊密なジョディー・ハントに交代されたことをポリティコが報じた。

-記事翻訳
-

関連記事

「彼らは私にやましい点がないと知っていた」1月6日委員会がトランプ召喚を撤回

<引用元:デイリー・シグナル 2022.12.29> 1月6日委員会は28日、ドナルド・トランプ前大統領に対する召喚を取り下げた。

ドナルド・トランプ、1月6日の記者会見を中止

<引用元:デイリー・コーラー 2022.1.4> ドナルド・トランプ前大統領は4日夜、米国議事堂での1月6日の暴動から1周年を記念した記者会見をマーアラゴで開く計画を中止した。

トランプへの特別検察官任命は民主党の裏目に出る?その理由とは

<引用元:JustTheNews 2022.11.23> 従来型の報道機関の多くは、ドナルド・トランプの捜査のためにバイデン政権司法省がジャック・スミス特別検察官を任命したことは、前大統領にとって不吉 …

議事堂警察のブライアン・シックニック巡査は1/6暴動後に自然死したと検視官

<引用元:FOXニュース 2021.4.19> ワシントンの検視局長によると、米国議事堂警察のブライアン・シックニック巡査が1月6日の暴動で暴徒に立ち向かった翌日死亡したのは、2度の脳卒中を起こしたこ …

1月6日以前に州兵を許可したがペロシが「断った」とトランプ

<引用元:JustTheNews 2022.1.20> ドナルド・トランプ前大統領は、首都での2021年1月6日「ストップ・ザ・スティール」集会に至るまでに大規模な群衆を予想して州兵派遣を許可したが、 …

アーカイブ

@JpWelovetrump