記事翻訳

トランプがナバロ逮捕に反応、「アンティファ&BLMのならず者」の訴追がないことを指摘

投稿日:

<引用元:JustTheNews 2022.6.6

ドナルド・トランプ前大統領は6日、自身の元顧問であるピーター・ナバロの逮捕に反応し、元ホワイトハウス貿易顧問は自由に歩き回ることができないのに、ブラック・ライブズ・マターとアンティファのメンバーはそれができると指摘した。

ナバロは3日にナッシュビル空港で定期便に搭乗しようとしているところを、1月6日委員会の召喚を拒否したことで逮捕された。ナバロは、「足かせ」と手錠を付けられ、裸にされて持ち物検査を受け、独房に入れられ、食事と水を与えられず、弁護士との連絡と違法に拒否されたと述べた。

「我々の偉大な貿易の天才、ピーター・ナバロ博士は、手錠をされ、足かせをされ、投獄されたが、アンティファ&BLMのならず者は国民を略奪し、町を自由に歩き回り、人を殺し、かつて偉大だった都市(全て民主党支配下)を破壊するのを許されている」とトランプは5日に自身のプラットフォームであるTruth Socialに書き込んだ。

「いつになったらこれが終わるのか?アメリカ国民はもうこれ以上長く我慢できないだろう!偉大な愛国的英雄は毎日生まれている。公正と正義が支配する時代にならなければならない!」と前大統領は述べた。

議会は4月に、ナバロとトランプ側近のダン・スカビーノを法廷侮辱罪に問うことを投票で決めた。

3日の声明で、1月6日委員会はナバロの起訴を「司法省による正しい判断」と呼んだが、同省がなぜスカビーノとマーク・メドウズ元ホワイトハウス首席補佐官も起訴しなかったのかについては疑問を投げかけた。

-記事翻訳
-, ,

関連記事

議事堂警察のブライアン・シックニック巡査は1/6暴動後に自然死したと検視官

<引用元:FOXニュース 2021.4.19> ワシントンの検視局長によると、米国議事堂警察のブライアン・シックニック巡査が1月6日の暴動で暴徒に立ち向かった翌日死亡したのは、2度の脳卒中を起こしたこ …

タッカー・カールソン:議事堂暴動についてまだ分かっていないこと

<引用元:FOXニュース 2021.2.10-11> 必要な安全策はどこに?暴動はどうやって始まった?ブライアン・シックニック巡査はなぜ死んだ? 変化が起こる様は奇妙だ。選挙の日に現職大統領が敗れて大 …

ヒラリーメール事件でFBI捜査不正の新たな事実が発覚

ザ・ヒルの報道によると、ヒラリー・クリントン元国務長官の私設メールサーバーをめぐるFBIの捜査に、新たな問題点が発見されている。

議事堂襲撃が事前計画されていた証拠増え、トランプ弾劾の根拠崩れる

<引用元:JustTheNews 2021.2.8> トランプ前大統領の弾劾裁判が始まる数日前、反政府活動家らに対して新たに訴追された連邦犯罪は、議事堂暴動の犯罪容疑者が何日も何週間も前から、過激主義 …

議事堂暴動は計画的という証拠がそろったことで、トランプの扇動容疑弱まると専門家

<引用元:JustTheNews 2021.1.29> 1月6日の議事堂暴動が事前に計画・調整された証拠が増えたことで、法律とインテリジェンスの専門家によると、トランプ前大統領が1マイル半離れた場所で …

アーカイブ

@JpWelovetrump